「リフォーム 地域密着 集客」タグの記事一覧

リフォーム屋の事務所は、なぜ必要なのか?

おはようございます。

河北です。

お盆休みまで、あと1か月になりましたね。

お盆こそお休みしたいと考えてますが
休めるのかなぁ~という感じです。

休めたら、思いっきり寝たいと思います(笑)

では本日はリフォーム屋の事務所は、なぜ
必要なのか?ということについて書いて
みたいと思います。

このリフォーム業界というのは私は特殊だと
思っております。

基本的に独立する際に、どこからか仕事を
頂くという感じで考えると事務所など
不要ですからね。

このブログを読んでいる方も、協力業者さんの
中には1人くらいは自宅でやっている方がいると
思います。

ですから事務所など不要だと感じるのかも
知れないです。

そして近所の知り合いからリフォームを
依頼された経験があると尚そうだと思います。

事務所など必要ない!

無駄な経費だ!

という感じで考えてしまうかと思います。

しかし冷静に考えれば解かると思うのですが
事務所がないようなリフォーム会社に、もし
自分がお客様の立場であれば依頼するのか?

っと考えてほしいです。

それが知り合いだからというのは、なしで
全くの赤の他人だと考えてもらい、事務所もない
ようなリフォーム会社に大事な家のリフォームを
お願いするのか?

ということです。

ただ、これ下請けだけをやっているのであれば
別にいいんですよね。

元請けも知っているので、関係ないんです。

でも自分が元請けでリフォーム受注をするので
あれば、その考えは違います。

当然ですが社員さんも雇用しないといけないので
どこに出社させるのか?

ということです。

最低限ですが事務所はないと、私は仕事は
受注できないと考えてます。

特に今はHPなどで、すっごく綺麗なHPがあり
でも実際に事務所に行くと、なんじゃこれ?
みたいなとこも多いです。

やはりそうなると、依頼しないんじゃないのかな?

っと私は思います。

というか私なら依頼しないです。

そして事務所って無駄な経費だと思われている
方が凄く多いのですが、私は違うと思います。

事務所に大きく看板つけるだけでも、お客様
いらっしゃいますしね。

それに、ちゃんとした事務所を借りると
社員さんも集まりますからね。

ですから事務所というのは私は大事だと思います。

あくまで私の考えではありますが、もし事務所を
借りるかで悩んでいるのであれば勝手な私の
意見ではありますが少しでも参考にして
頂ければ嬉しく思います。

それ以外に具体的に元請けのリフォーム会社を
作って年商1億円を達成させたりする具体的な
方法はメルマガで公開しております。

よければ登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

メルマガで書いている他の内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム家電量販店に勝てるか?

おはようございます。

河北です。

さて相変わらず忙しい日々を過ごして
おりますが、ありがたい反面・・・

少し休みたくなってきたような・・・・

という感じです。

さて今日は、リフォームは家電量販店に
勝てるのか?ということについて
書いてみます。

私の予想ですと、勝てるとは思います。

ただ、大半の業者は仕事を奪われていくと
思いますけどね。

簡単ですが、価格勝負で行くと負けるかと
思います。

それに信用という部分でも、負けるのでは
ないのかな?

っとも感じてます。

であれば、どこに勝機を見つけるか?っと
考えていくと、提案という部分で勝つように
していくのが良いと私は思います。

例えば家電量販店と相見積もりになると
解かりますが、少しやっかいな工事になると
急激に単価が上がります。

そういったお客様を最初から集客していく
ということに特化していくと相見積もりに
なっても、家電量販と比較されても
凄く安価に見えるということが起きます。

簡単なんですが家電量販が強い部分には
いかないということです。

弱い部分に対して相見積もりになるように
仕掛けていくのが非常に良いと私は
思っております。

すると面白いように契約が取れるという
ことを知っていただきたいなと思います。

真正面から家電量販と相見積もりになると
たぶん負けます。

価格でも信用でも負けると思います。

ですから、家電量販が弱くて自分たちが
強い商品で勝負が良いと思います。

うちは、そうやって家電量販と相見積もりに
なるようにしております。

すると面白いように契約率が上がりますよ。

あくまで私の経験ではありますが少しでも
参考になってくれれば嬉しく思います。

さらに具体的に、どうやって相見積もりを
取るようにしているか?

ということはメルマガで詳しく書いてますので
登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム業で起業

おはようございます。

河北です。

いやぁ~早いですね。

今年も、あと3ヶ月ちょいという
とこまで来ちゃいましたね。

これから年末まで目が回るくらいの
忙しさになると思うので、非常に楽しみです。

今年前半に随分仕込みを行ってきたので
来月からが非常に楽しみであります。

では今日はリフォーム業で起業するのに
大事なことは何か?

ということについて書いてみます。

起業するのに大事なことは、まずは
どうやって仕事を受注していくのか?

ということです。

例えば下請けで起業するのか?

もしくは元請けで起業するのか?

ということ。

このブログを読んでいるということは
元請けで起業されると思いますが、

最初に行うことは、まずは会社の方向性など
そういったことが重要だと思います。

例えば水回りリフォームで地域1番になるとか
外壁塗装リフォームで地域最安値を目指すとか

なんだっていいので方向性を決めるのが
大事だと私は思います。

これは私の経験ですが方向性を決めずに
私も起業したのですが、やはり途中で変更を行うと
社内に歪みがでてくるんですよね。

ですから、これから起業するなら方向性だけは
しっかりとしていくのが良いと思います。

すると、考え方も変わってくるんですが
やると解りますが、例えば儲けたいから起業
するという気持ちで行うと、

どうやって利益を取ろうか?

どうやって少しでも多く儲けることができるのか?

もっと儲けるにはどうしたらいいのか?

価格に文句言わない、お客様だけが欲しい・・・

という思考回路になっていきます。

しかし、これが地域一番店になるにはどうしたら?

という考え方にすると思考回路が変わります。

地域1番になるには、地域の方に知ってもらわないと
いけないけど、何をすれば良いのか?

地域1番にするには、地域のお客様には
どのような価格帯にすれば地域で広まるのか?

とかですね。

このように思考回路が変わってきますので
まず、儲けるということを私は外すと良いと思います。

なぜなら地域一番になるには、持続可能な会社に
しないといけないので利益を出さないといけない。

ということも必ず突き詰めて考えるとでてきます。

個人的な私利私欲の儲けたいという気持ちではなく
地域一番になり結果的に儲かったというのが
私は良いと考えております。

これに気がつくまで私も、数十年の時間を
使いましたが、このように方向性を定めるように
なってからは、一気に売上があがりましたので
この方向性を先に決めるというのは私は大事かと
考えております。

あくまで私の考えではありますが少しでも
参考になってくれれば嬉しく思います。

集客について詳しくはメルマガで書いてますので
よければ登録しておいて下さい。

メルマガで書いている内容は

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践しているリフォームの最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム市場の繁忙期は

おはようございます。

河北です。

お盆休みも終わりで、もうここからは
年末まで、あっという間に過ぎると思います。

さすがに年末は休みを・・・・

と思ってますが、ちょっと色々とあり休みが
取れないかもしれないですけどね・・・

その分だけ頑張れば来年に収穫を得れると
思っておりますので頑張らないといけないです。

さて今日はリフォーム市場の繁忙期は
いつ頃なのか?ということについて
書いてみたいと思います。

もうこれからは繁忙期に入ってくるのですが
1つ大事なことを書いてみます。

繁忙期に入るから集客を行おうと考える
方が実は多いのですが、これは間違いだと
私は思っております。

面白いのですが今まで色々と試したのですが
実は準備をする際は閑散期に行うのです。

うちもいつもそうなのですがテストを行う時は
いつも閑散期です。

その時にテストを行い実際に閑散期でも
電話がなるか?

契約は取れるか?どのくらいの広告費が必要か?

契約率を高めるには人は必要か?

お客様と会った感じはどうか?

ということを閑散期で行うのです。

その結果が赤字にならない、少しでも電話がなり
繁忙期に見込みがつくと判断した場合は、
そのまま繁忙期まで掲載しっぱなしにして利益を
出しにかかるという感じです。

これを、よくあるのが閑散期にスタートしても
仕方ないでしょ?

っと考えられて繁忙期にスタートする方は
広告費が思ったより必要だ!

契約が思うように取れない!

1人では対応できない!

お客様のターゲットが違う!

ネット広告は上手くいかない!!

という感じになり広告を辞めてしまうというのが
よくあることであります。

また特にネット広告になりますと繁忙期に入ると
広告費用が高騰してきます。

ですから余計に、採算合わないと感じることが
多いと思います。

ですから、これから繁忙期がきます。

でも本当に凄く忙しくなるのは10月辺りからが
問い合わせが増えてくる時期であります。

もし今よりも圧倒的に会社を伸ばしたいなどと
思われるのであれば、今すぐテストを行うことが
私は大事だと思います。

大金を使うわけではなく、10~20万くらいで
テストなど全然できるわけでありますので
それを行ない繁忙期に一気に稼いでいくということを
したら会社がドンドン変わってくるかと思います。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

私が閑散期に実際何を行っているのか?ということを
具体的にはメルマガで公開しております。

よろしければ登録しておいて下さい。

他にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・毎年何を一体行っているのか?その具体的な
内容を公開

・競合他社と差別化して圧倒的に自社を選ばせる方法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームチラシの反響率とは

おはようございます。

河北です。

少しブログの間隔があいてしまい
ましたね。

このブログも、いつまで書くことが
できるのか?と最近の忙しさを
見ると感じております。

このブログから多くの出会いを
もらっておりますので本当は書き続け
たいと思いますけどね。

では本日はリフォームチラシの反響率に
ついて書いてみたいと思います。

チラシって電話なるのですよね。

うちも色々とテストを行っておりますが
先日のブログと少しかぶりますが、

こちらも実は認知と連動させるとチラシは
結構なるのです。

私もテスト繰り返しているのですが
認知広告と連動したようなチラシに
変更してから、やはり反響は良いです。

そして連動されてないチラシをテストで
配布すると、やはり鳴りが悪いです。

これ、やってみて凄く面白いなぁっと
自分で見てました。

私は自分が経験したことしか書きませんが
チラシは、まだまだ有効な集客方法です。

キャッチコピーやテクニック的なことなど
一切私は使いません。

ただ認知と連動させる。

ということです。

これだけに拘っています。

色々なマーケティングの方法があるので
賛否両論あるかと思いますが他社と同じような
内容で同じようなチラシは行わないです。

その理由は同じようなチラシや他社のマネだと
同じ結果がでるんですよね。

もしくは他社より悪い結果がでるというのが
普通なんですよね

ですから私は他社のマネは絶対にしない
少し変わった考えをしております。

これが良いか悪いかは解りません。

ただ、このような考え方もあるということを
知って頂き、少しでもお役にたてばと
思っております。

さらに私が行っている詳しい内容はメルマガで
公開しております。

もしよろしければ登録しておいて下さい。

メルマガの内容は、

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ