「小さなリフォーム会社営業仕方」タグの記事一覧

リフォームの広告宣伝費について

おはようございます。

河北です。

ドンドン時間が過ぎていき、あと半月で
6月です。

6月が過ぎればお盆休みまで一気に準備
して、お盆休みが終わると、もう一気に
1年が終わるという感じです。

私の体感だとGWからお盆休みまでは実は
少しだけ時間が、ゆっくりと流れる感じが
しております。

しかしお盆休みが終わると、もう一気に
1年が終わってしまう感じです。

時間が、ゆっくり流れるといっても
休みがあるわけじゃないんで、、

あんまり意味ないですけどね、、、、

では今日はリフォームの広告宣伝費に
ついて書いてみたいと思います。

広告宣伝費を、なるべく使いたくないと
いう方って本当に多いんですよね。

そして確実に反響が取れるのであれば
使ってもいいという考え方の方も非常に
多いのも感じます。

気持ちは非常に解かりますし私も
そうだったんですよね。

でも、これも本質的に考えれば解かるの
ですが、やはり広告宣伝費は使わないと
お客様は来ないのですよね。

ですから、ここはつぎ込むべきとこだと
私は考えております。

ただ創業当時は誰もがお金などないので
なかなかつぎ込むことができないのです。

だから最初は小さくテストをするのが
普通ですし私も最初は小さくテストを
繰り返しておりました。

でも、これなら問題なくイケる!と
思った時点で投資をするということが
できるかどうかというのが分かれ道だと
私は思います。

単純に年間に2000万純利益が出たら
それを全部つぎ込んで翌年は4000万にする。

また4000万をつぎ込み6000万にする
という流れを作れるかどうかです。

これは、経営している社長の判断ですが
2000万で満足すれば、それはそれでよいと
思います。

ただ1つだけ落とし穴があるのが2000万で
満足すると翌年の投資を減らす、もしくは
同等くらいになるのです。

ビジネスって止まったら終わりだと
感じます。

初年度で1億上がったとしても翌年に
同じことだけやると浸透という意味では
多少上がるかもしれないですが大幅に
伸ばしていくことは難しいかもです。

その理由は競合がドンドン出てくるから
だということです。

それを含めて広告費について考えて
みると良いと思います。

うちは、ちなみに伸ばす方向で考えて
いるので毎年広告費は増えております。

その代わり売り上げはドンドン上がる
という感じになっております。

どちらを選ぶのかは、その人次第になります。

是非一度考えてみてください。

実際に、年商1億円や3億円で安定させる方法も
実はありますが、詳しくはメルマガで書いて
おりますので、よければ登録しておいてください。

もちろん無料です。

メルマガで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームで相見積もり歓迎

おはようございます。

河北です。

さて本日はリフォームで相見積もり
歓迎というキャッチコピーはどうなのか?

ということについて書いてみます。

このキャッチコピーうちが流行らした
かもですけどね(笑)

もう一つあるのが見積もりは3社以上
取りましょう~

とかですね。

名古屋の大手リフォーム会社のチラシに
書いてあります。

あのチラシ見て私が思ったのは、そのうちの
1社に、うちを入れてほしかったので
相見積もり歓迎というキャッチを入れて
チラシを配布したりネットで広告を掲載したり
していったのです。

その結果、相見積もりが沢山きました(笑)

でも、私は、相見積もりで良いと思ってます。

うちだけに聞いて、うちで決定するなんて
ことって、もう時代的に無理だろうなと
感じております。

相見積もり取るなど当たり前ですし比較検討
するなど当然だろうなと感じます。

私も何かを購入する際には比較検討して
全く同じものを購入するのであれば安いのが
良いのに決まってますからね。

またリフォームって施工してみなきゃ解からないと
思っているかもですが、結果は同じですよね。

TOTOのユニットバスへ交換してAという業者と
Bという業者が施工しても施工後は同じです。

であれば、お客様からしたら安い方が良いと
思っている方が多いと私は思ったからです。

だから相見積もりをもらえばいいという考えで
スタートしました。

そして当時の社員さん、今はリフォーム会社を
経営している元社員さんですが、二人で話を
していた時に、

「全然相見積もりでいいっすよ」

っとうちは全く抵抗なかったんですよね。

是非比べてくれ!と思ってやってましたからね。

ですから、私は相見積もりで良いと思ってます。

そして、うちがこのキャッチやりだしてからは
うちの近辺の会社のチラシは皆相見積もり大歓迎と
なって書いてありました(笑)

2匹目3匹目のドジョウたちが、いっぱい真似して
ましたが、うちヘッチャラなんですよね。

そこはあくまで電話を鳴らすだけのこと。

そこから先の自力が違うので、問題ないです。

もしよければ使ってみて下さい。

ただ、本当に相見積もりになりますので、
相見積もりに勝てないと広告費を無駄に捨てる
ことになりますから注意してくださいね。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考にして頂ければ嬉しく思います。

これ以外にも、ちょっと公では言いにくい
ことなどメルマガで書いておりますので、
よければ登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。
よろしければご覧ください。



リフォームビジネス 量販店

おはようございます。

河北です。

さぁ下半期も始まりましたがドンドン時間が
経過していきますので焦ってきますね。

最近、あるスポーツにハマっているのですが
スポーツって厳しい世界ですよね。

プロの選手などと話する機会などありますが
年齢は限られているし、やはり才能というものも
あるみたいですしね。

おまけにプロと言っても選手だけは食べて
行くことができないのでバイトして練習して
の繰り返し、結果がでなければ引退ですからね。

そこから、また0から第二の人生って
キッツいなぁ~っと思います。

そう考えると商売って凄く楽だなと思います。

とにかくコツコツ1つのことを一生懸命
やっていれば、必ず結果がでますからね。

どこに行っても色々と学ぶことがあるなぁっと
感じている今日この頃です。

さて今日は、リフォームビジネスを行っている
量販店について書いてみようと思います。

量販店ってリフォームビジネスに参入して
一気に売上伸ばしていきますよね。

なぜあんなことができるのかは、もうお分かりの
通り、集客に困ってないので、お客様がついでに
お願いすることもありますし、

何よりも価格も販売量が私どもの会社と違って
とんでもない数ですのでメーカーとの仕入れ価格も
全く違うのでしょうね。

おまけに量販店ということで、大きな会社が
やっているということで信用力も全然違うのだと
凄く感じます。

これから伸び続けるかどうかは別にして
メーカーからしたら、あれだけの販売量があれば
もうなくてはならない存在になっていくでしょうね。

お客様からしても安くて良い仕事を量販店が
やるのであれば私どもの会社など無くなって
しまうような気がします。

まぁそれはそれで仕方ないですけどね。

ただ、私はプラス思考なので量販店がドンドン
参入して頂き、リフォームをもっと一般的に
広めて頂ければ良いと思っている派です。

なぜなら、そうすることでお客様にリフォームが
広まりますし、量販店とサービスの差ができることで
うちもサービスを向上させていかないといけないですからね。

そうすることで、うちも良くなると思っている
からです。

競合がいなければ、焦りもないですので今のままで
満足しちゃったりすると、サービスの低下になる
気がしますので、私はドンドン来て下さい。

と思っているのです。

この意見には賛否両論があるかもですが、
もし仮に、うちがサービスでも価格でも何やっても
量販店に勝てない会社であれば潰れても良いと
私は思っております。

なぜなら、やればやるほど評判が落ちますからね。

そう考えている少し変わり者ですので
お互いに頑張っていければいいなっと思ってます。

あくまで私の考えですが少しでも参考になれば
嬉しく思っております。

また量販店に負けないように量販店では
できないネット集客を行っておりますので
今だけ無料で公開しておりますので、よろしければ
ご覧下さいませ。コチラです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。
メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・売上を伸ばす考え方とか
などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



このページの先頭へ