「集客リフォーム 時期」タグの記事一覧

リフォーム業界の12月は忙しい

おはようございます。

河北です

今日で11月終わりですね。

今年も残り1か月ですね。

なんか忙しい時期は一瞬で時間が過ぎて
いきます。

12月も、なんやかんやで予定いっぱい
ですので、ひたすら予定をこなして
いこうと思います。

では今日はリフォーム業界の12月は
忙しいのか?

ということについて書いてみます。

毎年ですが12月は、さすがに問い合わせは
減りますけどね。

12月にお問い合わせ頂き、ユニットバス交換などで
12月に施工完了って、実際ちょっと無理ありますからね。

お客様も解かっている方が多く、だいたい11月で
問い合わせは止まる感じです。

そして12月は年内完成希望のお客様の工事を
せっせと終わらせるというのが通年です。

今年も、リフォームの方は、そうなっていくのだと
感じております。

そして年が明けて1月になると面白いもので
急激に問い合わせが増えてきてアポイント
アポイントという流れですね。

そして4月末までの完成という感じで忙しく
なるというのが通年の流れであります。

そこから少し暇になったりして、という感じで
また忙しい時期が来ると言う流れです。

リフォームって面白いのですが繁忙期と閑散期が
ハッキリと出てくるビジネスでありますので
本当にやりやすいんですよね。

12月は職人さんが足りないくらい仕事があるし
暇になると皆が遊んでいるなんてこともある
業界でもあります。

ですからリフォーム業界では、どれだけの人を
動かすことができるのか?

ということが売り上げを上げるために必要な
部分でもありますね。

来月からはギリギリまで大忙しの日々が
続くと思います。

でも閑散期はどうするの?

っと思われるかもですが、それはそれで
多少でも忙しくするために方法はあるんです。

詳しくは、メルマガで公開しておりますので
よければ登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

これ以外でもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社を立ち上げるには

おはようございます。

河北です。

さて本日から4月が始まりますね。

今年も始まって4か月目に入りました。

いやはや、やらないといけないことが
多いですが、一つの物事を進めて
いくのって凄く時間かかりますからね。

うちも何か一つ行うだけでも、なかなか
進まないからイライラしますね。

さて本日はリフォーム会社を立ち上げるには
どうしたら良いのか?ということを
書いてみたいと思います。

リフォーム会社を立ち上げるのに最初は
事務所が必要なのか?

とか色々と悩むとこではあります。

私が思うのですが、事務所は最低限小さくても
良いので必要かと私は考えてます。

とりあえず自宅で行って・・・

というのは、私は反対なんです。

なぜなら、やはり自宅で開業しているリフォーム
会社にリフォームをお願いするのって
やはり、抵抗があると思います。

ですから大きな事務所である必要は
ありませんが最低限事務所くらいは
必要かと感じます。

それと何よりも集客です。

どこからか仕事をもらうような下請ではなく
自力で集客して顧客にしていくという
仕組みですね。

これをテストを繰り返していくうちに自分に
合ったやり方が見えてきますので、まずは
テストを繰り返していくことが重要です。

そんなことを繰り返しているうちに
年商1億円を達成しているという感じだったのが
私の経験です。

よろしければ立ち上げる際の参考にして
頂ければ嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



競合他社との差別化でリフォームはどうすれば

おはようございます。

河北です。

3月も、もう残り僅かになって
きましたね。

今年も、やるべきことが多すぎて
1つ1つこなしていかねばならんです。

ただ1年間でやれることって、やはり
たかだかしれているなぁ~っと
最近感じます。

だから継続してコツコツ1つのことを
行っていくのって大事だなっと
最近本当に思います。

今年も2~3つ進めばいいかなぁっと
思ってます。

では今日は競合他社との差別化で
リフォームはどう差別化すればいいのか?

ということについて書いてみます。

差別化というのは、他社を見ていると
凄く解るのですが、一番簡単なのは
ハウスメーカーを客観的に見ると一目瞭然
ですが、ハウスメーカーってお客さんを
絞っているのですよね。

これは、どう絞っているのか?

ということを見れば解ると思いますが
価格です。

価格が高いというイメージがすでに
ありますので、ある程度の年収がないと
ハウスメーカーにはいかないという
ようにお客様を絞ってます。

また逆に大手の建売会社を見ると
今度は、ハウスメーカーの層ではない
お客様に絞っておりますよね。

チラシを見れば一目瞭然ですが価格です。

価格を打ち出すということだけでも
実は差別化ということができるのです。

ではリフォームに置き換えるとどうなるのか?

ということを考えてみると面白いです。

価格なのか?

もしくは地域なのか?

デザインなのか?

商品なのか?

差別化をする方法など沢山あります。

あとは自分が、どこを差別化しやすいか?

そこを見極めて広告を行えば差別化など
簡単にできてしまいます。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・リフォームの新ビジネスとは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ