「夏場のリフォーム集客率」タグの記事一覧

塗装会社競争は、なぜ激しい

おはようございます。

河北です。

さてさて、もう8月も下旬になって
きましたね。

そろそろ忙しい時期に入ってきますので
今のうちに休めるのであれば休みたい
なぁっと思っております。

塗装工事も時期的に忙しくなる時期では
ありますので、本日は塗装会社の競争が
なぜ激しいのか?ということに
ついて書いてみます。

塗装会社って、あまり元請けで仕事を
取るというよりは、どこかの工務店や
リフォーム店の下請けを行っていたのが
凄く多かった仕事です。

塗装に限らず、それ以外にも職人さんが
リフォーム屋のマネごとしている会社も
結構ありますけどね。

でもその中で塗装だけは職人さんが
直接営業行ったりして仕事を受注する
ということを行っているのが、ここ数年で
凄く増えてきたという実感があります。

そして増えた理由として私が感じるのが
外壁の塗装ってリフォーム屋や工務店に
頼まなくても職人さんに直接頼んでも
問題ないという判断をするお客様が多いのだと
私は感じております。

例えば増改築などの仕事になると私が
お客様の立場だとしても大工さんに
依頼するというのは少し嫌かなぁっと
思います。

なぜなら提案やアフターフォローに
心配が残るので、やはりリフォーム屋に
依頼するというように考えます。

しかし外壁塗装であれば職人さんと会って
話ししてみて、嫌だなっと思えば断りますが

足場と塗装職人だけが現場に入り仕事を
していくので特に問題ないのかなっと
判断するかもしれないです。

わざわざ中間マージン払ってリフォーム屋や
工務店に依頼する意味がないですからね。

そういった理由もあり塗装職人が直接工事を
受注することが可能になったかな?っと
予測します。

そう考えると感じるのが、これからドンドン
塗装職人が元請け化をしていくのではないの
かなっと予想していきます。

ただアフターフォローやお客様の要望など
下請けの時とは違い、結構色々と問題が
あるので、元請け化に成功する塗装職人は
少ないと感じますけどね。

ただその中でも元請け化に成功される方も
必ずいらっしゃいますから外壁塗装が
一番競争激しいのではないのかな?っと
感じております。

そのいい例が、外壁塗装で大きくなった
会社もありますからね。

そこの会社のTOPも元々塗装職人だと
いうことらしいですからね。

こういった理由から私は今後、かなり
競争は激しくなると感じております。

でもその中でも勝ち抜かないと
仕事取れないですので、やはりキモとなるのは
独自の集客力だと私は思います。

もしよろしければ最高で年間120本以上
外壁塗装を契約した際に使っていた
集客した方法を今だけ無料で公開してますので
よろしければご覧ください。

コチラです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

塗装のチラシお客様は何で決めるのか?

おはようございます。

河北です。

結局お盆は休むことができなかった
という結末でした・・・

ここからはスケジュール一杯ですので
年末まで休む暇はないという感じです。

今年は競争が激しくなると予測していた
通り、もの凄く競争激しいですね。

私は競争激しいとワクワクしますので
嬉しくて仕方ないですけどね。

そして個々最近はネットやチラシなどでも、
かなり反響が悪いということを聞いております。

うちはそうでもないんですけどね。

ということで本日はチラシについて
書いてみたいと思います。

特に塗装チラシなどはお客様は何で決めるのか?

ということですね。

まぁ塗装チラシに限らずですが、お客様が
決め手になるのは、何か?ということなんです。

例えばです。

不動産会社だとしますと、ハッキリって
人柄とか会社の信用とか、多少はありますが
基本は物件と価格だけです。

人気エリアの物件を自分が押さえていれば
マンションの1室でやってようが、
自宅の押し入れで仕事やってようが関係ないんです。

必ず電話は鳴ります。

なぜなら、そこが欲しいという方からの
電話ですから、関係ないんですよね。

それをリフォームに置き換えて考えるだけです。

リフォームって関わっている我々からすると
どこに頼んだって、そう変わらんよ。って
感じるかもしれないです。

なぜならどうせ工事を行うのは職人さんですからね。

でも、素人目から見るとですが、そうは思わないと
思います。100万円以上のお金を使って
自宅のリフォームを行ないますので、やはり安心な
会社や聞いたことある会社などで頼むのでは
ないのかな?っと私は思います。

ですから、お客様が「見たことあるなぁ~」っと
いう会社になっていく必要があるのです。

例えばマンションの1室ではなく、小さな事務所で
活動する。そして活動しているのが、傍から見ていて
わかるというように演出しないといけないと
私は思います。

そして、その演出とチラシの内容と、客観的に
お客様が見た感じに嘘がないと判断したら
私は電話なるのだと思います。

ただ勘違いしてはいけないのはチラシを使って
リフォームを考えてない人に
リフォームをやりたい!って思わせるのは
不可能ですからね。

あくまでリフォームを考えている方に向けての
メッセージですからね。

そこだけ考えていけば問題なく
塗装でも何でもチラシで電話なると
私は考えてますよ。

もしよろしければチラシではなく
ネット集客になりますが、現在私が行っている
集客法を今だけ無料で公開しておりますので
一度実践してみてください。

7億5000万まで売り上げた実績がある方法です。

コチラです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。




リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

夏場のリフォーム集客率

おはようございます。

河北です。

もう7月も半分終わりですね。

お盆休みも近いという時期でもありますので
夏場のリフォームは集客的にはどうなのか?
ということについて書いてみたいと思います。

夏場の集客率って私は悪くないと感じて
おります。

リフォームを行ってきて、暇だなっと
感じる時期って毎年ですが5~7月くらいですね。

あとは、そんなに暇だと感じる時って
ないです。

夏場はお盆休みがあるので、そこだけは
さすがに反響悪いですが、お盆前に終わらせて
おきたい。というお客様もいらっしゃれば

お盆明けから工事をしたいという
お客様もいらっしゃいますので
夏場は、そんなに集客率が落ちるとは
思いません。

ただ人間の心理として、あまりの暑さで
動きたくないというのと面倒くさいなっと
本能的に感じるので、それで動きは鈍くなるの
かなとは思いますけどね。

でも本番は盆明けでしょうね。

今までの感じですと盆明けから11月の中盤
くらいまでは本当に大忙しになりますからね。

12月は、残工事を終わらせるのが
毎年大変だという流れですね。

あくまで名古屋地区の私の経験ですけどね。

とにかくすぐに集客したいということで
あれば、現在、私が行っている集客方法を
今だけ公開してます。

このままやってもリフォーム業で
年商1億円は楽に行きますよ

もしよろしければご覧ください。
コチラです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

このページの先頭へ