「リフォーム集客セミナー」タグの記事一覧

リフォーム業の集客は簡単

おはようございます。

河北です。

2月も、あっという間に過ぎ去って
いきそうな感じがします。

私も予定が段々と詰まってきている
感じです。

では今日はリフォーム業の集客は簡単だと
言われている理由について書いてみたいと
思います。

例えばですがネットを使って水を販売したり
するとなると、難易度はかなり高いです。

なぜならネットで完結してしまうからです。

お客様が電話で何かを確認することもないですし
お客様が選んで良ければ購入頂けますし
嫌なら買わないだけです。

こういった商品を販売するというものは
かなり難易度高いです。

比較検討するのが価格重視になってきますので
安くなければ売れないですので仕入れ力が
必要になってきます。

しかしリフォーム業の場合は違います。

お客様のお宅に伺わないと明確な価格が
でませんので電話を鳴らすことだけを
考えていけばいいのです。

すると、お客様から現地を見て下さい。っと
ご連絡を頂戴するので、ここでアポイントが
取れないとキツイですが、基本は見ないと
明確な価格がでないのでアポイントが
取れないほうが、おかしいですからね。

ですから、リフォーム業の集客は簡単だと
言われているのです。

それ以外にも集客が簡単なものは沢山あります。

鍵の交換・車の修理・弁護士・税理士など
そういった業種は集客は簡単です。

実際に簡単だと書いた業種は私もお手伝い
したことありますからね。

ですからリフォーム業で集客が、どうも上手く
いかないという場合は何か少しだけ、やり方が
おかしいのだと感じます。

あくまで私の経験と考え方を書いてますが
少しでもお役にたてば嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社を大きくするには

おはようございます。

河北です。

今日で1月も終わりですね。

メッチャ早い1ヶ月でした。

売上も順調に伸びてきて本当に
ありがたいと感じてます。

今年は去年より、来年は今年より伸ばす
ように考えて行動していきます。

本日はリフォーム会社を大きくするには
どうしたらよいのか?ということを
書いてみます。

まぁリフォーム会社でも、その他の会社でも
同じだとは思いますが、とにかく人ですね。

会社に流れを作る必要がると私は思います。

集客~アポイント~契約~集金~人材募集~人材育成
という簡単ではありますが、この一連の流れが必要
なんだろうなっと感じております。

その中で一番難しいのが人材募集~人材育成だと
私は考えております。

人材も、そうなのですが欲しい時に都合よく
集まってくるものではないです。

転職者の都合もありますので、いつ転職するのかも
全くの不明です。

ですから求人も掲載しっぱなしにする必要が
でてくるのではないか?

っと感じております。

さらに、もう1つ感じるのは入社した社員の
今後です。

今年も来年も再来年も同じ位置で同じ仕事を
させるということが嫌な方もいらっしゃいます。

やはり将来を考えると、この会社にいても・・

っと思うような方もいるわけです。

ですから会社を大きくする=社員さんの今後という
ことも考えていかないといけないのでは?

っと私は感じております。

これを踏まえて考えていくと、やるべきことが
明確になり、1つ1つこなしていくと
自然と会社って大きくなるのかなっと感じます。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考になれば嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が実践している最新集客法とは
などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

またメルマガ読者さんのみ限定での集客セミナーも
行ったりしますので、登録しておいて下さい。

メルマガ以外でセミナーを告知することは
ありませんので直接集客について質問したい
などありましたら登録しておいて下さい。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が読んでいる
5年前から書いているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム集客でターゲットを絞る意味

おはようございます。

河北です。

明日はクリスマスイヴですね。

私には全く関係ないことです(笑)

関係なく仕事なので、どうなんだろうなぁっと
思いながらも、まぁ年齢も年齢なんで
だからどうだという訳ではなくいつも
通り祝日の本日も仕事です(笑)

それよりも来年のことですでに頭が一杯で
今、着手していることをこなすので
大忙しです。

最近思うのですが会社を伸ばすのって
入念な準備が必要やなぁっと染み染み
感じる今日このごろです。

さて今日はリフォーム集客でターゲットを
絞る意味ということについて書いてみます。

ターゲットを絞る意味というのは、その層に
支持されるということです。

これって大手は皆やっているんですよね。

例えばハウスメーカーでもそうですが
ちゃんとターゲット絞っているんですよね。

簡単ですが価格が高いですよね。

それだけで買えないというお客様は
来ないんですよね。

これだけでもターゲット絞っていることに
なると私は感じております。

ではリフォームで絞るとしたら何か?という
ことですが扱う商品を絞るということも
ありますし、価格もそうだと思います。

高くするか?安くするか?でお客様の
層が変わってきます。

たったこれだけのことなんですよね。

そしてターゲットを絞ることで、その層の
お客様に支持をされるということを
狙っていくということです。

これがターゲットを絞らないと、デザイン
リフォームでも水回りリフォームでも
賃貸のリフォームでも外壁塗装でも
何でもうちはやりますよ。

という感じで行うと間口を広くしすぎて
どのお客様からも支持されない。

ということになるのではないのかな?
っと感じます。

ですからうちはターゲットをかなり絞りきって
活動していますが全然仕事に困るということは
ないですよ。

あくまで私の考えではありますが多少でも
参考になってくれれば嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が予想する2017年の最新集客法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
5年前から購読しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ