「リフォーム業 仕入」タグの記事一覧

リフォーム 他社との差別化

おはようございます。

河北です。

うちは決算が10月なんですが前期からの
目標が、なんとか達成できそうな感じです。

社員さんも増員でき店も予定通り出店でき
嬉しく感じております。

中卒の私が、ここまで出来れば上出来やなと
誰も褒めてくれないので自分で自分を褒めてます。

と、雑談を書き出すと私、止まらなくなりますので
早速ブログを更新したいと思います。

本日はリフォーム業で他社と差別化するには
どうしたら良いのか?

ということについて書いてみます。

差別化って、まぁいくらでもあるのですが
少しだけ、うちの差別化を書いてみようと
思います。

それはターゲットとか価格とか地域とか
社員とか、そういったことではないです。

うちの差別化は実は表面で見えないとこなんです。

例えば集客方法も、そうですが毎年新しい試みを
テストして行ってます。

これ全部を流石にブログで書くことできないですが
こういったことも差別化は差別化なんですよね。

それ以外にも仕入先もです。

もし、このブログを見ている、あなたが
仕入れをしているのが特殊なルートであれば
それが差別化になり強みになります。

他社と同じように仕入れを行ない、同じように
集客していたのであれば、それは差別化には
ならないです。

ですから差別化って、もしかしたら、すでに
あなたは出来ているのかも知れないです。

よくコンサルとかが人間が違うとか言いますが
まぁあれも差別化といえば差別化ですが・・・

それよりも本当の差別化というのは表面で
見えないとこです。

水回り専門店とかは誰でもマネできるので
差別化にならないのです。

水回り専門店でも差別化になるのは職人が自社か?

仕入れが激安で入るとか人材育成の仕組みとか
そういったことが差別化になっていくと私は
考えております。

あくまで私の考えではありますが少しでも参考に
なってくれれば嬉しく思います。

また他にも、ちょっとブログでは書きにくい話などは
メルマガで公開しております。

よろしければ登録しておいて下さい。

他にもメルマガで書いている内容は

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践しているリフォームの最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム価格で他社に勝てない

おはようございます。

河北です。

最近、凄くご質問のメールを頂戴致します。

嬉しいなぁっと思いながらも、全部を
個別でお答えするのも難しいので
このブログでシェアできればと思ってます。

では今日は他社さんにリフォーム価格で
勝てないというご相談です。

こちらは原理原則の話になってしまいますが
どうやったら安価で仕入れができるように
なるのか?

ということを腹の底から理解するしかないと
思います。

例えばですが、自分が問屋の営業マンだとします。

ノルマが月5000万だとします。

そして大口のお客さんが月2000万とか仕入れて
くれる会社があるとします。

そして小口のお客さんが月100万の仕入れている
お客さんがいるとします。

そして、どちらのお客さんも、もう少し掛け率
を下げてほしいと要望があります。

内容は月2000万売っている会社は掛け率を
下げてくれたらあと500万は売るようにします。

と言っています。

月100万の仕入先は掛け率を下げてくれないと
他社に勝てないからなんとかしてくれと
言っています。

あなたが営業なら、どうするか?

ということが本質的なとこです。

私なら大口の方は上司に掛け合うことを
すると思います。

しかし小口の方は、なんとかしますとはその場では
言いますが、できればもっと売ってから
言って欲しいなぁっという気持ちを
持ってしまうと思います。

もうこれが仕入れの原理原則で、数を売らないと
話にならないという理由の1つです。

もっと言えば、小口の会社は大口の仕入れ先を
紹介して、そこから買ってもらっても
下がるわけなので、そこで買ってくれても
私の売上になるのであれば、大口の取引先を
紹介して、そこから買ってくれということも
するかもしれないです。

では、自分が安く仕入れをしようと思ったら
どうするべきなのか?

ということを考えていけば答えは出ると思います。

私は、これを上手くできないかな?っと
考えに考えて仕入れを下げるように努力して
おります。

ちょっと取引先の名前などはブログでは書けない
ですが、この方法しか仕入れを下げる方法は
ありませんからね。

少し本質すぎますが、これが本当のことです。

少しでも参考になれば嬉しく思います。

取引先のことや、もっと詳しい情報などは
ちょっとブログでは書けないので、興味あれば
メルマガで書いたりしております。

よろしければ登録下さい。




メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・競合他社の戦略を丸裸にする方法とは

・売上を伸ばす考え方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

リフォーム 競合

おはようございます。

河北です。

昨日は少し新しいことが前進したので
テンションが上りワクワクしました。

こうやってワクワクすることがあると
仕事って本当に面白いなっと思います。

さて本日はリフォームの競合について
書いてみたいと思います。

競合がいるのって凄く嫌だなっという
意見も聞きますが、私、競合っていたほうが
嬉しいんですよね。

これも考え方ですが、お客様って
競合の前にいるんですよね。

いや、もっと突っ込んで言いますと
競合他社のチラシや広告を見ていると
思ってもらったほうがいいです。

そうすると、お客さんがいる場所が
解りますので、そのお客さんを
自社に呼ぶための広告を作るだけなんです。

ですから競合がいればいるほど集客って
簡単なんですよ。

これが競合が全くいないと考えて下さい。

するとお客様がどこにいるか、さっぱり
わからんちん、ということになります。

ですから、予想や予測して、お客様を
見つけにいき集客を行うということを
しないといけないのです。

どっちが大変か?ということなのです。

私は頭悪いので、競合が沢山いて市場が
大きな商売しかできないです。

という考え方をしているのです。

全くの競合いなくて集客を考えて
ということは絶対にしないです。

だって失敗しますからね。

こういった考え方で行うと凄く楽になると
思いますよ。

あくまで私の考えですが多少でも参考に
なれば嬉しいです。

具体的にどうやって競合からお客様を
横取りしているか?という方法は
現在でも私が使っている集客方法を
今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧になりやってみてください。

コチラです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。




リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

このページの先頭へ