「ネット リフォーム集客」タグの記事一覧

儲かるリフォームをやりたい

おはようございます。

河北です。

もう4月まできましたね。

毎月、やることに追われていると
あっという間に1か月が終わります。

今日は儲かるリフォームをやりたいの
だけど、どうすればいいのか?

というご質問頂戴したのでブログで
私の考えを書いてみたいと思います。

儲かるリフォームと言われると何か
少し悪徳系のイメージが・・・っと感じます。

私は利益を取るのが悪いことではないと
思うのですよね。

なぜなら利益がないと会社が維持できない
という事態になりますので潰れてしまっては
元も子もないのですよね。

ですから持続可能な利益は必要かと思います。

うちもそうですが利益0円や赤字では
やってないですからね。

そんなことしたら社員さんに給料も払えないし
事務所の家賃も払えないですからね。

ただリフォーム業界は競争が激しいのも
事実であります。

ですから受注する単価がドンドン下がってきて
いるのも本当のとこです。

それでも利益を取らないといけない訳であり
ただ利益を削っての安売りは私は勧めないです。

売価は市場に合わせないと仕方ないこと
なので利益を出すには、原価を見直すしか
方法は、ないと私は考えます。

時代的に見ていてもリフォームってドンドン
新しく参入してくる業者が多いので、どうしても
価格競争からは逃げれないです。

であれば、原価を下げるには仕入れや外注を
叩くにしても限界ありますが、もう一つは
仕組みを変えるということをしないといけないです。

アポの取り方、契約までの日数、施工の段取り
など、ここを変えていくしかないと思います。

うちの事業でも、やはり競争激しいので
1件当たりの単価が凄く安いです。

でも、内部的にある仕組みを活用することで
飛躍的に売り上げが伸び経費が削減できた
ということを経験してます。

簡単に言いますと儲かるリフォームとは
高く取るということを考えず、他社が
真似できない仕組みを考えていくことで
儲かるリフォームができると思います。

一番間違っているのは高く契約を取ろうと
することです。

それを行うと私はドンドン仕事が取れなく
なってくると思っております。

あくまで私の経験と考えではありますが
少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

こういった考え方から最新集客方法まで
詳しくはメルマガで書いているので
よければ登録しておいてください。

もしよろしれけば登録しておいてください。

メルマガで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



インターネットで集客 住宅リフォーム

おはようございます。

アズクリエイティブ河北です。

今日で3月も終わり、早いですね。

今日はインターネットで住宅リフォーム業の
集客について書いてみます。

もう何度も書いてますが、これからインター
ネットを使って集客を行わないと未来は
ないと思います。

それだけネット社会になってきます。

その理由として、あなたはネットを
使わない日ってありますか?

ということです。

スマホなりPCなりタブレッドなり何かで
必ず使っているとは思います。

そしてネットのおかげで凄く便利な社会に
なってきているのは事実なんです。

そして、このネットのおかげで比較検討も
しやすくなってますし、何か解からないことが
あればネットで調べたりするという時代です。

ですから、この媒体を使わないというのは
命取りだと私は感じております。

これがネットがない時代であれば話は
別だということです。

昔は情報誌といえば新聞だったはずです。

ですから新聞をとるのは日本の常識だった
ということです。

ですから新聞に折込チラシを入れていく
というのが、それはそれで当たり前の時代でも
ありました。

でも今は新聞購読が減ってきている
という時代です。

それなのに新聞折込に拘る必要もないのかな
っと思うのです。

私の親世代でもスマホ使う世代に変わって
きているので、これからはネットを使って
いくのが確実に主流になっていくかと考えてます。

うちが今年行っているのも、やはりネットを
使った、ある方法です。

あんまり公にブログでは書きたくないので
メルマガでは書くようにしております。

よろしければ登録しておいてください。

メルマガでで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。
よろしければご覧ください。



ネットで本気でリフォーム集客はどうか

おはようございます。

河北です。

もう3月も終わりに近づいてきましたね。

さて本日はネットで本気で
リフォーム集客はどうか?

ということについて書いてみます。

私はネットで本気でリフォーム集客は
するべきだと思います。

ネット集客というのは広告費が、必要と
なりますが、それでも他の媒体と比較すると
凄く安価で集客できる媒体です。

それにネット集客としても色々な方法が
あるのです。

ですからネット集客を極めるのは非常に
重要だと思います。

広告もあればSEOもありますし画像での
広告もあればテキストの広告もあります。

そして予告なくドンドン出稿の仕方も
変わりますので、ネット集客は本当に
専業として扱わないと難しいかもしれないです。

でも本気で行うのは必要だとは思います。

それに、これからはネット集客を
やらないことは=集客を諦めるということ
になると私は思ってます。

ですからネット集客は本気でやるべきだと
思いますし、やらないと今後厳しくなると
感じております。

もし本気でネット集客を行いたいので
あれば、私が現在進行形で行っている
集客方法を動画で公開しておりますので
コチラからご覧ください。



これ以外にも、ちょっと公では言いにくい
ことなどメルマガで書いておりますので、
よければ登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。
よろしければご覧ください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->