「リフォーム営業 相見積もり」タグの記事一覧

リフォーム業者が廃業する理由

おはようございます。

河北です。

さて10月がスタートしましたね。

昨日の晩に売上報告が来たのですが
ふむふむ、予定通りの売上が上がり
良いことです。

やはりコツコツ行っていくのが一番
早道だと感じています。

必ず何かしろの結果でるから楽しいな
っと思います。

これが何も変わらないと、ちょっとキツイ
ですが、しっかりと変わっていくので
嬉しい限りです。

さて今日はリフォーム業者が廃業する
理由について書いていきます。

リフォーム業者に関わらずの話になりますが
廃業する理由って1つなんですが、利益出せない
からなんですよね。

借金まみれになったり、嫌になったりして

「もう、、辞めよ、、、、」っとなるのです。

何人も業種関わらず廃業や倒産する人に
お会いましてお話を聞くとですが、
いつも一発逆転を狙ってます。

例えば、

ありえないような集客方法を探したり・・・・

楽して儲かる仕事を探して聞きに言ったり・・・

何よりも共通しているのがコツコツやるのを
凄く嫌がる方が多いです。

実はコツコツやるのが一番近道なのに、
わざわざ遠回りするのです。

これ本当なんですよね。

業界紙などやTVなどで見かける会社もそうですが
創業当時は、どこも小さな会社です。

しかしコツコツ続けて積み上げた結果として
今では大きな会社になっているという事実を
理解すると良いと思います。

決して一発逆転などということを狙って
動いて大当たりしたなどという会社は
ほぼないと私は感じてます。

ですから、廃業していく会社は、とにかく
コツコツやらない会社が多いです。

あくまで私が知っている範囲ではありますが
多少でも参考になれば嬉しく思います。

であれば、とりあえずコツコツ集客を1つでも
実践していこうとお考えなら今だけの限定
企画ではありますが現在私が行っている
ネット集客法を無料で公開しておりますので
よろしればご覧下さい。こちらです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・競合他社の戦略を丸裸にする方法とは

・売上を伸ばす考え方とは

・私しか知らない、お客様の選び方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



リフォーム営業 相見積もり

おはようございます。

河北です。

昨日から3月が始まりました。

1月・2月にご依頼を頂いたお客様の
工事着工で大忙しの3月です。

前年の3月と比較してみたのですが
いやぁ増税の先食いを行ったので
昨年の3月の売上凄いなぁっと思います。

まぁ今年は100%達成できない数字です。(笑)

とはいえ、まぁそれなりに忙しく
採算が合わないほどの落ち込みはないので
問題ないかなっと思っております。

でも競合他社様との競争が激しくなって
きているなぁっとは感じます。

そこで相見積もりについて少し本日は
書いてみようと思います。

リフォーム会社の社長様などと話していると
相見積もりって皆、凄く嫌だぁ~っと
いう声をよく聞きます。

実は私は相見積もりって、あんまり
気にならないのですよね。

なぜなら自分がPC買ったり家電買ったり
する際に、私もネットで検索したりして
同じ商品であれば安い所から購入するので
別に気になりません。

よくあるのは、自分が何か商品を購入する際に
比較検討するのに対して、自分が比較検討
されると嫌だと言われる方です。

それはちょっと虫が良い話だなっと
私は感じるのですが・・・・

まだネットが、そこまで普及していなくて
リフォーム業者の情報も価格もそうなのですが、
調べようがなかった時代であれば
比較検討するには業者を呼ぶしか方法が
なかったのです。

しかし今では私達も利用しているネットで
検索すれば、全国各地の業者の情報が
ドンドンでてくるわけです。

そこで比較検討するので、相見積もりは
避けられないというのが私の考えです。

そして相見積もりをしてもらい
契約にならないのは提案しているものが
お客様にとって良い提案ではないのだと
私は感じます。

そして相見積もりで契約になるというのは
競合より勝っている部分があるのでしょうね。

であれば、ずっと努力して成長していくしか
方法はないので、今の自分のままで
今後もというのは、これまた虫のいい話です。

お客様が変わり、時代が変わり、競合も変わって
いるのであれば自分も変わらないと今後はキツイ
でしょうね。

まぁ、今まで業界がおかしかったのでしょうね。

と、書き出すと長くなっちゃいますので
今日は忙しいので、この辺で。

現在私が行っている集客方法を無料で公開
しておりますので、よろしければ御覧ください。

コチラからです。

リフォーム経営者1000人以上が購読している
儲かるリフォーム会社の経営メルマガはコチラから




このブログが少しでも、お役に立てば嬉しく
思います。

では、また明日更新します。

このページの先頭へ