「伸びてるリフォーム会社」タグの記事一覧

リフォーム集客を伸ばすには

おはようございます。

河北です。

明日で10月も終わりです。

なんとか、なんとか、、という感じで
目標をクリアできそうです(笑)

しかし目標設定って非常に難しいなぁと
思いますね。

思うように、上がらない時もあれば思った以上に
上がってしまう時もあり、本当にビジネスって
難しいなぁっと思います。

だから楽しいんでしょうけどね。

なんでもかんでも思った通りにいけば
何も面白くないですからね。

では今日はリフォーム集客を伸ばすには
どうしていけばいいのか?

ということについて書いてみます。

前回のブログにも書いたのですが、媒体を
増やしていくのが早いのは早いです。

でもその前に、その媒体では、もうそれ以上
絶対に集客できないか?

ということを確かめる必要があります。

業種は変わりますが私の知り合いでネット集客を
やっていた方がいました。

「これ以上お金使えない」

という壁にぶつかったのです。

その業種では、ネット広告も、これ以上お金が使えない
という天井まできてしまったのです。

ニーズの限界ですね。

その代わりネットで、その業種を探せば必ずその方が
出てくるというくらい使ってます。

こういった場合であれば、もう次の媒体しか手が
ないんですよね。

これが月に10万ネット広告に使ってますが次の媒体という
のは少し違ってくるということです。

意外とネット広告って地域密着のビジネスの場合は
ある一定の数字まで行ってしまうと、それ以上掲載する
場所がないということも少なくはないです。

その場合は違う媒体を行っていくのが私は良いと思います。

チラシでもそうです。月に1度を毎月やっているけど、
これ以上見込めれないという場合は別の媒体が良いかと
思います。

私、数日連続でチラシを配布したことあるのですが
実はあんまり反響は良くなかったです(笑)

そうなるだろうなとは思っていたのですが、それでも
実際に試してみないと解からないので、やってみたことが
あるのです。

結果は想像通りで、全く採算合いませんでした(笑)

というように、媒体を増やすというのは私は一番手っ取り
早く集客を伸ばす方法だと思っております。

是非一度考えてやってみてください。

私が色々な媒体で試して良かったものや失敗して
痛い目をみたことなど実体験の話はメルマガで
公開しております。

よろしければ登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

それ以外にもメルマガで書いている
内容はコチラです。

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

・目に見える集客方法と見えない集客方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



地域密着リフォーム店は儲かるか?

おはようございます。

河北です。

さて5月も本日で終わりですね。

中々と、のんびりできないのですが
今日も頑張ろうと思います。

そうそう、6月から、さらに忙しく
なってくるので、このブログが
今より頻度悪くなりそうな予感
してます。

時間が許す限り書き続けますので
読んでくれると嬉しく思います。

では今日は地域密着リフォーム店は
儲かるのか?

ということについて書いてみます。

世の中には色々なビジネスあると思いますが
私は、そこそこ儲かると思います。

在庫を持つわけでもないしね。

あとは、どのようなスタイルで行い
競合と差別化を行うか?

ということが重要だと思います。

地域密着で行うと3億円くらいの売上が
目標値になるかと思います。

うちの事例ですと3億円くらいなら社員数
経理合わせて6名で十分です。

そのくらいの人数でやらないと採算が
合わないですからね。

そして、そのくらいであれば実は結構利益が
出てくると感じます。

社長の自由な時間もあり、そこそこ利益も
残ってという感じになりますね。

あくまで、うちの事例ですけどね。

維持するのが結構大変ですけどね。

顧客リストをドンドン増やさないと
リピート注文にならないので、そこが
大事になるかと思います。

うちは、ある特殊な方法を使って顧客リストが
増える仕組化になっているので、何もしなくても
顧客が増えていくのです。

ですから新規集客は、もちろんやりますが
広告費は0円です。

ですから利益がでる体制にしているんです。

この仕組みを作るのが非常に面倒くさい
部分ではありますが、できてしまえば
全く問題なく進んでいきます。

うちが差別化しているのは表面では
見えないとこです。

例えば広告費が0円・新規顧客獲得方法
など、どうやっても見えない部分が他社と
違うとこです。

このようにしていくと相見積もりでも
競合と競う時に、うちは広告費0円なので
それだけで経費が違うのです。

また新規集客は行いますが流れができて
いるので、躍起になって新規を追わなくても
いいわけなんです。

ここが圧倒的に他社と違う点です。

チラシも配布しないネット広告も出さない
イベントもやらない、でも顧客が増えるという
システムを作るのに数年かかりましたが
これも今の時代のように競争激しくなることを
予測していたので前もってやっておいて
よかったなという流れできております。

このように表面だけで見ての差別化は
誰でもできるんですよね。

自社職人だぁ!80%オフだぁ!などという
ことです。

ここに着目してはダメです。

もう1つだけ掘り下げていけば、仕組み作り
など本当に簡単にできて3億円くらいの
リフォーム会社であれば楽に作れます。

その仕組みについては、さすがに真似されると
嫌なのでブログで一般公開は許してください。

メルマガで詳しくかいておりますので
登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

メルマガで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社の事務所のありかた

おはようございます。

河北です。

さぁ間もなく繁忙期に突入するのと
9月から、うちの社内をガラっと変えるために
内部に新しい社員さんが入ってきてます。

ドンドン会社が変わっていく様をみて
私自身も、会社という物に雇用されている
社員だということを認識させられます。

色々な方のアドバイスで現在のように組織変更
しておりますが、間違いなく、この方が良い会社に
なるだろうし業績もUPすると感じます。

っと、うちの社内ことを書くと長くなって
しまいますので、またこちらは、どこかの機会で
お話できればと思っております。

では本日は、リフォーム会社の事務所のありかたに
ついて書いてみたいと思います。

事務所っていうのは利益がでるわけではないので
なるべく安いとこで行うというように言われます。

私もそう思います。

あとは自分がどこまで会社を大きくしたいのか?
ということによって変わってくると思います。

例えば年商1億円で良い。

年商3億で良い

年商10億で良い

というステージですね。

これに向けて事務所は変えていけば良いと
私は思っております。

ただ、1つ間違いというか、儲かってから
事務所を借りてスタートしようというのは
私は間違っていると思ってます。

私も一番最初に創業した時は自宅~ボロアパートと
変わっていった経緯がありますが、これは
失敗だったなぁっと思うのです。

例えばですが自宅でスタートして年商1億までは
まず自分で行おう。

そして、その後に事務所を借りようというように
考える方が非常に多いのですが、面白いですが
まず最初の目標の1億まで、たどり着けないと
言う方が多いんです。

であれば年商1億円くらいの方は、一体どのくらいの
事務所なのか?

っと考えて、そこを思いっきって借りてみると
解りますが、1億へ進んでいくという感じなのです。

これ本当なんですよね。

うちも今の事務所の前のビルって、やたらハッタリが
きくビルだったんですよ。

最上階であったので取引先にはスゴイですねっとか
言われていたのですが、実は何も凄くなくて
たまたま最上階しか空いて無く、さらには当時は
その事務所で勤務するスタッフ合わせて5人しか
いなかったのです。

ですから広くなくてよく探していて、たまたま
電話番号が変わらないビルがそこだったということ
だったのです。

もう3年近く前ですが、5名で33か35坪あったので
広いなぁ~っと思っていて家賃も、高いなぁっと
感じていたのは本当なんです。

でも借りてみたわけなんです。

その理由は大手企業が、なぜこういったビルに
入っているのか?という理由が知りたかったんです。

そして入ってから2年半で今の場所に移転して
年商も20億を超えたという感じなんです。

もちろん人も本社だけで20名以上いますし
支店など含めると40名以上いるのかな?

ちょっと正確な数字は把握してないですが
こんな感じで会社が伸びてくるんだなぁっという
実体験をした経験があるのです。

でも家賃だけ高くて事業が育たなかったりしたら
どうするのか?

という意見がでそうですが、これ面白いのですが
家賃が高いと、もっと頑張ろうとかいうように
思って一生懸命働くようになるんですよね。

今の家賃なら余裕で払っていけるなぁという
程度であると、がんばる必要もないですからね。

今の事務所も借りたのは今年の3月末なんですが
その時は本社の社員数12名だったんですよ(笑)

で思い切って3倍の広さの事務所を借りて
みると、まぁ焦る焦るという感じで結局休み無しで
働き続けるということを繰り返しております。

これなんですよね。

ですから大きくしたいのであれば、私は、こうやって
自分にプレッシャーをかけていくのが凄く良いと
思っております。

しかしそうではないのであれば、ほそぼそと1人で
食っていければいいやぁ~っということであれば
別に自宅で下請けすればいいのかなと感じます。

あくまで自分の目的のためや、お客様から見て
この会社は大丈夫か?と思われないため、そして
社員さんが働きやすい環境を作るために必要なのかなと
思っております。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

また他にも、ちょっとブログでは書きにくい話などは
メルマガで公開しております。

よろしければ登録しておいて下さい。

他にもメルマガで書いている内容は

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践しているリフォームの最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ