「5年後のリフォ-ム業界」タグの記事一覧

リフォーム業の未来は

おはようございます。

河北です。

11月は予定がいっぱいで朝から晩まで
あれやこれやと、やらないといけないです。

嬉しいことではありますけどね。

では今日はリフォーム業の未来に
ついて書いてみます。

リフォーム業は、もう完全に二極化すると
私は思っております。

大手の参入もドンドンありますし中小では
M&Aも盛んに起きておりますね。

名古屋でも新築系の中堅どころが倒産したり
しておりますので、ドンドン競争激しく
なってくるのだろうなと考えております。

では、その中で、どうやって勝っていくのか?

ということですが、リフォームの中でも
大手が参入して採算合わないようなニッチな
とこで1位になっていくか、

もしくは大手がいても関係なく戦っていき
こちらも拡大していくか

その2つしかないのではないのかなと
私は思っております。

そうなると、何かしらの形で拡大していくか
M&Aを行うしか方法はないのではないのかな?

っとどうしても思ってしまいます。

以前は、大手が参入してこようがテクニック的な
集客でカバーできたこともあります。

しかし、それで皆がしっかりとした工事を行えば
よかったのですが、どうしてもテクニック的に
集客ができるとなると誰もかもが行って

粗悪な工事やボッタくりも増えてきますので、
結局は自分で自分の首絞めるではないですが、
お客様から小さな会社が信用を失い大手に
流れていくというようになっている
気がしないでもないです。

そうなるとテクニック的な集客が通用しないと
いうか、何をやっても会社が小さいということで
お客様が信用しない。

ということになっているような気が凄く
するんですよね。

その結果、集客が厳しいので1件から粗利を取ろうと
してしまう業者が増えてきて契約が取れない。

ということになっているのが今のリフォーム業かな
っと私は見ていて感じます。

その証拠に、リフォームで数百億とかやっている
会社って大手を除いて何社あります?

っていうことです。

もう答えがでている気がします。

では、どうしていけばいいのか?ということですが
とにかくニッチな部分でもいいので1番を狙うことです。

そこを入口にして顧客を囲い込んでいくことを
していく必要があります。

それをするには、当たり前ですが集客しないと
いけないです。

集客だけできても契約が取れなければ意味は
全くありません。

ですから今のうちにドンドン集客して契約して
いくしか方法はないと思います。

顧客に支持だけされていれば潰れることは
ありませんからね。

私の考えではありますが、この考えに少しでも
共感を頂いたのであれば、さらに詳しく
どうやって集客して伸ばしているか
全てはメルマガで書いてますので
よければ登録しておいて下さい。

もちろん無料です。

これ以外でもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム工事の価格競争について

おはようございます。

河北です。

なんだか段々と私の予定も年末まで
埋まりそうな予感です。

あれやったり、これやったりとしないと
いけないので、相変わらず休みが取れないなぁ
という感じです。

ではでは今日はリフォーム工事の価格競争に
ついて書いてみたいと思います。

私が思うにですがリフォームの価格競争は
年々激しくなっていくと思っております。

ですから、何もしなくて何も変わらない業者が
潰れていくのだと考えております。

時代の流れとして安くて良い仕事を行うのが
当然という世の中になっているので、10年前と
同じ価格帯でリフォームも通じるはずがないのです。

参入してくる業者も大手家電量販や大手不動産
会社などがドンドン参入してくる中で中小のリフォーム
会社が生き残っていくには自社の見直しと
市場価格に敏感になるしかないと思っております。

そして価格競争、価格競争と言われておりますが
私、冷静に見ていると市場での価格が安くなって
いるだけであり、それってリフォームだけではなく
飲食でもそうですし雑貨でも家電でも何でもそうですが

安売り店がいるというわけではなく、安くしないと
流動しないのではないのかな?
っと私は感じております。

そして一番流動する価格が当然ですが市場での価格に
なっていきますので価格が下がると勘違いをしている
のかもしれないです。

思い返してみればそうなのですが商品の仕入れも
10年前と比較すると凄く安価になってきている
のだと事実です。

これが仕入れが10年前と変わらない価格であれば
これまた、困ったもんですが、仕入れ価格も変わって
いるのであれば、当然ですが市場での流動価格も
変わって当然かと感じるわけです。

となると、どうすればいいのか?ということですが
自社の仕入れから外注費、そして経営する経費など
全ての面で会社の見直しが必要なのではないか?

っと私は感じるのです。

実際に私は、そう感じて社内の見直しをして
市場の価格に合わせていくようにしているのです。

ですから今の価格で慣れてしまっていることも
ありますし、その価格でも利益が出るように
社内の仕組化を行っているので今は価格競争とか
あんまり気にならなくなってきている感じです。

もし今でも価格競争が気になるのであれば、
市場の価格を変えることはできないので
まずは自社の見直しをするのが一番良いと
私は思います。

実際に私が、どのようにしてコストダウンして
どのようにして利益が出るようにしたのかは
メルマガで書いておりますので、よければ
登録しておいてください。

もちろん無料です。

それ以外にもメルマガで書いている
内容はコチラです。

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームで今後生き残るにはどうする?

おはようございます。

河北です。

7月も中旬に、差し掛かってきましたね。

毎年思うのですが、この時期だけは本当に
1年で最もシンドイ時期です。

時間が過ぎるのも若干だけ長く感じることも
ある時期であります。

しかしお盆を過ぎると、もう一気に進んでいく
感じがしておりますので、あと1か月だけ
ゆっくりと時間を感じていきたいと思います。

お盆をあけると、あっという間に年末という
感じになるので、その時期が私は一番好きです。

では本日はリフォームで今後生き残るには
どうすればいいのか?

ということについて書いてみます。

生き残ると書くと、中々と寂しい気持ちもしますが
少し面白い話を書きたいと思います。

要はゴールをどこにするのか?ということです。

最近では小さなリフォーム会社のM&Aも流行って
きておりますので、どこをゴールにするかだと
私は思います。

例えばバイアウトして終わりと考えるので
あれば、やはり高値が付くような会社にしないと
いけないわけであります。

当然ですが1人でやってます。

なんて会社は誰も買いませんので、それは
ダメだと思います。

継続して利益を出し続けるというのが目標で
あれば、それはそれで利益がでるようにしないと
いけないということであるので、どちらにしても
利益が出るような会社にしないといけないわけです。

それには、やはり生き残るという選択肢と
同じで本質的な部分で、お客様に認知を
されるようにならないといけないわけです。

どちらが実際には得なのか?

なんとも言えないですが、私は継続させていく
というのが長い目で見て得なのかな?

っと思います。

例えばバイアウトするにしても本当に数億で
バイアウトできる場合は、価値がある会社
なんですよね。

ですから、そこまでの会社であれば継続して
いた方が得だと私は思っております。

結論として出るのが継続するにもバイアウト
するにも同じように売上は上げないといけないです。

そうするには、集客ができ社長が営業しなくても
スタッフさんで契約が取れる仕組作り、そして
顧客フォローができ継続的に契約が取れる仕組みが
必要だということです。

その中で一番皆が躓くのが集客だと思います。

集客って、本当に本質的に考えていけば
何も難しくなく、自分の地域で浸透させるために
何をどうすればいいのか?

どうすれば、知ってもらえるのか?

これだけです。

ただ看板つけて事務所にいるだけでは当然
お客様はこないです。

テクニック的に集客する方法もありますが
そんなものは永遠には続きません。

特に今の時代は本物しか残らない時代になって
いるので、ずばり書いてしまいますと事務所も
借りずに腕に自信があるんだ!

なんて言っている会社は残りません。

なぜなら、そう思っているのは本人だけで
お客様は知らないからです。

そして本当にそう自信があるのであれば
仕事を沢山受注しないと駄目だと私は思ってます。

この時代に伸びている会社というのは全て
そうだと私は感じております。

是非一度考えてみてください。

あくまで私の考え方ではありますが少しでも
参考になってくれれば嬉しく思います。

とにかくテクニック的でも何でもいいので
集客をやってみたい!

本当に腕には自信がある、でも集客だけに
困っているんだ!

そんな方は集客の本質についてメルマガで
書いておりますので、よければ登録して
おいてください。

もちろん無料です。

メルマガで書いている他の内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ