「リフォーム 経営理念」タグの記事一覧

リフォームの儲かるシステムとは

おはようございます。

河北です。

今日で1月も終わりですね。

あっという間に1か月が過ぎていき
今年も残り11カ月ですね。

年齢を重ねると月日が流れるのが
早いと聞いてましたが、信じれない
速度で歳を重ねます。

犬って、こんな感じなんかなぁ?

と、どうでもいいことを考えたり
しておりました(笑)

では今日は、よくご質問頂くリフォームで
儲かるシステムについて書いてみたいと
思います。

儲かるシステムと考えていくと一つだけ
うちが行っているのが誰でも簡単にアポが
取れたりするシステムを自社で作って
導入していることかなと思います。

これを見ると入社して1か月の子でも
すぐにアポイントや契約が取れていくという
仕組みになっているんです。

これをすると優秀な営業マンとかが、絶対に
必要ということがなくなるということです。

ですから通常の会社であれば高給を出して
経験者などを入れなくても新人で十分だと
いうことで、必要経費が抑えれると私は
考えております。

なぜこういった方法にするかと言いますと
本質的に、他社より高く販売するということは
やはり難しいんですよね。

であれば他社と同じくらいの価格、もしくは
他社より少し安い価格しか販売はできないです。

となると他社と同じような給料体系で経費を
かけていては差別化はできないということです。

であれば、どうすればいいのか?っと考えた
時に社内を変えて仕組みを変えていくしか
方法はないということになったのです。

では、それはどう変えるのか?っと思った際に
今まではなら、契約率が高い社員さんに依存して
いたので、それをなくして同じ契約率を
誰でもできるように変えることができないか?

っと突き詰めだしたのです。

そこで考えたのが自社での価格が入った
システムです。

実は実際に、このシステムを一緒にビジネスを
している方に使用してもらったんですよね。

すると契約率が一気に上がることになったと
喜んでおられました。

ほとんどは、うちだけで使うということで
作り上げてきたのですが、これは他社さんでも
かなり使えるということで導入させて頂いて
おります。

これだと経費が、かなり削減されるので
これをさらに突き詰めてシステムを組んでいくと
それこそ事務員さんだけでも契約ができるように
なると私は考えております。

こういったことは、うちを他社が見ても
絶対に解からないことでありますし
逆にうちもバレないので、内緒で使っている
ということです。

こういった工夫をすることで契約金額は
変わらないけど、利益が出る仕組みというのが
あるのかな?

っと私は思っております。

ちょっとシステムの内容は、さすがにブログでは
書けないので、メルマガで、登録してくれた
方には公開しております。

もし興味あればメルマガに登録しておいて
下さいね。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社の社長は何をしているの?

おはようございます。

河北です。

もう今年も終わりですね。

すでに正月休みに入っている方も
いらっしゃるとは思いますが、
私は、まだ、、、、、、、

という感じです(笑)

結局今年も、どれだけ休んだのか・・・

今は仕方ないと自分に言い聞かせてます。

少しだけ書くと、社長業やっていると
やはり、先は不安なんですよね。

競合が、どのような広告を行ってくるか?

また、どのように出店してくるのか?

また、どのように考えて活動しているのか?

ということは、全く解からないわけなんです。

でも、私が一番大事に思っていることは
他社も頑張って仕事をしているのであれば

それ以上、やらないと勝てないわけですし
他社も頑張っている以上は、今と変わらない
という結果になると考えてます。

例えば他社が週5日、朝9時から18時まで
働いているのであれば最低でも週5日

朝9時から18時までは働かないと
いけないと思っております。

でも今より勝ちたいと思っているのであれば
週6日働いて朝9時から夜20時までと
働かないとダメだと思ってます。

要は仕事に集中している量を増やさないと
私は勝てないと考えてます。

なぜなら、うちなど後発組ということも
ありますし、競合と比較しても全然小さな
存在であります。

それが週休2日で9時~18時であれば
もう絶対に勝てないと感じます。

ですから私は年間365日のうち、どのくらい
休むのかな・・・・・

月1回で12日間とかなんで、たまに
連休と考えても20日間くらい休むか
休まないか?というくらい働いております。

時間も結構長いです(笑)

そのくらい働くので、やはり色々な気づきも
ありますし、アイデアも出てきます。

それを実践しようとテストも積極的に
繰り返すようにしております。

こういった生活が、良いか悪いかは
解かりませんが、とりあえず最初の数年は
こういった生活で仕方ないのかな?

っとも思っております。

昔は、よく飲みに行ったりしたのですが
今では、年に数回ほどお付き合いで飲むくらいで
あとは、ほとんど帰って寝るだけの生活です(笑)

では具体的に、何をやっているのか?と言いますと
これからどのようにしていこうか?

来期は、どのような売り上げをあげようか?

そのためには、どれだけ人材が必要か?

そのための予算は?

そのためには、何が足りなくて何をするのか?

それは他社のマネではないのか?

などですね。

このようなことを、ずっと考えたり、必要な
ものを手に入れたり、打ち合わせをしたりと
なんだかんだと結構忙しいんですよね。

私規模の社長であれば、こんな感じなんでは
ないのかなぁ?っと思っております。

あくまで私の経験と実体験ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

それ以外にも、私が経験したことをメルマガで
書いておりますので、よければ登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社が使う広告費

おはようございます。

河北です。

むむむむぅ~時間が凄く早く過ぎ去って
いきますね。

忙しく過ごすのも本当にありがたいですが
ちっとも遊びにも、ここ数年行ってないので
どこかに逃げ出したくなります・・・

まぁ自分で選んだ道なのですけどね(笑)

では本日はリフォーム会社が使う広告費に
ついて書いてみます。

売上に対しての広告費は結構気にしておりますが
大体私が知ってる感じですと売上の5%~8%
なのかなぁ~っと感じます。

これも利益を上げるために比率は変わるのですが
例えば来期売り上げを伸ばしたいと思えば
今期はトントンでもいいので広告費に投資して
行く場合ですと10%の会社もあるみたいです。

その代わり利益でないですけどね(笑)

リフォームだと粗利で25~35%という
感じで決まっているので仕方ないですよね。

これが粗利50%とかのビジネスであれば
さらに広告費を上げても関係なく利益が
でるという感じです。

うちもそうですが、投資する時は、やはり
7~9%くらいの広告費につぎ込んでいきます。

というか、単月で見ると、凄い赤字になるくらい
つぎ込む時もあります。

でもそれは理由があり来期に売り上げをあげたい
という理由があるので、仕方ないんですけどね。

そして利益を出しにかかる時は広告費を3%~4%に
設定していくということをしていきます。

すると、それだけで経常4%上がるわけなんで
そうやって調整していくということをしてます。
(書いちゃっていいんかな・・・)

ただその翌年は伸び率は凄く悪いです。

当り前ですが広告ケチっているので
そうなるよね・・・

ということです。

でも、面白い調査があり、ある会社にお願いすると
自分の会社の浸透率などを調査してくれるのです。

すると、もうこれ以上広告を掲載しても
皆知っているという場合があるんです。

こういったことも調査しながら広告へは
投資しているということがあるんです。

でも一般的にリフォーム会社で言うと
私の実体験で書くと、伸ばすなら7~10%

利益を出すなら3~5%で抑えるということを
すると良いのではないのかなと感じます。

あくまで私が経験した実体験でありますので
少しでも参考になってくれればうれしく思います。

さらに広告費に対する考え方や投資の仕方は
メルマガで書いてますので、よければ登録して
みて下さいね。

ブログでは、買きずらいような本音の部分を
書いています。

広告費のこと以外にも、メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム家電量販店に勝てるか?

おはようございます。

河北です。

さて相変わらず忙しい日々を過ごして
おりますが、ありがたい反面・・・

少し休みたくなってきたような・・・・

という感じです。

さて今日は、リフォームは家電量販店に
勝てるのか?ということについて
書いてみます。

私の予想ですと、勝てるとは思います。

ただ、大半の業者は仕事を奪われていくと
思いますけどね。

簡単ですが、価格勝負で行くと負けるかと
思います。

それに信用という部分でも、負けるのでは
ないのかな?

っとも感じてます。

であれば、どこに勝機を見つけるか?っと
考えていくと、提案という部分で勝つように
していくのが良いと私は思います。

例えば家電量販店と相見積もりになると
解かりますが、少しやっかいな工事になると
急激に単価が上がります。

そういったお客様を最初から集客していく
ということに特化していくと相見積もりに
なっても、家電量販と比較されても
凄く安価に見えるということが起きます。

簡単なんですが家電量販が強い部分には
いかないということです。

弱い部分に対して相見積もりになるように
仕掛けていくのが非常に良いと私は
思っております。

すると面白いように契約が取れるという
ことを知っていただきたいなと思います。

真正面から家電量販と相見積もりになると
たぶん負けます。

価格でも信用でも負けると思います。

ですから、家電量販が弱くて自分たちが
強い商品で勝負が良いと思います。

うちは、そうやって家電量販と相見積もりに
なるようにしております。

すると面白いように契約率が上がりますよ。

あくまで私の経験ではありますが少しでも
参考になってくれれば嬉しく思います。

さらに具体的に、どうやって相見積もりを
取るようにしているか?

ということはメルマガで詳しく書いてますので
登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム工事業界の将来性

おはようございます。

河北です。

本当に1日がハイスピードで過ぎていきます(笑)

昨年の今頃に目標を作ったのですが
なんとか全てを達成できたので嬉しいです。

さてリフォーム工事業界の将来性に
ついて今日は書いてみたいと思います。

まぁどの業界もですが将来性と言われると
どうなのかな?

っと思いますが、ただ時代の変わり目だと
感じてはいますので、やり方次第では
良いのかなと思っております。

2ヶ月くらい前に、面白い記事があったのですが
電気やガスの自由化で大阪ガスが関西電力に
20万件の顧客を奪われたということが
書いてあったのです。

市場の数は、どちらにしても有限でありますので
新しいサービスや値引きで顧客を奪うということを
していくことができれば将来性はあるかと思います。

突き詰めて考えていくと顧客の数は無限ではないので
他社の顧客を奪うという考えをもっていないと
これからは伸びないのではないのかな?っと
私は考えてます。

携帯電話でもガス・電気でも何でもそうですが
顧客の奪い合いはスゴイと思います。

これをリフォームで考えても全く同じことで
ありまして自分が何もしなければ他社に奪われます。

でも何かをすることで他社から奪う立場になるのです。

奪うと書くと、少し言葉が悪いですが、お客様に
選んでもらえるように工夫するという考えですね。

このサービスを見つけた時は一気に行くのでは
ないのかな?

と思います。

すると将来性というのは私はあると思っております。

他社と同じサービスで同じ価格で行っていけば
将来性はないと言えるのかもしれないですね。

あくまで私の考えと経験で書いておりますので
少しでも参考にして頂ければと思います。

また私が実際に実践したりしている方法を
メルマガで書いておりますので、よろしければ
コチラから登録しておいてください。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->