「リフォーム 市場規模」タグの記事一覧

リフォームは元請けだけが儲かる

おはようございます。

河北です。

6月もドンドン日にちが過ぎて
いきますね。

では本日は、リフォームは元請けだけが
儲かるのか?

ということについて書いてみます。

私の経験ですと、そうでもない気が
しますけどね。

元請けだから儲かるという訳でもない
気がします。

よく相談頂くのが、元請けは自分たち
以上の金額で契約しているからと
言われるのですが、

まぁその分、広告費とか人件費とか
そういった経費が必要になりますからね。

ですから請負金額だけ見ると、そう見える
かもしれないですが、まぁ中々そうは
いかないと思います(笑)

元請けやると解かりますが、リフォームの
クレームって、ほとんどが下請けの職人の
ミスなんですよね。

対応が悪い、汚い恰好で家に入った
朝時間通りにこない、タバコ吸っていた
などです。

書き出すとキリないですが、私も今は
リフォーム現場行ってないので解かりませんが
クレームのほとんどは職人のミスです。

ミスというか、ほんのちょっとのこと
面倒くさがって手抜きするので、それが
大ごとになったり、やり直しさせているうちに
お客様との信用をなくしていきクレームになり
最後に集金の時に全額もらえない。

みたいな感じですね(笑)

このブログ読んでいる元請けの方なら
経験あるかと思います。

ですから、元請けだけが儲かるというのは
少し間違いかもしれないです。

ただ、やりがいを考えると、やはり元請けで
やっていなかないと面白くはないと思います。

ただ目的が金であれば、下請けで
ガムシャラに仕事をこなすのも良いとは
私は思います。

大手の下で下請けやって儲けた社長様も
いらっしゃいますからね。

私は、ちょっと向いてない感じでしたが
それはそれで人それぞれの価値観ですので
良いと私は思います。

もしよければ私の考えではありますが
参考にして頂ければと思います。

どうせなら元請けでやっていきたい!と
お考えであれえばメルマガで集客から
アポ取りなど元請けに必要なノウハウを
書いておりますので、よければ登録しておいて下さい。

もちろん無料です。

メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リホーム事業の将来性はどうか?

おはようございます。

河北です。

さて5月も終わりになります。

1年の中で5~7月って一番暇は
暇なんですよね。

実際の直営店舗は今が暇で来期の
準備している部署が今がピークの
忙しさという感じです。

今から、お盆明けが非常に楽しみで
仕方ありません。

さて本日はリフォーム事業の将来性に
ついて書いてみたいと思います。

リフォームの市場って3兆とか4兆とか
言われておりますね。

ですから家電量販や不動産屋など色々な
会社が参入してきております。

このような大手が参入してくるということは
凄く魅力のある市場なんだと客観的に
見ても感じます。

では市場には魅力があるけども我々のような
小さな会社でも要は得することがあるのか?

ということです。

私は、やり方次第では3億や5億円くらいの
リフォーム会社は簡単に作れると思ってます。

リフォームって1億・3億・5億という壁が
あると言われてますが、これを超えていく
ような会社が少ないんですよね。

ですから1億円や3億円程度で満足という
感じであれば私はかなり可能性は高いと
思っております。

これが10億~20億となると私はリフォーム
単体では、やったことがないので、お伝え
することはできないですけどね。

ただ市場が大きいのでチャンスはあると
思います。

差別化や投資は必要ですけどね。

目指すべきとこが1億~5億円程度であれば
楽勝にいける市場だと私は思ってます。

まずは、そこまで伸ばしてどうするか?

ということを考えていくのが良いのかも
しれないですね。

もし年商1億~5億円を目指すのであれば
具体的な方法をメルマガで無料で公開して
おりますので、登録しておいてください。

メルマガで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



大手がリフォーム会社を始めてくる

おはようございます。

河北です。

今年は、すごく競争激しくなる予感が
しております。

その理由は大手がリフォームに本格参入して
くるからです。

今までは大手で新築を建てた顧客だけを
ターゲットにしてきていたと思うのですが
それだけでは、当然ですが市場が限られます。

新築そっくりさんのように、チラシなどで
幅広く受注しにくるんじゃないのか?

っと私は思っているんですよね。

その証拠ではないですが、こちらなんですが

大手のリフォーム会社が登録している
リフォームの見積もりサイトになります。

これから、どのように展開していくのか
楽しみでありますが、今まであればリフォームを
大手に依頼すると高い!

というのが、当たり前ではあったのですが
もし、それが市場に合わせたような価格まで
下げてきたらどうなるか?

ということです。

もし私がお客さんなら同じ価格なら地元の業者に
依頼せずに、間違いなく大手に依頼します。

なぜなら信用力・安心度・保証など全ての面に
おいて表面上で見ると大手の方が圧倒的に有利だと
私は思っております。

しかし、そう言っていると地元の業者は
勝てなくなりますので何か差別化などを
明確にしていき、大手よりも地元の業者という
何かを表面上で明確にしないといけないです。

では、それは何か?

ということです。

それを見つけた会社だけが、今後は生き残る
ことができるのではないのか?

っと思っております。

これは個々に考え方が違いますので何とも
言えない部分ではありますが、私が考えるのは
先日ブログにも書いた水周り専門店など
凄く良い差別化だと思います。

ただ、利益を残すやり方が重要だとは思いますが
そこさえクリアできれば専門特化は、凄く良い
差別化になると思います。

うちも専門特化したもので一気に伸びてますからね。

あくまで私の考え方ではありますが少しでも参考に
なってくれれば嬉しく思います。

ブログ以外にもメルマガを発行しております。

ブログでは、少し書けない秘匿性高い情報など
読者限定で書いておりますので、よければ
登録しておいてください。

メルマガで書いている内容は

メルマガで書いている他の内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



零細リフォーム会社の今後

おはようございます。

河北です。

本日で2月も終わりです。

今日の報告が非常に楽しみであります。

まず四半期の1期目が終わります。

予定通り上がっているとは思いますが
報告が非常に楽しみであります。

では今日は零細リフォーム会社の今後に
ついて書いていきたいと思います。

零細って、まぁうちも零細なんですけどね(笑)

私が思うにですが生き残れないというわけでも
ないと思います。

ただ、そこから大きくしていく過程で
キツクなるとは思いますが、小さければ
小さいなりの良い部分はあると私は思います。

例えば、小さければ社長が営業に行ったり
するわけであり、お客様と直接触れ合うことが
できますので、その位置で一生経営ということで
あれば、全く問題ないと思います。

ただ一番厳しいのは中途半端な規模の
とこが一番厳しくなると私は思います。

その理由と言うのは、ある程度の規模まで
いけば、同じ値段であれば大きな会社に
依頼したほうが安心。

というお客様の層を拾っていけるので
全然問題はないです。

また超地域密着で小さくやっていれば
仮に価格が多少高くても大手では、できない
サービスを提供できるのであれば、それは
それでそういった層のお客様もいるのは
いるのです。

数少ないので、小さくやらないといけない
ですけどね。

ただ規模的に中途半端に社員さんを抱えて
いるとなると、価格競争には巻き込まれるし
経費はかかるし、あんまり価格を下げれないし
みたいな会社が一番キツイと私は感じてます。

すごく小さくやれば経費も、かからないし
とにかく小さいのにこしたことはないです。

その代わり仕事を受注するのが難易度高い
という感じですね。

このように二極化されていくのではないか?

っというように私は予想しております。

実際に、リフォーム業界関わらず、他の業界でも
このようなことが起きていくのではないか?

というように感じてます。

理由は、これから起きる人口減少問題と
格差の問題です。

リフォーム事態が、そもそも不要なもので
ありますので、できるだけ安く良い仕事を
終わらせていきたいという消費者の価値観が
変われば別だと思いますが、まず変わらないと
思っております。

ですから、この価値観の問題で、私は
残るのは大手か超零細的な会社かなと思ってます。

中途半端なとこは結局小さくなり超零細に
なっていくのではないか?

っと予想しております。

どちらを選ぶのか?

ということで今後が変わると思いますが
私は大きくする方を選んだので皆には
そんなに急いでやらなくても・・・

っと言われながらも、急ピッチに成長を
させていこうと思っております。

あくまで私の考えですので、少しだけでも
あなたの参考になれば嬉しいです。

もっともっと具体的に、これから私がやってくことや
現在進行形で進めていることなどはメルマガのみで
公開しておりますので、よければ登録して下さいね。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム業界は景気悪化するか

る必要も
ないわけであり、倍以上売っても社内に歪も
クソもないわけなんですよね。

できれば3倍4倍と売っていきたいとこだと
私は思います。

ではリフォーム業界は、なぜ一気に伸ばすと
いけないのか?

ということですが、人が営業をして人が施工する
そして景気不景気に、かなり左右されるからだと
私は思っております。

この仕事が景気に左右される理由は一つです。

別にしても、しなくても、どっちもでいいから
だと私は思っております。

これって中古車なども同じです。

私、先日、ちょうど車を買い替えようかなっと
思っていたのですが、まぁどっちでもいいと言えば
どっちでもいいんです。

買い替える理由は、もうすぐ車検というのと
もうすでに10年落ちになったからです(笑)

私、ほとんど車乗らないので、ほとんど車庫に
入れっぱなしの状態ではあるので、次は、もう
小さい車にしよ~っと思っております。

でも買い替えなくて良いといえば良いのです。

これとリフォームって、よく似ていると
私は思います。

では不景気になればどうか?っとなれば
10年落ちだけど、まだ乗ろうと思えば乗れるから
もうあと10年乗るかぁ?とかね(笑)

これにリフォームって近いんじゃないのかなと
思います。

ですから、では景気に左右されないように
受注していくには、どうすればいいのか?

ということです。

これも簡単ではあるのですが、やりたくないけど
やらないと仕方ないという商品に着手するだけです。

しかし、その業界は競争は激しいですけどね。

ちょっと今日は予定があるので、この辺で終わりますが
一度考えてみてください。

景気関係ないビジネスというのは1つは持っていると
凄く良いと思います。

また私が着手している景気関係ないビジネスなどの
詳細はメルマガで書いておりますので、よければ
登録しておいてくださいね。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

TV取材を無料で受ける方法とは?

景気不景気が関係ないビジネスとは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ