「リフォーム 職人 募集」タグの記事一覧

リフォーム業界の人材教育

おはようございます。

河北です。

2月に入っておりますが繁忙期がきたという
感じで大忙しですね。

ここから繁忙期が終わるまで頑張っていき
その後、一瞬休憩があり、又繁忙期がきて
今年も終了という感じなんでしょね。

毎年同じです(笑)

今日は少しリフォーム業界の人材育成に
ついて書いてみます。

この人材育成って本当に苦労しますよね。

うちもそうですが性格の問題のような気が
最近しております(笑)

だらしない奴は、ずっとだらしないので
治らんでしょうね。

とはいえ人材を入れていかないと、会社の
成長はありませんので、育成はしていかないと
仕方ないと思います。

うちも、本当に、こいつらはどうなってんだ?
って思う時もあります。

でも、少しだけ視点を変えて見るようにして
おりますが、やはり1つのことを徹底的に
教えていくしか方法はないと思います。

例えばユニットバスならユニットバスだけ

キッチンならキッチンだけというように
教えていかないと、どうにもならんような
気がします。

これを今日はユニットバス、明日はキッチン、
明後日はトイレなどと教えていくと
やはり難しいなっと思います。

そして、これって他の業界でも同じのような
気がしてます。

取引先でもそうですが、こんな大手企業が
よくこんなアホな奴、雇っているな・・・
っと思うことってないですか?

最近、本当に、そう思うことが多いのですが
そう考えると、どこの会社も同じだなっと
思ったのです。

ですから人材育成を行うよりも私は会社の仕組みを
変えていくことに変えてみました。

すると育成というか、とりあえず段々ましに
なってきたという感覚だと思います。

それが1年経過して2年経過して3年経過すると
ドンドン勝手に育つのかなっと考えております。

その仕組み化を手伝ってくれたのが、私が
行っている集客方法です。

その集客方法を今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧ください。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



リフォーム 新卒採用

おはようございます。

河北です。

本日はリフォーム業の新卒採用について
書いてみたいと思います。

あくまで私の考えになりますが、リフォーム業の
新卒採用って、どうなのだろうな?

っと私は少し微妙な意見派なのです。

今まで様々な会社様を見てきたのですが
例えば、この業種なら新卒採用いいなぁ~っと
思った業種があります。

それは求人媒体を扱うリクルートの代理店の
仕事であれば新卒を雇用したほうがいいなっと
感じました。

なぜなら媒体がリクルートが作っている媒体
リクナビ、はたらいく、とらばーゆ、などの
媒体に掲載する企業を見つけるだけだからです。

主に営業活動と言っても電話、訪問するだけですし
なにせ商品が決まっているからです。

求人に掲載したことがある社長様であれば
ご理解できると感じますが、

掲載して応募が来ないということが、当たり前の
媒体です。

であれば、どこの代理店に頼んでも一緒なんですよね。

であれば、求人する側の企業からすれば
あれこれ、寝言言うような営業マンではなく

要望に応じてくれるような新卒でも十分です。

うちは、ちょっとお付き合いがあるので
ある会社にお願いしてますが、

正直な感想としては、どこ頼んだって一緒です。

であれば、ちょっと付き合いのある会社で
意見聞いてくれる子であれば十分です。

どうせ何聞いても把握などしてないですし
どうやったら応募が来るか?

なんてデータ見せてくれても、その本人が
求人掲載したことないので
全くの無駄な打ち合わせになります。

(ちょっと厳しい意見かな)

という感じで、誰に頼んでも商品同じで
結果も変わらんという商品であれば

新卒雇用しても私は良いと思います。

そして、その中で営業するうちに
色々な気づきをえて、できる営業になったり

できない営業になったりするという感じです。

それにひきかえリフォームというと
本当に難しい商品です。

売る商品が決まったとしても既設の家の状態によって
工事内容が変わってしますので、

私は新卒では、少し難しいのかな?

っと感じる派です。

しかも、競争が激しくなった、今の時代で
もし私がお客さんであれば、

相見積もりが当たり前で新卒が来て話するのと
経験者が来て話したとして

価格が同じであれば、やはり経験者の会社を
選ぶかなっという意見だからです。

これが新築のハウスメーカーなどであれば
私は構わないと思います。

商品が決まってますからね。

という考えで私は、どちらかと言うと
中途採用で社会経験がある人を雇用していくという
タイプです。

まぁコレ以外にも理由は沢山あるのですが
まず1つの理由としてはコレですね。

あくまで私の考えですが少しでも参考に
なれば嬉しく思います。

リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから



リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

リフォーム 価格競争

では本日2回目のブログ更新していきます。

リフォームの価格競争について少し
書いていきます。

リフォーム業界以外でも価格競争というのは
起きているのが現状なのですが

リフォーム業界でも価格競争は起きてます。

そして価格競争からは逃げることは
できないというのが結論です。

そうは言っても価格競争ではなく、
他の部分で自分は勝負したいということを
おっしゃる方もいらっしゃいます。

でも、冷静に判断すれば解るのですが
メーカーさん(ユニットバス・キッチン)等

全てそうですが、価格競争に入ってますよね。

しかもネットを検索すれば解るのですが
全ては価格競争になっているわけです。

その中で自分だけは価格競争に巻き込まれたくない
ということは無理なんですよね。(笑)

うちはこの価格では、勝負できない。

利益率が合わない。

職人さんが安くやってくれない。

商品が安くならない。

全て自分の都合だということです。

では自分が消費者の立場になって考えると
自動販売機のジュースが2つ並んでいて

同じ水が売っていたとします。

1つは110円 もう1つは120円だとします。

どっちで買うか?ということです。

私なら110円で買います。

そうやって価格競争という市場に自分も
生きており、当たり前のように安い方で
購入しているのです。

ですから、自分が販売にする立場になった際に
自分は嫌だと言うのが通らんというわけです。

であればです。

利益率が合わないのであれば、どうすれば合うのか?

価格で競争できないのであれば競争できるにはどしたらいいのか?

職人さんが安くやってくれないのであれば、どのような
状況であれば安くやってくれるのか?

というように1つずつ潰していくのです。

1つずつ潰していけば、確実に価格競争が起きても
関係ないと言える強い会社にすることが
できると思います。

うちもスタートした時期に同じような問題に
あたりました。

価格でも職人さん単価でも何1つ勝つことが
できない状態だったのです。

そこで知恵を絞って行ったらできるように
たったの2ヶ月でなったのです。

知恵を絞るだけです。

価格競争がない市場などは世の中ないですからね。

では、また更新します。

このページの先頭へ