「ネットによるリフォーム受注」タグの記事一覧

インターネットで集客 住宅リフォーム

おはようございます。

アズクリエイティブ河北です。

今日で3月も終わり、早いですね。

今日はインターネットで住宅リフォーム業の
集客について書いてみます。

もう何度も書いてますが、これからインター
ネットを使って集客を行わないと未来は
ないと思います。

それだけネット社会になってきます。

その理由として、あなたはネットを
使わない日ってありますか?

ということです。

スマホなりPCなりタブレッドなり何かで
必ず使っているとは思います。

そしてネットのおかげで凄く便利な社会に
なってきているのは事実なんです。

そして、このネットのおかげで比較検討も
しやすくなってますし、何か解からないことが
あればネットで調べたりするという時代です。

ですから、この媒体を使わないというのは
命取りだと私は感じております。

これがネットがない時代であれば話は
別だということです。

昔は情報誌といえば新聞だったはずです。

ですから新聞をとるのは日本の常識だった
ということです。

ですから新聞に折込チラシを入れていく
というのが、それはそれで当たり前の時代でも
ありました。

でも今は新聞購読が減ってきている
という時代です。

それなのに新聞折込に拘る必要もないのかな
っと思うのです。

私の親世代でもスマホ使う世代に変わって
きているので、これからはネットを使って
いくのが確実に主流になっていくかと考えてます。

うちが今年行っているのも、やはりネットを
使った、ある方法です。

あんまり公にブログでは書きたくないので
メルマガでは書くようにしております。

よろしければ登録しておいてください。

メルマガでで書いている内容は

メルマガで書いている他の内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。
よろしければご覧ください。



リフォーム会社の生き残りはどうなる?

おはようございます。

河北です。

もう1月も数日で終わりですね。

あまりに忙しく昨年から増員増員を
行ってきたのですが、あっという間に
沢山の社員さんが、うちで勤務してくれ
本当に嬉しく思います。

まだお会いしたことない社員さんも
いるので、本当は全員と顔を会わせて色々と
お話したいのですけどね。

私も暇そうに見えて結構忙しいので
上手く予定を合わすことができず困ってます。

繁忙期が終わったら全社員さん集まり
食事したりお酒呑んだりしたいなっと
思っております。

さて本日はリフォーム会社が生き残るには
どうしたら良いのか?ということについて
書いてみます。

もう簡単ですが、昨年と同じことを今年も行って
いたり、来年も今と同じことを行っていては
無理だと思います。

なぜなら時代って常に変わっていきますからね。

これって昔を振り返れば、よく分かるのですが
例えばチラシ反響のリフォーム会社が
次から次へと活動してました。

でも、永遠には続かないです。

ほとんどの会社が廃業か店舗縮小して
今は、あんまり見なくなりましたね。

でも未だにチラシを配布して業績を伸ばして
いる会社ってあるのですよね。

一体何が違うのか?ということを分析すると
わかるのですが常に進化しております。

一体何が進化しているのかということを
考えて見て下さい。

すると面白いことを発見することができます。

そうやって毎年進化を遂げていくことを
していけば生き残ることなど問題ないと
私は信じております。

あくまで私の考え方ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が実践している最新集客法とは
などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

またメルマガ読者さんのみ限定での集客セミナーも
行ったりしますので、登録しておいて下さい。

メルマガ以外でセミナーを告知することは
ありませんので直接集客について質問したい
などありましたら登録しておいて下さい。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が読んでいる
5年前から書いているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム1月2月暇になる?

おはようございます。

河北です。

さて残り数日で1月も終わりです。

どうもこのまま、忙しく1月が終わり
2月も非常に忙しくなりそうな予感です。

では本日も張り切ってブログ更新して
いきます。

今日はリフォームって1月2月は暇になる?
ということについて書いてみます。

私の経験ですが12月は残工事を終わらす
ためだけにバタバタする感じであり
1月は反響が多くて契約契約という感じです。

今年もそんな感じです。

というか毎年です。

ですから、そんなに暇という印象はない
ですが、やはり5~7月は暇だなっという感じです。

では1月~2月に暇な場合は、どうすれば?

ということですが、これって広告を止めたり
しなければ、実際のとこは関係なく電話なります。

よく忙しいから広告を止めたり
することがあります。

暇になったから広告を掲載して忙しくしたい。

という考えは解るのですが、これも業者側の
勝手な都合なんですよね。

お客様の目線からすると、常に目にするような
業者の方が安心だということです。

全てはお客様の目線から考えて広告の掲載から
全てを行わないといけないということだと
私は思っております。

そして、それでも採算を合わせるように
会社を経営するということが大事かと
考えております。

そうやって行動していくことで1月2月が
暇になるということは、うちではないです。

大体1月から4月末までは大忙しというのが
私の感覚だと普通だなっと思っております。

あくまで私の体験と考え方ではありますが
少しでも参考になれば嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が実践している最新集客法とは
などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

またメルマガ読者さんのみ限定での集客セミナーも
行ったりしますので、登録しておいて下さい。

メルマガ以外でセミナーを告知することは
ありませんので直接集客について質問したい
などありましたら登録しておいて下さい。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が読んでいる
5年前から書いているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ