「リフォーム経営悪いのは多店舗経営」タグの記事一覧

競合他社との差別化をリフォームでどうするか?

おはようございます。

河北です。

10月も下旬に差し掛かりましたが
最後の追い込みですので非常にバタバタ
しているという感じです。

なんとか達成できるといいなぁ~っと
思いながら毎日を過ごしてます(笑)

では今日は競合他社との差別化について
書いてみたいと思います。

差別化って難しく考えすぎると迷ってしまう
のですが、簡単だと思います。

リフォーム業界の事例で見ると迷ってしまうと
思うので他の事例を見ていくと解かりやすいので
書いてみます。

筋トレ・ダイエットのライザップって凄く有名だと
思います。

あの業界での差別化というと、どうすればいいのか?

ということです。

一番簡単な差別化は、サービスは全く同じで料金を
下げるだけです。

これでライザップは少し高いけど、もう少し安いなら
という感じで流行っている筋トレ・ダイエットジムって
凄く多いなぁっと見て感じます。

これも差別化ですよね。

それ以外だとゴールドジムというと、イメージ的に
もうガチのマッチョたちがいるというイメージですよね。

実際に見に行ったことありますが、ガチの方が多いです(笑)

以外に気にしていくと、どの業界でも差別化や
ターゲットって凄くされているんです。

でもターゲットを絞ったからといって決してお客様が
減るわけではなく逆に増えるのではないか?っと
私は感じているんですよね。

ターゲットを絞り、その層で圧倒的シェアを取る。

この方法が私は一番良いと思います。

これをリフォーム業界に置き換えるだけのこと
なんですよね。

価格なのか?デザインなのか?提案なのか?
考えればいくらでもあると私は思います。

実際に、うちも地域密着なら地域密着での
差別化を考えており実行していきます。

1つ公開してしまいますと取引先や会社で使用する場所は
全て地域のものだということです。

当たり前のことかもしれないですが地域密着で
やる以上、お客様は地域の方です。

であれば地域で有名にならないといけないのです。

うちは名古屋ですが、岐阜や三重で有名になっても
仕方ないということです。

表面的には価格とか、そういったことしか
見えないかもですが、会社の懇親会でも会社の車両でも
印刷物でも何でもそうですが同じ地域で営業している
会社様とお付き合いさせて頂いております。

これをすることで、その店に来る他のお客様なども
うちのことを知ることができるのですよね。

地域密着方法でやっているビジネスは必ずこういった
ことを気にして行っております。

すると、紹介なども増えるんですよね。

これを、もう10年近くやっているので地域では
それなりにお客様が付くようになったのです。

しかしHPやネットを見ると、ただ安売りの会社だと
判断されがちであるのですが、実は違っていて
その店、店によってやり方や方針を変えているのが
本当のとこです。

これが、地域での交流なくして自分だけ仕事が欲しいと
言っても、誰も信用しないですからね(笑)

こんな当たり前のことから、やっているというのが
多少でも差別化になっているのかもしれないですよ。

あくまで私のやり方ですので意見は様々だと思いますが
よければ参考にして下さいね。

差別化の方法など、本当にいくらでもありますよ。

さらに詳しくはメルマガで書いておりますので
よければ登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

それ以外にもメルマガで書いている
内容はコチラです。

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム経営悪いのは多店舗経営のせい?

おはようございます。

河北です。

8月も、あと数日で終わりですね。

閑散期から繁忙期に入っていく時期ですが
いやぁ閑散期が長く感じました(笑)

あれやこれやと色々と、この繁忙期に向けて
やってきたので、これからどのような結果が
でるのか非常に楽しみであります。

では今日はリフォームの経営が悪いのは
多店舗経営のせいなのか?

ということについて書いてみます。

うちもそうですが、あちこちに店舗あります。

私が感じるのは店舗が増えても関係ないと
思っております。

その理由は管理です。

管理さえしっかりしていれば問題はないと
私は考えております。

とは言っても、私も店舗出店して閉鎖したこと
全然あります(笑)

その時の失敗って社員に任せきりだった
んですよね。

アポイントが取れない・・・・

お客様が安くないと契約が取れない・・・

部下が言うこと聞かない・・・

集客が減っている・・・

などという話を聞いていたのです。

でも実際には、アポイントは自分で断る
トークをしていたり、お客様が価格でしか
うちを判断できないように話を自分がしていたり

部下が言うこときかないのではなく放置して
いるので、わからないままの状態であったり

集客が減っているのではなく電話に出て
なかったり、メールを見逃しているだけのこと

必ず何か原因があるんですよね。

だから、その店は閉めて一度監視できる店に
全員戻してという感じで行っていきました。

でも面白いのが監視してないとPCでニュース
見ていたり動画見ていたり、やらなくていい
仕事勝手にやっていたりと、そういうことって
凄く起きるんですよね。

ですが厳しい管理者を置いていくと仕事を
やらざる得ないので、全然売り上げが上がって
くるのですよね。

これに私が気が付いてから徹底した管理者が
育ってから店舗を出店するようにしております。

その上に、またその管理者を管理する管理者(笑)

という感じで徹底しています。

すると面白いのが残業時間もドンドン減りますし
今までサボっていた社員もドンドン辞めていきます。

辞めてもらって他の会社に就職してサボって
もらえばいいと私は思ってます。

このやり方が良いのか悪いのかは、解かりません。

でも多店舗展開するから経営が悪くなるという
ことはないです。

他に何か原因があると私は考えております。

これに気が付いた時に私は業績が一気に上がると
思っております。

たしか、凄く利益を出している会社があったのですが
そこって分単位で社員管理を行っていると何かの
記事で読んだことあります。

私は、そうやって行ってますが、あくまで
1つの例として参考にして頂ければと思います。

そして私が実際にどうやって管理者を育成して
どのような仕組みにしていったのか?

それはメルマガで書いておりますので、よければ
登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

それ以外にもメルマガで書いている
内容はコチラです。

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ