「リフォーム工事業界 将来性」タグの記事一覧

来年のリフォーム業界は

おはようございます。

河北です。

今日で今年も終わりですね。

なんだかんだ言って、あっという間の1年
だった気がします。

今期始まって、まだ2か月なのですが
どうにか、昨年を上回って今年を
終えることができました。

本当にありがたいことです。

今年最後のブログになりますので
私なりに来年のリフォーム業界について
今後どうなっていくのか?

ということについて書いて
みようと思います。

来年も競争激しくなるのだろうなぁっとは
正直思っております。

このリフォームという市場は、凄く大きな
市場でもありますので色々な会社が参入して
くる業界であります。

その中には資金的にも豊富で一気に市場を
かっさらっていく会社も多々あります。

実際にリフォーム新聞でも見てますと
売り上げ規模とか掲載されてますが

上位の会社って伸びているのですが
その変わり、それ以下の会社って売上が
下がっている会社も多いのですよね。

見ていて感じるのが、売上上位の会社が
仕事を奪っているように見えるんですよね。

2025年からドンドン人口減少が始まると
いうことがデータとしてでているので
限られている市場が、さらに小さくなるという
ことは、もう確実なんですよね。

そうすると、それまでに、会社として
組織を作りあげておかないと、その後は
何をどうやっても間に合わなくなるのだろうな
と私は危機感をもって、いつも考えてます。

実際に今までは目の当たりにしなかったですが
私の知り合いの中でも倒産や廃業というのが
すごく目につくようになってきました。

ですから、何か自分たちで新しい何かを
行動していかないとダメだと感じます。

しかも情報社会の中で、価格競争が止まりません。

ですから価格競争というのからも逃れられない
という事実もあります。

これは市場としては、かなり私的には
面白い市場だと考えてます。

もう変化をしないといけない業界だと
考えております。

ですから来年も、うちとしては、新しい企画を
考えてスタートをしていこうと思ってます。

それも他社ではマネができにくい仕組みを
使い変えていこうと考えてます。

そうすることで、また新しい何かが起きると
思っております。

このブログを読んでくれている方も、来年に
何か新しいことを行動するということを考えて
みてください。

そうすることで必ず何かが変化すると
思います。

価格競争からは逃げれずに競合はドンドン増え
大きなとこはドンドン大きくなり小さなとこは
仕事を奪われる。

競争社会では、当たり前のことで、あるのかも
しれないですが、こんな市場だからこそ
考えるということは重要なのかもしれないですね。

では、来年も私は厳しい1年になるとは思います。

ですから、今から、また何かアイデアがでないか
考えてみたいと思います。

それでは、今年1年ブログ読んで頂き
ありがとうございました。

良い年をお迎えください。

来年早々にでも新しい企画をスタートさせて
いきますが基本的に公には公開しないです。

メルマガのみで公開しておりますので
いち早く新しい情報が欲しい、新しいことを
やっていきたい、などと思われていれば、
メルマガに登録しておいてください。

コチラです。



何か一緒にビジネスができれば嬉しいですね。

リフォーム会社が使う広告費

おはようございます。

河北です。

むむむむぅ~時間が凄く早く過ぎ去って
いきますね。

忙しく過ごすのも本当にありがたいですが
ちっとも遊びにも、ここ数年行ってないので
どこかに逃げ出したくなります・・・

まぁ自分で選んだ道なのですけどね(笑)

では本日はリフォーム会社が使う広告費に
ついて書いてみます。

売上に対しての広告費は結構気にしておりますが
大体私が知ってる感じですと売上の5%~8%
なのかなぁ~っと感じます。

これも利益を上げるために比率は変わるのですが
例えば来期売り上げを伸ばしたいと思えば
今期はトントンでもいいので広告費に投資して
行く場合ですと10%の会社もあるみたいです。

その代わり利益でないですけどね(笑)

リフォームだと粗利で25~35%という
感じで決まっているので仕方ないですよね。

これが粗利50%とかのビジネスであれば
さらに広告費を上げても関係なく利益が
でるという感じです。

うちもそうですが、投資する時は、やはり
7~9%くらいの広告費につぎ込んでいきます。

というか、単月で見ると、凄い赤字になるくらい
つぎ込む時もあります。

でもそれは理由があり来期に売り上げをあげたい
という理由があるので、仕方ないんですけどね。

そして利益を出しにかかる時は広告費を3%~4%に
設定していくということをしていきます。

すると、それだけで経常4%上がるわけなんで
そうやって調整していくということをしてます。
(書いちゃっていいんかな・・・)

ただその翌年は伸び率は凄く悪いです。

当り前ですが広告ケチっているので
そうなるよね・・・

ということです。

でも、面白い調査があり、ある会社にお願いすると
自分の会社の浸透率などを調査してくれるのです。

すると、もうこれ以上広告を掲載しても
皆知っているという場合があるんです。

こういったことも調査しながら広告へは
投資しているということがあるんです。

でも一般的にリフォーム会社で言うと
私の実体験で書くと、伸ばすなら7~10%

利益を出すなら3~5%で抑えるということを
すると良いのではないのかなと感じます。

あくまで私が経験した実体験でありますので
少しでも参考になってくれればうれしく思います。

さらに広告費に対する考え方や投資の仕方は
メルマガで書いてますので、よければ登録して
みて下さいね。

ブログでは、買きずらいような本音の部分を
書いています。

広告費のこと以外にも、メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム業界の実情とは

おはようございます。

河北です。

今年も残り1か月となりました。

来年の準備をしないといけないので
相変わらずバタバタです。

繁忙期と準備期間が重なっているので
少しだけ大変ではありますが、今年中に
終わらせなければならないことを
やっていこうと思います。

では本日は、リフォーム業界の実情について
書いてみたいと思います。

この業界だけではないですが、どの業界も
価格競争や、これからの生き残るために
頑張っている気がします。

なぜそれを感じるのかというと上場している
会社だと決算書とか公開されてますし

未上場でも帝国データバンクに聞くと
400円くらいで嘘つかず教えてくれます。

同業者ってチラシやネットを見ていると
すごく気になったりして、

本当に儲かっているのかな?

多店舗展開していくけど凄いな?

とか気になったら帝国データバンクに
聞いてみて下さい。

一体本当の売上は、どのくらいなのか?

経常利益はどうなのか?

ということが、一目見て解かる資料を
もらうことができます。

私、実はあんまり他社を気にしたりしないですが
たまに調査で見る時があります。

見ると解かりますがリフォーム業者って
経常利益って、全然出てないのが現状なんですよね。

これ、会社規模が大きければ大きいほど
経常利益が下がっている感じします。

逆にすごい小さな会社は経常利益が高かったり
することあるのですよね。

これ凄く面白いです。

というか伸ばしている最中であれば先行投資が
増えているのかな?

っとは思いますが、それにしても出ないもんだなと
感じるくらい利益がでてない会社が多いです。

そういった会社と戦っていくには、では
どうしたら良いのか?

ということを考えてみてください。

すごく簡単にご理解できると私は
思っております。

リフォーム業界の現状というのは、このように
色々な資料を見ると解かると思います。

それを見て、自分がどれだけ伸ばして、また
どこで安定させて利益を出すようにするのか?

ということ考えてみると面白いと思います。

うちもリフォーム業界で、新しい試みを
スタートするかもですので、そこでは
このようなことがないような仕組化をして
いくつもりです。

私が知っていることではありますが、少しでも
参考にして頂ければ嬉しく思います。

私がこれからリフォーム業界で新しい
試みを行うことなど、いち早く情報が欲しいと
感じましたらコチラのメルマガに登録して
おいてください。

メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームで売上1億円

おはようございます。

河北です。

さて今日も張り切ってブログを
書きたいと思いますが11月は繁忙期
真っ盛りなので、このブログ・・・・

本当に書き続けることできるかな・・・

なんか今期に入り、急に予定が
沢山埋まってきて・・・・・

という感じです。

でも書き続けれるだけ書き続けようと
思います。

では本日はリフォームで売上1億円にするには
どうしたら良いのか?

ということについて書いてみたいと思います。

もう何度も年商1億円については書いてますが
1億円というのは楽勝なんですよね。

でも80%くらいのリフォーム会社というのは
実際は1億円未満だということらしいですね。

それってなぜなのか?

ということなのですが、単純に誰も教えて
くれないからなんですよね。

やり方さえ知れば誰だって1億円など簡単に
達成できるのです。

単純に、まずは集客を行うということです。

これを行う時にブレーキが、かかってしまう
のですが、その理由は、お金を使うからです。

自分のお金を使って集客するので10万とか
5万とかで集客をしようとするからです。

はっきりいって月10万円の広告費では
年間1億円を上げるのは至難の業だと思います。

また0円で集客するのは、できるのですが
かなり時間と労力が必要になります。

時間と労力を使うくらいであれば広告費を
使って集客したほうが早いです。

そして時間と労力を使い実践するので
結果が思うように出ずに嫌になり辞めて
しまうというのが、ほとんどだと感じます。

これは知っておいてほしいのですが、どこの
会社もそうですが、広告費は必ず必要です。

お金がない・・・

お金を使わずに集客したい・・・

という気持ちはわかるのですが、どこかで
踏ん切りをつけていかないと一生1億円を
上げるのはキツクなってくると思います。

というより、少し厳しい意見ですが、
すでに5年とか10年ほど経営されていて
1億円を売り上げることができてない場合は
今のままでは来年もできないと思います。

何かやり方を変えていかないと、上がるものでは
ないということ知っておいてほしいです。

これが理由で80%方は売上が上がらないと
いうことなんですよね。

本当にこれだけなんです。

最初はお金を失うのが怖いのは解かります。

でもテストで10万でも使ってみてもらい
電話が鳴るということを知って、そこから
判断するということが大事です。

あとは、とらえ方、次第なんですが
電話がなるのであれば、ここからは契約率を
あげていくということを大事にする。

もしくは電話が鳴っても契約が取れないから
もう集客を辞める。

という2パターンに分かれます。

後者の方は、結局、良い方法を永遠に
探すという道に進んでいきます。

前者の方は1億だけではなく3億行く方も
いらっしゃるというのが私が今まで見てきた
経験であります。

一度参考にしてみて頂ければと思います。

あくまで私の経験ではありますが、少しでも
参考にして頂ければ嬉しく思います。

さらに詳しくはメルマガで書いておりますので
よろしければ登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム工事業界の将来性

おはようございます。

河北です。

本当に1日がハイスピードで過ぎていきます(笑)

昨年の今頃に目標を作ったのですが
なんとか全てを達成できたので嬉しいです。

さてリフォーム工事業界の将来性に
ついて今日は書いてみたいと思います。

まぁどの業界もですが将来性と言われると
どうなのかな?

っと思いますが、ただ時代の変わり目だと
感じてはいますので、やり方次第では
良いのかなと思っております。

2ヶ月くらい前に、面白い記事があったのですが
電気やガスの自由化で大阪ガスが関西電力に
20万件の顧客を奪われたということが
書いてあったのです。

市場の数は、どちらにしても有限でありますので
新しいサービスや値引きで顧客を奪うということを
していくことができれば将来性はあるかと思います。

突き詰めて考えていくと顧客の数は無限ではないので
他社の顧客を奪うという考えをもっていないと
これからは伸びないのではないのかな?っと
私は考えてます。

携帯電話でもガス・電気でも何でもそうですが
顧客の奪い合いはスゴイと思います。

これをリフォームで考えても全く同じことで
ありまして自分が何もしなければ他社に奪われます。

でも何かをすることで他社から奪う立場になるのです。

奪うと書くと、少し言葉が悪いですが、お客様に
選んでもらえるように工夫するという考えですね。

このサービスを見つけた時は一気に行くのでは
ないのかな?

と思います。

すると将来性というのは私はあると思っております。

他社と同じサービスで同じ価格で行っていけば
将来性はないと言えるのかもしれないですね。

あくまで私の考えと経験で書いておりますので
少しでも参考にして頂ければと思います。

また私が実際に実践したりしている方法を
メルマガで書いておりますので、よろしければ
コチラから登録しておいてください。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->