「リフォーム会社が使う広告費」タグの記事一覧

リフォームの広告宣伝費について

おはようございます。

河北です。

ドンドン時間が過ぎていき、あと半月で
6月です。

6月が過ぎればお盆休みまで一気に準備
して、お盆休みが終わると、もう一気に
1年が終わるという感じです。

私の体感だとGWからお盆休みまでは実は
少しだけ時間が、ゆっくりと流れる感じが
しております。

しかしお盆休みが終わると、もう一気に
1年が終わってしまう感じです。

時間が、ゆっくり流れるといっても
休みがあるわけじゃないんで、、

あんまり意味ないですけどね、、、、

では今日はリフォームの広告宣伝費に
ついて書いてみたいと思います。

広告宣伝費を、なるべく使いたくないと
いう方って本当に多いんですよね。

そして確実に反響が取れるのであれば
使ってもいいという考え方の方も非常に
多いのも感じます。

気持ちは非常に解かりますし私も
そうだったんですよね。

でも、これも本質的に考えれば解かるの
ですが、やはり広告宣伝費は使わないと
お客様は来ないのですよね。

ですから、ここはつぎ込むべきとこだと
私は考えております。

ただ創業当時は誰もがお金などないので
なかなかつぎ込むことができないのです。

だから最初は小さくテストをするのが
普通ですし私も最初は小さくテストを
繰り返しておりました。

でも、これなら問題なくイケる!と
思った時点で投資をするということが
できるかどうかというのが分かれ道だと
私は思います。

単純に年間に2000万純利益が出たら
それを全部つぎ込んで翌年は4000万にする。

また4000万をつぎ込み6000万にする
という流れを作れるかどうかです。

これは、経営している社長の判断ですが
2000万で満足すれば、それはそれでよいと
思います。

ただ1つだけ落とし穴があるのが2000万で
満足すると翌年の投資を減らす、もしくは
同等くらいになるのです。

ビジネスって止まったら終わりだと
感じます。

初年度で1億上がったとしても翌年に
同じことだけやると浸透という意味では
多少上がるかもしれないですが大幅に
伸ばしていくことは難しいかもです。

その理由は競合がドンドン出てくるから
だということです。

それを含めて広告費について考えて
みると良いと思います。

うちは、ちなみに伸ばす方向で考えて
いるので毎年広告費は増えております。

その代わり売り上げはドンドン上がる
という感じになっております。

どちらを選ぶのかは、その人次第になります。

是非一度考えてみてください。

実際に、年商1億円や3億円で安定させる方法も
実はありますが、詳しくはメルマガで書いて
おりますので、よければ登録しておいてください。

もちろん無料です。

メルマガで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社が使う広告費

おはようございます。

河北です。

むむむむぅ~時間が凄く早く過ぎ去って
いきますね。

忙しく過ごすのも本当にありがたいですが
ちっとも遊びにも、ここ数年行ってないので
どこかに逃げ出したくなります・・・

まぁ自分で選んだ道なのですけどね(笑)

では本日はリフォーム会社が使う広告費に
ついて書いてみます。

売上に対しての広告費は結構気にしておりますが
大体私が知ってる感じですと売上の5%~8%
なのかなぁ~っと感じます。

これも利益を上げるために比率は変わるのですが
例えば来期売り上げを伸ばしたいと思えば
今期はトントンでもいいので広告費に投資して
行く場合ですと10%の会社もあるみたいです。

その代わり利益でないですけどね(笑)

リフォームだと粗利で25~35%という
感じで決まっているので仕方ないですよね。

これが粗利50%とかのビジネスであれば
さらに広告費を上げても関係なく利益が
でるという感じです。

うちもそうですが、投資する時は、やはり
7~9%くらいの広告費につぎ込んでいきます。

というか、単月で見ると、凄い赤字になるくらい
つぎ込む時もあります。

でもそれは理由があり来期に売り上げをあげたい
という理由があるので、仕方ないんですけどね。

そして利益を出しにかかる時は広告費を3%~4%に
設定していくということをしていきます。

すると、それだけで経常4%上がるわけなんで
そうやって調整していくということをしてます。
(書いちゃっていいんかな・・・)

ただその翌年は伸び率は凄く悪いです。

当り前ですが広告ケチっているので
そうなるよね・・・

ということです。

でも、面白い調査があり、ある会社にお願いすると
自分の会社の浸透率などを調査してくれるのです。

すると、もうこれ以上広告を掲載しても
皆知っているという場合があるんです。

こういったことも調査しながら広告へは
投資しているということがあるんです。

でも一般的にリフォーム会社で言うと
私の実体験で書くと、伸ばすなら7~10%

利益を出すなら3~5%で抑えるということを
すると良いのではないのかなと感じます。

あくまで私が経験した実体験でありますので
少しでも参考になってくれればうれしく思います。

さらに広告費に対する考え方や投資の仕方は
メルマガで書いてますので、よければ登録して
みて下さいね。

ブログでは、買きずらいような本音の部分を
書いています。

広告費のこと以外にも、メルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ