「相見積 勝つ方法」の記事一覧

相見積に勝つ方法はどうするか?

おはようございます。

河北です。

今年も、もう終わり近いなぁっと
思います。

お正月休めれば、たまにはゆっくりと
したいなぁっと思いますが、今期は社内で
少しだけ大事な期であるので、休めないような・・・

という感じです。

まぁいいんですけどね・・・・

でも、たまにはゆっくりしたい
気持ちもありますね。

では愚痴を書くと、すっごく長くなるので
本日は相見積もりに勝つ方法について
書いてみたいと思います。

相見積もりに勝つというのは2つあり
1つは、価格勝負で安くする方法。

これは、あんまりやりたくないという
場合は、サービスを向上させて価格UPで
勝つ方法という方法。

この2つしかないのかなと思ってます。

これ面白いのですが、実は私も、そうですが
このブログを見ている方も経験していることが
1つあるのです。

コンビニで買い物したことがない方というのは
ほぼいないと思います。

でもコンビニで売っている物って高いんですよね。

同じ商品でスーパーなどに行けば
さらに安く買えたりすることって
沢山あるのです。

では、なぜコンビニで買い物するのか?

ということですが、単純に便利だから
なんですよね。

近くにあるし、価格が変わっても数十円とか
そういった価格であるので、コンビニで買うのです。

では、それをリフォームに置き換えて考えて
みると解かるのですが、全て価格勝負という
ことはないということです。

リフォームの場合は数十円ではないので
もちろん、そこまで簡単に決断頂くことは
難しいと感じますが、お客様がお金を払っても
良いと感じる価値(サービス)を提供すれば
相見積もりに勝つことができます。

では、この価値というのは何なのか?

ということですが、相見積もりで多くの方は
価格で決まる場合が多いのは事実です。

同じ商品で同じ物であれば、安ければ
安い方が嬉しいですからね。

しかし、そことは違う価値(サービス)です。

例えば、すごく近いから安心という方も
いれば、人が好きだからという方もいます。

さらに会社が大きいから安心という方も
いれば、保証が長いからという場合もあります。

これのどれを価値として価格を付けるか?

またその価値を欲しいと思ってもらえるか?

ということは、個々に価値観が違うので
わからないんです。

実際に私もですがチラシなどお願いする
お付き合いする業者さんがいます。

ネットの業者と比較すると、はやり数万円
高いのですよね。

でも、私は、そこの業者に依頼するのです。

なぜなら、折込の手配から全て面倒くさいことを
やってくれるので、それを社員さんにやらせるか?

もしくは自分でやるか?

と考えると、その面倒くさいことを変わりに
やってくれるんですよね。

その手間考えたら1~2万であれば、やって
頂いた方が楽なんです。

これは私の価値観ですが社員さんには
そういった雑用ではなく、もっと大事な
仕事をやっていただくという考えがあるので
そうやっているんですよね。

これをお客様に会った時に、このお客様は
何を求めているのか?

ということを考えて提案していけば
私は相見積もりに勝てると思ってます。

ぜひ一度考えてみてください。

うちがどうやって相見積もりで勝つように
しているかなど、さらに詳しくはメルマガで
書いてますので、よければ登録してみてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->