「リフォームの価格競争とは」タグの記事一覧

競合他社との差別化をリフォームでどうするか?

おはようございます。

河北です。

10月も下旬に差し掛かりましたが
最後の追い込みですので非常にバタバタ
しているという感じです。

なんとか達成できるといいなぁ~っと
思いながら毎日を過ごしてます(笑)

では今日は競合他社との差別化について
書いてみたいと思います。

差別化って難しく考えすぎると迷ってしまう
のですが、簡単だと思います。

リフォーム業界の事例で見ると迷ってしまうと
思うので他の事例を見ていくと解かりやすいので
書いてみます。

筋トレ・ダイエットのライザップって凄く有名だと
思います。

あの業界での差別化というと、どうすればいいのか?

ということです。

一番簡単な差別化は、サービスは全く同じで料金を
下げるだけです。

これでライザップは少し高いけど、もう少し安いなら
という感じで流行っている筋トレ・ダイエットジムって
凄く多いなぁっと見て感じます。

これも差別化ですよね。

それ以外だとゴールドジムというと、イメージ的に
もうガチのマッチョたちがいるというイメージですよね。

実際に見に行ったことありますが、ガチの方が多いです(笑)

以外に気にしていくと、どの業界でも差別化や
ターゲットって凄くされているんです。

でもターゲットを絞ったからといって決してお客様が
減るわけではなく逆に増えるのではないか?っと
私は感じているんですよね。

ターゲットを絞り、その層で圧倒的シェアを取る。

この方法が私は一番良いと思います。

これをリフォーム業界に置き換えるだけのこと
なんですよね。

価格なのか?デザインなのか?提案なのか?
考えればいくらでもあると私は思います。

実際に、うちも地域密着なら地域密着での
差別化を考えており実行していきます。

1つ公開してしまいますと取引先や会社で使用する場所は
全て地域のものだということです。

当たり前のことかもしれないですが地域密着で
やる以上、お客様は地域の方です。

であれば地域で有名にならないといけないのです。

うちは名古屋ですが、岐阜や三重で有名になっても
仕方ないということです。

表面的には価格とか、そういったことしか
見えないかもですが、会社の懇親会でも会社の車両でも
印刷物でも何でもそうですが同じ地域で営業している
会社様とお付き合いさせて頂いております。

これをすることで、その店に来る他のお客様なども
うちのことを知ることができるのですよね。

地域密着方法でやっているビジネスは必ずこういった
ことを気にして行っております。

すると、紹介なども増えるんですよね。

これを、もう10年近くやっているので地域では
それなりにお客様が付くようになったのです。

しかしHPやネットを見ると、ただ安売りの会社だと
判断されがちであるのですが、実は違っていて
その店、店によってやり方や方針を変えているのが
本当のとこです。

これが、地域での交流なくして自分だけ仕事が欲しいと
言っても、誰も信用しないですからね(笑)

こんな当たり前のことから、やっているというのが
多少でも差別化になっているのかもしれないですよ。

あくまで私のやり方ですので意見は様々だと思いますが
よければ参考にして下さいね。

差別化の方法など、本当にいくらでもありますよ。

さらに詳しくはメルマガで書いておりますので
よければ登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

それ以外にもメルマガで書いている
内容はコチラです。

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム利益率の向上について

おはようございます。

河北です。

1年で一番嫌いな6月が、やっと後数日で
終わりがきます(笑)

しかし閑散期って辛いなぁ、、、

では気を取り直して今日はリフォーム
利益率の向上について書いてみたいと思います。

利益率の向上って簡単というか、やり方は
いくらでもあるんですよね。

ほとんどの方が、自分の状況は変えようと
思わずに売価を上げようとするので上手く
いかないと私は考えております。

単純に売価を上げずに利益率を向上させる
ということを考えないといけないです。

私が行っていることと考えていることを
書いていきますと、まず1つは売価を上げるのは
ハッキリ言って無理なんですよね。

リフォームって販売代理店ですので
やはり価格決定権がないんですよね。

それに市場ではネットで安売りなども始まって
いるので、どうしても売価を上げていくのは
私は難しいと思います。

であれば1件当たりの利益率ではなく
経常利益率で考えていくように私は
行っていったんですよね。

例えば年商3億円で粗利30%あったとしても
経常利益1%ということであれば300万です。

競合の経常利益率を一度調べてみて下さい。

データバンクなどで取り寄せれば、すぐに
でますので、業界で有名な多店舗の会社など
一度調べてみてください。

本当の姿が解かるかと思います。

っと、話を戻しますと私が調べた感じだと
経常利益で3~5%くらいが平均なのかなと
感じておりました。

であれば社内を調整していき経常6~7%にすれば
他社より儲かるということになっていきます。

これって粗利を上げるのと同じことだと
私は思っております。

結果的に最後に残る利益が重要ですので
これが3億で1~5%より3億で6~7%を
狙うというように変更するということです。

私が着手したのは徹底的に無駄を省くという
ことです。

社員に任せっぱなしにしていくと、単純に
どうでもいいことや、今やならくてもいいこと
を時間かけて行っていたりすることが非常に
多いことに気が付きました。

例えばカタログを持っていくとかですね。

そういったことを徹底的に管理するように
して、うちではやってはダメなこと。

という感じで仕事を管理するようにして
いったのですよね。

今はグループ会社から外れておりますが
そのリフォーム会社では3~4億の売上で
社員4名 パート2名です。

他のリフォーム会社と比較頂ければ、どれだけ
効率化をしているのかということです。

今、私が行っているアズ社もそうですが
今期40億超えると思いますが社員数60名
くらいんですよね。

リフォーム会社で、うちと同じ規模の売上
だと120名とかいますからね。

私、そんなに沢山の社員に何をやらせて
いるんだろうなぁ、、、っと少し不思議で
ありますが、新しく入った社員に教える時でも
うちは最初から厳しいです。

少し厳しくすると、すぐ辞めちゃいます
けどね。

厳しいというか、とりあえず言われたことを
しっかりやってください。

というだけなんですけどね、、、

そうすると僕は、この会社で、そんなことを
やるために来たんじゃない!とか屁理屈言われたり
しますけどね(笑)

もちろん笑ってすませるなど甘い会社じゃないので
そんな自分のやりたいことは家でやれ!と
いうように教育してます。

良いか悪いかは解かりません。

ただ今のとこ、相変わらず仕事が少人数で
進んでいくのは確かです。

それ以外には面倒なことは基本は外注です。

社員でやると日にちや時間が沢山かかるもの。

やり直し作業が増えそうなもの。

そういった仕事は基本外注を使い修正も
全て何度でもやり直しさせていきます。

というように社内をスリム化するようにして
いったんですよね。

それだけで売価を上げることなく経常利益を
上げることができております。

ですから私は見直すのであれば社内を見直して
いくというのが大事だと考えております。

うちはもちろん仕入れも努力はしております。

色々と努力はしておりますが仕入れで10%も
20%も今から下げることは不可能であるので
そこではなく、社内を見直して経常を上げる。

という部分を見ていくと今のままでも
利益は上がると私は考えております。

あくまで私の考えではありますが参考に
なってくれれば嬉しく思います。

まだまだ利益を出すためのアイデアは
いくらでもありますが詳しくはメルマガで
書いておりますので、よければ登録して
おいてくださいね。

もちろん無料です。

メルマガで書いている他の内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームのドミナント戦略失敗?

おはようございます。

河北です。

さて本日はリフォームのドミナント戦略が
失敗するかどうか?ということについて
書いてみます。

ドミナント戦略って凄く良いと思います。

コンビニもそうですしね。

ただ、リフォームでのドミナント戦略は
結構難易度高いような気がします。

なぜならニーズの問題です。

1店舗構えて、最低でも2~3億売りたいと
考えるので、そう考えるとドミナントで
考えていくと、そこまでのニーズがないように
思えてきます。

というよりも業者数が多いので中々と
難しいような気もします。

でもドミナントって凄く良いやり方だとは
思いますので、私が行うのであれば
例えば、

1リフォーム専門店

2水回り専門店

3塗装専門店

4ガス専門店

などという感じでドミナントして
いくかと思います。

そうすると商圏が被ったとしても
お客様の入り口が変わりますので
ドミナント戦略でも問題ないような気がします。

ただ私も、やったことはないので
なんとも言えないですけどね。

ただやるとしたら、このような感じが私は
良いと感じております。

これであれば入口が変わるので新規の顧客が
集めやすくなります。

しかし同じリフォーム専門店でドミナントを
行うと、入り口が一つなので顧客集めというのが
凄く効率が悪いと私は感じます。

私なら、リフォーム店を出して、その近所に
水回り専門店みたいな感じで出していくという
戦略をとって、またリフォーム店を出して
その近所に水回り専門店を出す。

という形でテストしてなり立てば、こうやって
ドミナント戦略をしていくと思います。

入口が違うだけで顧客リストは共有すれば
いいですからね。

あくまで私の考え方ですが少しでも参考に
なってくれれば嬉しく思います。

これ以外にも、ちょっと公では言いにくい
ことなどメルマガで書いておりますので、
よければ登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

メルマガで書いている他の内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。
よろしければご覧ください。



このページの先頭へ