「リフォーム会社 集客」の記事一覧

リフォーム業で即効性のある集客は

おはようございます。

河北です。

GWも、もう終わりですね。

私には全く関係ありませんでしたけど・・・

っと毎年同じようなこと言ってますが
今は仕方ないと割り切っております。

では本日はリフォーム業で即効性のある
集客はあるのか?ということについて
書いてみます。

即効性のある集客というのは実はあります。

というかリフォームは即効性がある商材だと
私は思っております。

というか、世の中のほとんどは、そうなんじゃ
ないのかなっと私は思っておりますけど・・

例えばチラシでも、ネット広告でもそうですが
配布したり、掲載して、すぐに電話がならないと
意味がないと私は思ってます。

ですからチラシを配布して全然電話がならない・・

とか、よくお聞きしますが、これ必ず何か
原因があるのです。

原因として考えられるのが、

・まるっきりの他社のマネ

・チラシと会社の実態がまるで違う

・配布枚数が少なすぎる

・競合他社とコンセプトが全く同じ

など、まぁ色々と理由があるわけです。

ただ、これだけは必ず頭に入れておかないと
いけないのは、チラシって何のために
配布しているのか?

ということです。

・地域に浸透させたい

・見積り依頼がほしい

などの理由があると思いますが、一体何のために
配布するのか?

ということを考えて見て下さい。

私は、問い合わせの電話がほしいのです。

価格を聞くだけでも何だって構わないのです。

とにかく問い合わせがほしいと思ってチラシでも
ネット広告でも掲載しております。

何のために広告やチラシを掲載するのか?

一度考えて見ると、

「あぁ~そういうことかぁ~」

っと気づきがでますよ。

いつも私はそう考えております。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでもお役にたてば嬉しく思います。

ブログでは文章が長くなってしまうのと
誤解を招くといけないので、さらに詳しいことは
メルマガで書いております。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームの集客ブログ

おはようございます。

河北です。

7月も3分の1が終わりですね。

ドンドン時間が経過していってしまいます。

ということで今日も予定が一杯ですので
ブログの更新をしていきたいと思います。

本日はリフォーム集客はブログでできるのか?

ということを書いてみます。

もう何度もテーマで書いてますが基本的には
集客はできます。

ただブログだけで集客して年商1億円売上たい。
とか、そういったことは難しいです。

やり方次第では、やってやれないことも
ないとは思いますが、時間が必要ですけどね。

あとは書くことの内容が非常に重要となって
いると思います。

この人に一度頼んでみようかな、とか、
この人に見積もりしてもらおうかな、とか

そういった風に思ってもらうように
書かないといけないですからね。

今日は昼飯ラーメン食ったとか、昼飯に
カレー食ったとか、そういったことを書いて
いてはダメだと思います。

ただ、1つだけ実践したことがあるのですが
面白おかしく書いていると、ノリの良い
お客様が来ます。

例えば凄く真面目に細かいことまで書いて
いると、そういったのが安心だと思われる
お客様が来ると思います。

ですから本当の自分自身の言葉で書いて
いくのを私はオススメ致します。

すると自分に合ったお客様が来ると
私は思いますよ。

あくまで私が実践した方法ではありますが
少しでも参考になれば嬉しいです。

一応ブログでも、うちは集客しておりますが
てっとり早いのはネット広告を掲載するのが
一番てっとり早いです。

現在、私が使っているネット広告の全てを
今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧ください。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。
メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・売上を伸ばす考え方とか
などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



リフォーム会社としての集客とは

おはようございます。

河北です。

2月も終わりに近づいてきましたね。

来月も繁忙期ですので、この繁忙期で
頑張っておきたい感じです。

では今日はリフォーム会社として集客
するにはどうしたらいいのか?

ということを書いてみます。

リフォーム会社の場合は集客する具体的な
方法として2種類あるんです。

例えば社長個人が前にでて小さい会社だからという
ことでアピールしていく。ということ。

会社が小さいうちは社長自身も営業に行ったり
しますので、社長個人が前に出るというのが
私は良いのかなっと思います。

なぜなら社長の顔が見えるということで、お客様も
安心して仕事をお願いしてくれます。

ただこれの1つデメリットは社長が前に出過ぎると
永遠に社長が営業にいかないといけなくなるという
難点があります。

社員さんが増えてくると、そういうわけには
いきません。

社長さんは営業に行くというのが仕事ではなく
社員さんをまとめていったり管理したり組織化する
ために動いていくのが仕事だと思うからです。

そしてもう1つはリフォーム会社としての集客する
という方法があります。

私は、こちらの方が良いと思っております。

ではリフォーム会社としてはどうやって集客する
のか?というと、会社としてのメリットを出して
いくというのが大事です。

例えば社長個人であれば、会社に依頼すると
担当者がコロコロ変わったり退職するので
アフターフォローが心配かもしれないですよ。

しかし私は社長としてこの会社を行っているので
担当が私以外になることはありません。

という感じで個人で全ての責任をおいます。
的な言い方で伝えます。

この逆を言うだけです。

社長個人の場合は、その方が倒れたら
保証も何もありません。

またたった1人でそんなに責任が終えるのでしょうか?

弊社は違います。会社として動いておりますので
保証も価格も全く違います。もちろん各メーカーからも
表彰実績があります。

という感じですね。

このどちらかで集客していくというのが私は
良いと思います。

うちは会社で集客するという
ことにしていっております。

どちらを選ぶのかは自分次第になりますが
私は会社で集客するという方法をとっていくのが
凄く良いと思います。

あくまで私の考えですが少しでも参考になれば
嬉しく思います。

実際に私が行っている集客法を今だけ無料で
公開しているので、よろしければご覧ください。

なぜ会社で集客するのがいいのかご理解頂けると
思いますよ。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



このページの先頭へ