「リフォーム業の集客は簡単」タグの記事一覧

零細リフォーム会社の今後

おはようございます。

河北です。

本日で2月も終わりです。

今日の報告が非常に楽しみであります。

まず四半期の1期目が終わります。

予定通り上がっているとは思いますが
報告が非常に楽しみであります。

では今日は零細リフォーム会社の今後に
ついて書いていきたいと思います。

零細って、まぁうちも零細なんですけどね(笑)

私が思うにですが生き残れないというわけでも
ないと思います。

ただ、そこから大きくしていく過程で
キツクなるとは思いますが、小さければ
小さいなりの良い部分はあると私は思います。

例えば、小さければ社長が営業に行ったり
するわけであり、お客様と直接触れ合うことが
できますので、その位置で一生経営ということで
あれば、全く問題ないと思います。

ただ一番厳しいのは中途半端な規模の
とこが一番厳しくなると私は思います。

その理由と言うのは、ある程度の規模まで
いけば、同じ値段であれば大きな会社に
依頼したほうが安心。

というお客様の層を拾っていけるので
全然問題はないです。

また超地域密着で小さくやっていれば
仮に価格が多少高くても大手では、できない
サービスを提供できるのであれば、それは
それでそういった層のお客様もいるのは
いるのです。

数少ないので、小さくやらないといけない
ですけどね。

ただ規模的に中途半端に社員さんを抱えて
いるとなると、価格競争には巻き込まれるし
経費はかかるし、あんまり価格を下げれないし
みたいな会社が一番キツイと私は感じてます。

すごく小さくやれば経費も、かからないし
とにかく小さいのにこしたことはないです。

その代わり仕事を受注するのが難易度高い
という感じですね。

このように二極化されていくのではないか?

っというように私は予想しております。

実際に、リフォーム業界関わらず、他の業界でも
このようなことが起きていくのではないか?

というように感じてます。

理由は、これから起きる人口減少問題と
格差の問題です。

リフォーム事態が、そもそも不要なもので
ありますので、できるだけ安く良い仕事を
終わらせていきたいという消費者の価値観が
変われば別だと思いますが、まず変わらないと
思っております。

ですから、この価値観の問題で、私は
残るのは大手か超零細的な会社かなと思ってます。

中途半端なとこは結局小さくなり超零細に
なっていくのではないか?

っと予想しております。

どちらを選ぶのか?

ということで今後が変わると思いますが
私は大きくする方を選んだので皆には
そんなに急いでやらなくても・・・

っと言われながらも、急ピッチに成長を
させていこうと思っております。

あくまで私の考えですので、少しだけでも
あなたの参考になれば嬉しいです。

もっともっと具体的に、これから私がやってくことや
現在進行形で進めていることなどはメルマガのみで
公開しておりますので、よければ登録して下さいね。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



業績を回復する方法 リフォーム業

おはようございます。

河北です。

1月もドンドン日にちが過ぎて
いきますね。

まだ今年始まったばかりではありますが
相変わらず大忙しの毎日です。

今日はリフォーム業の業績を
回復する方法について書いてみます。

業績が落ちるのって一瞬ですからね。

私も、業績を一気に落とした経験が
過去にありますので、あの時は青ざめた
のを今も思い出します。

でも業績を上げていくのってホントに
徐々に徐々に上がっていくという感じ
ですからね(笑)

私も経験したので凄く解かります。

でも業績を上げるには、まずは、
なんと言っても、お客様を集客しないと
いけないということです。

お客様から、とにかくお問い合わせの電話が
なるようにして、その後、契約までの流れが
自分がいなくても流れていく感じに仕組化を
するのが非常に大事かと思います。

とにかく、その仕組みを作るのが非常に
大変だということです。

そして集客をするのに急激に業績をUPさせるには
もう広告費を使って、お客様からの問い合わせを
増やすしかないというのが事実です。

これができなくて無料で集客して、頑張って
いこうというのは、急激には業績を回復
させることができないです。

うちでもそうですが年間の広告宣伝費は
結構使います。

会社的には赤字には、ならないですが、やはり
結構な額を使います。

ですから業績は、上がっていきます。

これが広告宣伝費を止めると面白いですが
業績は下がっていくと予感してます。

ですから、業績を回復させるには広告宣伝費を
使って利益をだすような形をとるしか方法は
ないと私は思っております。

そして当然ですが効果がある広告宣伝を
していく必要があります。

その方法については、ちょっとブログには
書きずらいので、メルマガに書きますので
よければ登録してくださいませ。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社の社長は何をしているの?

おはようございます。

河北です。

もう今年も終わりですね。

すでに正月休みに入っている方も
いらっしゃるとは思いますが、
私は、まだ、、、、、、、

という感じです(笑)

結局今年も、どれだけ休んだのか・・・

今は仕方ないと自分に言い聞かせてます。

少しだけ書くと、社長業やっていると
やはり、先は不安なんですよね。

競合が、どのような広告を行ってくるか?

また、どのように出店してくるのか?

また、どのように考えて活動しているのか?

ということは、全く解からないわけなんです。

でも、私が一番大事に思っていることは
他社も頑張って仕事をしているのであれば

それ以上、やらないと勝てないわけですし
他社も頑張っている以上は、今と変わらない
という結果になると考えてます。

例えば他社が週5日、朝9時から18時まで
働いているのであれば最低でも週5日

朝9時から18時までは働かないと
いけないと思っております。

でも今より勝ちたいと思っているのであれば
週6日働いて朝9時から夜20時までと
働かないとダメだと思ってます。

要は仕事に集中している量を増やさないと
私は勝てないと考えてます。

なぜなら、うちなど後発組ということも
ありますし、競合と比較しても全然小さな
存在であります。

それが週休2日で9時~18時であれば
もう絶対に勝てないと感じます。

ですから私は年間365日のうち、どのくらい
休むのかな・・・・・

月1回で12日間とかなんで、たまに
連休と考えても20日間くらい休むか
休まないか?というくらい働いております。

時間も結構長いです(笑)

そのくらい働くので、やはり色々な気づきも
ありますし、アイデアも出てきます。

それを実践しようとテストも積極的に
繰り返すようにしております。

こういった生活が、良いか悪いかは
解かりませんが、とりあえず最初の数年は
こういった生活で仕方ないのかな?

っとも思っております。

昔は、よく飲みに行ったりしたのですが
今では、年に数回ほどお付き合いで飲むくらいで
あとは、ほとんど帰って寝るだけの生活です(笑)

では具体的に、何をやっているのか?と言いますと
これからどのようにしていこうか?

来期は、どのような売り上げをあげようか?

そのためには、どれだけ人材が必要か?

そのための予算は?

そのためには、何が足りなくて何をするのか?

それは他社のマネではないのか?

などですね。

このようなことを、ずっと考えたり、必要な
ものを手に入れたり、打ち合わせをしたりと
なんだかんだと結構忙しいんですよね。

私規模の社長であれば、こんな感じなんでは
ないのかなぁ?っと思っております。

あくまで私の経験と実体験ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

それ以外にも、私が経験したことをメルマガで
書いておりますので、よければ登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームで独立して成功するには

おはようございます。

河北です。

GW真っ只中という感じですね。

どこに行っても混雑していると
思いますので、結局仕事をしてます。

まぁ別にいいんですけどね。

この時期は流石に暇になってきて
おりますが、それでも来るべき繁忙期への
準備で大忙しという感じです。

暇だからといって休んでいると繁忙期が
来た時に、あの時やっておけばよかったなぁと
後悔するのが嫌ですからね。

ということで、本日はリフォームで独立して
成功するにはどうしたら良いのか?

ということについて書いてみます。

独立して成功するには、まずは集客に
困らないという状態にしないといけないです。

何と言っても、お客さんがいないと話に
ならないですからね。

うちが行ったのは最初は、もうガムシャラに
なんでもかんでも仕事を取っていくように
していきました。

なぜなら実績もなし、資金もなし、信用も
何もない会社に電話くれるだけで
本当にありがたいなと思っていましたからね。

それで利益が出たら全部広告宣伝費に回して
いくという感じで投資を繰り返しました。

その結果、1年目で1億円の売上が達成でき
2年目では4億という感じで伸びたんですよね。

ですから集客を行ない、何でもいいから
とにかく仕事を受注するという気持ちで
スタートが最初は良いと思います。

すると、そのうちに今後のことを考えて
いくようになりますので、そしたら方向性を
決めていくのも良いと思います。

とにかく自社のことを客観的に見て
お客様を選ばないということを徹底して
受注だけに専念していくと、あっという間に
1年が過ぎて1億円程度なら、まず売り上がると
私は思っております。

まずは集客という部分を考えて見て下さい。

集客など本当に真剣に考えていけば
別段難しいことではないです。

あくまで私の考え方ではありますが
少しでも参考になれば嬉しく思います。

またさらに詳しい内容や面白い企画のご案内は
メルマガで告知しております。

メルマガの内容は、

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社を立ち上げるには

おはようございます。

河北です。

さて本日から4月が始まりますね。

今年も始まって4か月目に入りました。

いやはや、やらないといけないことが
多いですが、一つの物事を進めて
いくのって凄く時間かかりますからね。

うちも何か一つ行うだけでも、なかなか
進まないからイライラしますね。

さて本日はリフォーム会社を立ち上げるには
どうしたら良いのか?ということを
書いてみたいと思います。

リフォーム会社を立ち上げるのに最初は
事務所が必要なのか?

とか色々と悩むとこではあります。

私が思うのですが、事務所は最低限小さくても
良いので必要かと私は考えてます。

とりあえず自宅で行って・・・

というのは、私は反対なんです。

なぜなら、やはり自宅で開業しているリフォーム
会社にリフォームをお願いするのって
やはり、抵抗があると思います。

ですから大きな事務所である必要は
ありませんが最低限事務所くらいは
必要かと感じます。

それと何よりも集客です。

どこからか仕事をもらうような下請ではなく
自力で集客して顧客にしていくという
仕組みですね。

これをテストを繰り返していくうちに自分に
合ったやり方が見えてきますので、まずは
テストを繰り返していくことが重要です。

そんなことを繰り返しているうちに
年商1億円を達成しているという感じだったのが
私の経験です。

よろしければ立ち上げる際の参考にして
頂ければ嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ