「リフォーム 新規参入」タグの記事一覧

来年のリフォーム業界は

おはようございます。

河北です。

今日で今年も終わりですね。

なんだかんだ言って、あっという間の1年
だった気がします。

今期始まって、まだ2か月なのですが
どうにか、昨年を上回って今年を
終えることができました。

本当にありがたいことです。

今年最後のブログになりますので
私なりに来年のリフォーム業界について
今後どうなっていくのか?

ということについて書いて
みようと思います。

来年も競争激しくなるのだろうなぁっとは
正直思っております。

このリフォームという市場は、凄く大きな
市場でもありますので色々な会社が参入して
くる業界であります。

その中には資金的にも豊富で一気に市場を
かっさらっていく会社も多々あります。

実際にリフォーム新聞でも見てますと
売り上げ規模とか掲載されてますが

上位の会社って伸びているのですが
その変わり、それ以下の会社って売上が
下がっている会社も多いのですよね。

見ていて感じるのが、売上上位の会社が
仕事を奪っているように見えるんですよね。

2025年からドンドン人口減少が始まると
いうことがデータとしてでているので
限られている市場が、さらに小さくなるという
ことは、もう確実なんですよね。

そうすると、それまでに、会社として
組織を作りあげておかないと、その後は
何をどうやっても間に合わなくなるのだろうな
と私は危機感をもって、いつも考えてます。

実際に今までは目の当たりにしなかったですが
私の知り合いの中でも倒産や廃業というのが
すごく目につくようになってきました。

ですから、何か自分たちで新しい何かを
行動していかないとダメだと感じます。

しかも情報社会の中で、価格競争が止まりません。

ですから価格競争というのからも逃れられない
という事実もあります。

これは市場としては、かなり私的には
面白い市場だと考えてます。

もう変化をしないといけない業界だと
考えております。

ですから来年も、うちとしては、新しい企画を
考えてスタートをしていこうと思ってます。

それも他社ではマネができにくい仕組みを
使い変えていこうと考えてます。

そうすることで、また新しい何かが起きると
思っております。

このブログを読んでくれている方も、来年に
何か新しいことを行動するということを考えて
みてください。

そうすることで必ず何かが変化すると
思います。

価格競争からは逃げれずに競合はドンドン増え
大きなとこはドンドン大きくなり小さなとこは
仕事を奪われる。

競争社会では、当たり前のことで、あるのかも
しれないですが、こんな市場だからこそ
考えるということは重要なのかもしれないですね。

では、来年も私は厳しい1年になるとは思います。

ですから、今から、また何かアイデアがでないか
考えてみたいと思います。

それでは、今年1年ブログ読んで頂き
ありがとうございました。

良い年をお迎えください。

来年早々にでも新しい企画をスタートさせて
いきますが基本的に公には公開しないです。

メルマガのみで公開しておりますので
いち早く新しい情報が欲しい、新しいことを
やっていきたい、などと思われていれば、
メルマガに登録しておいてください。

コチラです。



何か一緒にビジネスができれば嬉しいですね。

リフォーム業で起業

おはようございます。

河北です。

いやぁ~早いですね。

今年も、あと3ヶ月ちょいという
とこまで来ちゃいましたね。

これから年末まで目が回るくらいの
忙しさになると思うので、非常に楽しみです。

今年前半に随分仕込みを行ってきたので
来月からが非常に楽しみであります。

では今日はリフォーム業で起業するのに
大事なことは何か?

ということについて書いてみます。

起業するのに大事なことは、まずは
どうやって仕事を受注していくのか?

ということです。

例えば下請けで起業するのか?

もしくは元請けで起業するのか?

ということ。

このブログを読んでいるということは
元請けで起業されると思いますが、

最初に行うことは、まずは会社の方向性など
そういったことが重要だと思います。

例えば水回りリフォームで地域1番になるとか
外壁塗装リフォームで地域最安値を目指すとか

なんだっていいので方向性を決めるのが
大事だと私は思います。

これは私の経験ですが方向性を決めずに
私も起業したのですが、やはり途中で変更を行うと
社内に歪みがでてくるんですよね。

ですから、これから起業するなら方向性だけは
しっかりとしていくのが良いと思います。

すると、考え方も変わってくるんですが
やると解りますが、例えば儲けたいから起業
するという気持ちで行うと、

どうやって利益を取ろうか?

どうやって少しでも多く儲けることができるのか?

もっと儲けるにはどうしたらいいのか?

価格に文句言わない、お客様だけが欲しい・・・

という思考回路になっていきます。

しかし、これが地域一番店になるにはどうしたら?

という考え方にすると思考回路が変わります。

地域1番になるには、地域の方に知ってもらわないと
いけないけど、何をすれば良いのか?

地域1番にするには、地域のお客様には
どのような価格帯にすれば地域で広まるのか?

とかですね。

このように思考回路が変わってきますので
まず、儲けるということを私は外すと良いと思います。

なぜなら地域一番になるには、持続可能な会社に
しないといけないので利益を出さないといけない。

ということも必ず突き詰めて考えるとでてきます。

個人的な私利私欲の儲けたいという気持ちではなく
地域一番になり結果的に儲かったというのが
私は良いと考えております。

これに気がつくまで私も、数十年の時間を
使いましたが、このように方向性を定めるように
なってからは、一気に売上があがりましたので
この方向性を先に決めるというのは私は大事かと
考えております。

あくまで私の考えではありますが少しでも
参考になってくれれば嬉しく思います。

集客について詳しくはメルマガで書いてますので
よければ登録しておいて下さい。

メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・毎年何を一体行っているのか?その具体的な
内容を公開

・競合他社と差別化して圧倒的に自社を選ばせる方法とは

・競合他社が契約している価格の調査方法とは

・リフォームで他社との競争に勝つ方法とは

・うちが秘密で行っている差別化とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社の看板に何を入れるか

おはようございます。

河北です。

あと1ヶ月ちょっとでお盆ですね。

お盆が終わると、もう繁忙期が始まりますので
終わると1年が終わったという感じがします。

ですから7月に入ると段々焦ってきます(笑)

でも、今年の仕込みは2つであったのですが
なんとかギリギリ間に合いそうな感じです。

まっだまだやることが沢山あるのが
非常に救いです。

これで何をやっていいのか?

っとなると先行きが怖いですからね。

さて今日はリフォーム会社の看板には
何を書いたら良いのか?

ということを書いてみます。

これも、色々と悩むと思いますが、あれこれ
細かく書かなくても、何をやっている会社か?

ということがわかれば良いと思います。

うちはリフォーム屋ですよ。

ということが解る看板にしております。

でも実際に看板つけただけでも近所の人が
来店してきますので、看板には何をやっている
会社なのか?

ということだけが解れば私は良いのではと
思っております。

看板がないのは、ちょっと厳しいと
思います。

チラシやネット広告を見て実際に店舗に
来客される、お客様もいらっしゃいますからね。

あくまで私が行った経験ではありますが
少しでも参考になって頂ければ嬉しく思います。

それ以外にも気がついたことや、少しブログでは
書けないような内容はメルマガで書いております。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームのターゲット層

おはようございます。

河北です。

6月も半分が終わりましたね。

結局のとこ、全く休みなしで
働いている感じです。

毎年のことですので・・・

もう慣れてきましたけどね・・・

さて今日はリフォームのターゲット層に
ついて書いてみたいと思います。

仕事柄、色々な方とお会いしてお話を
聞くのですが、かなり共通していることが
あるので書いてみます。

例えば、リフォームのターゲット層を
考える時に、他社が、こういった高級層を
狙っているので自分も技術では負けないので
そこを狙うというように考えている方です。

確かに、リフォームって結局は外注を使うので
ハウスメーカーの下請けやっている職人さんと
取引していれば技術は同じ。

ということが言えるのです。

ただ、これもお客様の立場からしたら
解るのですが、それはそうかもしれないですが

大きな会社は会社として責任をとってくれる
でしょ?

ということです。

私もそうですが、何か依頼する時に、そういった
ことってよくあるのです。

中古車でもそうですよね。

オークションで仕入れているのは皆さん
同じなんですよね。

でも、その後のフォローというか信用の差が
ターゲット層ということなんです。

そこを自分自身で冷静になって自分の会社を
客観的に見てほしいのです。

面白いもので、自分に合うお客様がピタッっと
ハマった時に一気に売上というのは上がってきます。

でも層がズレていると全然起動に乗らないという
感じになっていきますからね。

あくまで私の考えではありますが、参考になって
くれれば嬉しく思います。

ターゲット層の絞り方などの詳しいことについては
コチラのメルマガでリアルタイムで気がついたことを
書いております。

よれければ登録しておいて下さい。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・認知度を上げるために必要なことは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければ今すぐ登録してください。

いつでも解除できますし、もちろん無料です。



リフォーム業者の参入障壁

おはようございます。

河北です。

う~ん、あっという間に1日が終わります。

早く準備しないと、早く準備しないと
っと気ばかりが焦ってきますが

時間が解決するということもあるので
仕方ないことなんですけどね。

さて本日はリフォーム業者の参入障壁に
ついて書いてみます。

リフォーム業への参入障壁って実は凄く
低いんですよね。

まぁ言ってみれば誰でも明日からリフォーム屋
だといえばリフォーム屋ですからね(笑)

そしてリフォームって市場も大きいので
ドンドン参入してくる人が多いです。

それにこの業界って他の業界から見ると
レベル低いんだと私は感じてます。

職人のマナーとかもですし営業マンも
そうだと思います。

だからこそクレーム産業と呼ばれて
いるのだと思います。

だから不動産業やら金融関係など、リフォーム
業界には様々な方が参入してきます。

ただ仕事が受注できるかどうかは別として
参入障壁はかなり低いです。

そして面白いのが家電店などが参入してくると
一気に仕事をかっさらっていくのが
もう証拠として出てますよね。

リフォーム業者のレベル低いから大手にドンドン
かっさらわれていきます。

でも私、それで良いと感じているのです。

なぜならドンドン他社が参入することで
業者や職人のレベルが上がって来ればっと
やはり思います。

そうしないと業界自体が良くならないとは
本当に感じております。

それだけ参入障壁は低い業界です。

だからこそ、自分たちがレベルアップすれば
参入障壁は高くなります。

リフォーム業界はレベル高いから辞めて
おくかぁ~と他業種がそうなると良いなと
思っております。

あくまで私の考えですが少しでも参考になれば
嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が予想する2017年の最新集客法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
5年前から購読しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->