「リフォーム 最新集客方法」タグの記事一覧

小さな会社のネット集客法は何かないか?

おはようございます。

河北です

もう段々と時期的に落ち着いてきてる
感がありますね。

閑散期は次に来る繁忙期の準備をしなきゃ
いけないので、なんやかんやとやらないと
いけないですね。

今日は小さな会社のネット集客法について
書いてみたいと思います。

小さな会社の定義としては地域密着1店舗と
考えさせて頂きますが、これって本当に
全然難しくないんですよね。

少し前から感じていたことではあるのですが
ユーザーのネットを使う動向です。

うちも早速仕込みを行っておりますが
ユーザーの地元の検索が増えている。

ということです。

ネットの初期の頃って私のように名古屋という
田舎になるのかな・・・

こんな地域で仕事やっていると関東にいる
友人からの話とネットで随分違ったのを
今も思いだします。

例えばネット集客といっても、ある程度の
ユーザーがネットを活用していないと
集客も何もないんですよね。

当時は、東京では集客できても名古屋では
言うほどできないという問題もあったんです。

特にリフォームのような地域密着ビジネスに
なると、なかなか・・・

という感じでした。

しかし今は違います。

昨年か一昨年くらいか覚えてないですが
TVCMなどで地元の掲示板ジモティーを
見た時に感じたのが、ここまで細分化が進んで
いくのであれば、今仕込んでいかないと
いけないと私は思っております。

時代が急に変わってきているのを本当に
感じております。

では今後はどうするのか?

エリアを絞ってのネット集客が可能になって
くるのも、すぐだと思います。

今までだとエリアを絞り切ると反響が薄かった
というのがあったのです。

しかし、ここ数年で私の予感では、かなり激変
するのではないか?

っと予想でしております。

具体的には、どうするのか?

それは、あなたが近所の飲食店を探す時に
何と検索しているのか?

それをリフォームに置き換えてみてください。

すぐに答えがでると思います。

さらに詳しくは凄く長くなるので
メルマガで公開していきます。

よろしければ登録しておいてくださいね。

メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



儲かるリフォームをやりたい

おはようございます。

河北です。

もう4月まできましたね。

毎月、やることに追われていると
あっという間に1か月が終わります。

今日は儲かるリフォームをやりたいの
だけど、どうすればいいのか?

というご質問頂戴したのでブログで
私の考えを書いてみたいと思います。

儲かるリフォームと言われると何か
少し悪徳系のイメージが・・・っと感じます。

私は利益を取るのが悪いことではないと
思うのですよね。

なぜなら利益がないと会社が維持できない
という事態になりますので潰れてしまっては
元も子もないのですよね。

ですから持続可能な利益は必要かと思います。

うちもそうですが利益0円や赤字では
やってないですからね。

そんなことしたら社員さんに給料も払えないし
事務所の家賃も払えないですからね。

ただリフォーム業界は競争が激しいのも
事実であります。

ですから受注する単価がドンドン下がってきて
いるのも本当のとこです。

それでも利益を取らないといけない訳であり
ただ利益を削っての安売りは私は勧めないです。

売価は市場に合わせないと仕方ないこと
なので利益を出すには、原価を見直すしか
方法は、ないと私は考えます。

時代的に見ていてもリフォームってドンドン
新しく参入してくる業者が多いので、どうしても
価格競争からは逃げれないです。

であれば、原価を下げるには仕入れや外注を
叩くにしても限界ありますが、もう一つは
仕組みを変えるということをしないといけないです。

アポの取り方、契約までの日数、施工の段取り
など、ここを変えていくしかないと思います。

うちの事業でも、やはり競争激しいので
1件当たりの単価が凄く安いです。

でも、内部的にある仕組みを活用することで
飛躍的に売り上げが伸び経費が削減できた
ということを経験してます。

簡単に言いますと儲かるリフォームとは
高く取るということを考えず、他社が
真似できない仕組みを考えていくことで
儲かるリフォームができると思います。

一番間違っているのは高く契約を取ろうと
することです。

それを行うと私はドンドン仕事が取れなく
なってくると思っております。

あくまで私の経験と考えではありますが
少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

こういった考え方から最新集客方法まで
詳しくはメルマガで書いているので
よければ登録しておいてください。

もしよろしれけば登録しておいてください。

メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社の看板に何を入れるか

おはようございます。

河北です。

今年も予想した感じで売上が
伸びているので少しだけ一安心です。

社員さんも頑張ってくれているので
ありがたいなぁっと思ってます。

さて今日はリフォーム屋の看板に何を
入れれば反響が上がるのか?

ということについて書いてみます。

看板の効果って実は凄くあるんですよね。

うちも店を出す時は、必ず看板を付けますが
営業開始する前に必ずお客様から反響来ます。

看板の効果って凄いなぁっと思います。

一体、いつ誰が見ているのかな?とは
誰にも解かりませんが、効果はあります。

では看板に何を書けばいいのか?

ということですが、業者側から見ると
あれも書きたい、これも書きたいという
ことを考えがちですが、

実は、お客様目線で見ると違うのです。

パッと見て何の会社か解かるか?
解からないか?

ただそれだけなんです。

ですから

「住宅リフォーム専門店 ○○ホーム」

という感じで私は良いと思います。

実際にうちの看板って、そんな感じです。

それでも、看板つけただけで近所の人が
フラっと表れて契約したことありますしね。

そして、同じ場所で活動していると不思議と
毎月来店が来るのです。

ですから看板に書くのは見て何屋か解かる。

という看板です。

それで私は十分だと思います。

あくまで私の経験ではありますが、少しでも
参考にして頂ければ嬉しく思います。

それ以外にも、私が経験したことや
ちょっとブログでは公に言えない話など
メルマガで書いておりますので、よければ
登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。
よろしければご覧ください。



零細リフォーム会社の今後

おはようございます。

河北です。

本日で2月も終わりです。

今日の報告が非常に楽しみであります。

まず四半期の1期目が終わります。

予定通り上がっているとは思いますが
報告が非常に楽しみであります。

では今日は零細リフォーム会社の今後に
ついて書いていきたいと思います。

零細って、まぁうちも零細なんですけどね(笑)

私が思うにですが生き残れないというわけでも
ないと思います。

ただ、そこから大きくしていく過程で
キツクなるとは思いますが、小さければ
小さいなりの良い部分はあると私は思います。

例えば、小さければ社長が営業に行ったり
するわけであり、お客様と直接触れ合うことが
できますので、その位置で一生経営ということで
あれば、全く問題ないと思います。

ただ一番厳しいのは中途半端な規模の
とこが一番厳しくなると私は思います。

その理由と言うのは、ある程度の規模まで
いけば、同じ値段であれば大きな会社に
依頼したほうが安心。

というお客様の層を拾っていけるので
全然問題はないです。

また超地域密着で小さくやっていれば
仮に価格が多少高くても大手では、できない
サービスを提供できるのであれば、それは
それでそういった層のお客様もいるのは
いるのです。

数少ないので、小さくやらないといけない
ですけどね。

ただ規模的に中途半端に社員さんを抱えて
いるとなると、価格競争には巻き込まれるし
経費はかかるし、あんまり価格を下げれないし
みたいな会社が一番キツイと私は感じてます。

すごく小さくやれば経費も、かからないし
とにかく小さいのにこしたことはないです。

その代わり仕事を受注するのが難易度高い
という感じですね。

このように二極化されていくのではないか?

っというように私は予想しております。

実際に、リフォーム業界関わらず、他の業界でも
このようなことが起きていくのではないか?

というように感じてます。

理由は、これから起きる人口減少問題と
格差の問題です。

リフォーム事態が、そもそも不要なもので
ありますので、できるだけ安く良い仕事を
終わらせていきたいという消費者の価値観が
変われば別だと思いますが、まず変わらないと
思っております。

ですから、この価値観の問題で、私は
残るのは大手か超零細的な会社かなと思ってます。

中途半端なとこは結局小さくなり超零細に
なっていくのではないか?

っと予想しております。

どちらを選ぶのか?

ということで今後が変わると思いますが
私は大きくする方を選んだので皆には
そんなに急いでやらなくても・・・

っと言われながらも、急ピッチに成長を
させていこうと思っております。

あくまで私の考えですので、少しだけでも
あなたの参考になれば嬉しいです。

もっともっと具体的に、これから私がやってくことや
現在進行形で進めていることなどはメルマガのみで
公開しておりますので、よければ登録して下さいね。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・TV取材を無料で受ける方法とは?

・景気不景気が関係ないビジネスとは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



会社を宣伝する方法

おはようございます。

河北です。

気が付けば2月も中旬ですね。

今月で、うちも四半期の1期目が
終わりますので予測通りの売上が
上がってくれるのを期待します。

先月を見る限りは、なんとか予測を
超えるような感じになってきておりますので
少しだけ安心しております。

では今日は会社を宣伝する方法について
書いてみます。

会社を宣伝する方法って、言い方を変えると
露出を増やすと言うことだと思います。

チラシ・ネット・TVなど、使えるものを
ドンドン使っていけば、良いのかなと思います。

またTV取材などは一度出演しますと次から
次へと来ますので、この辺りは全部出演する
ということにしていくと私は良いと思います。

実際に、うちも行っておりますが
チラシ・ネット・TV取材というのは
出れるだけ出るようにしております。

これができるようになると信用がついて
宣伝になると思います。

宣伝方法って無限にあるわけではないんですよね。

でも一番早いのは、なんといってもTVです。

TVCMが減っていて・・・なんて話を
聞いたことがあると思いますが、あれ実は
ただの憶測であり、TV局などと話をすると
解かるのですが、実は減ってないんです。

ですから、まだまだTV取材を受けたりしていくと
会社としてのブランド価値というのはついて
いくのではないのかな?っと私は思ってます。

そして露出するというのは実際のとこは
宣伝ということです。

とにかく宣伝しまくるということです。

そうすると採算合わないとか色々な意見があると
思います。

でもね、これまた本質的なことですが採算合うから
やるという広告は、誰もがやるんですよ。

ではないんです。

採算合わなくても、やらなきゃならない時が
あるということ、この本質がご理解できると
一気に会社が浸透していくと思います。

また浸透させるには、やると解かるのですが
集客以外にも利点というのがあるのです。

この利点があるので、どの会社も採算合わなくても
宣伝し続けるんだろうなぁ~っと私は思ってます。

TV取材など、どうやって出演するのかなどの
具体的な方法はメルマガで書いていきますので
よろしければ登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・TV取材を無料で受ける方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->