「チラシの反響 リフォーム」タグの記事一覧

リフォーム折込チラシの効果とは

おはようございます。

河北です。

さて2月も変わらず忙しい毎日を
過ごさせていただいております。

本当にありがたいですね。

2月で、新しい期が始まり4か月が
経過します。

ここまでは、ギリ予定通りきているので
来月からも予定通りいくように頑張らないと
いけないです。

では本日はリフォームの折り込みチラシの
効果について書いてみたいと思います。

チラシの効果って配布した、その日に電話が
鳴るのです。

効果は1週間から10日くらいかなぁっと
私は思っております。

でも、中には、ずっとチラシを持っていて
電話してくれる、お客様もいらっしゃるのです。

そしてチラシの効果は配布し続けることで
そのエリアに浸透していくんですよね。

あれ?見たことあるな?

そういえばリフォームってチラシ見たな?

とかね。

こんな感じで、お客様から反響があるのです。

これは私の実体験なんで本当です。

ですからチラシは、やはり配布し続けるのが
必要かと私は思っております。

そしてチラシは遠方からは電話が鳴らないので
やはり近隣に配布し続けるということが
必要な媒体です。

実は私、テストしたことあるんですが
4日間連続で同じ地域にチラシを折り込み
したことあるんです(笑)

反響は、正直に書きますと初日以外は
そうたいして鳴らなかったです(笑)

ただ浸透率というか、そのチラシを持って
いたお客様からポロポロと1か月後も
電話鳴ってましたね。

では採算が合うか?合わないか?と言いますと
ハッキリ言って合わないです(笑)

あんなことは、しちゃダメだと思います。

そして二度とやらないです(笑)

でも、このようなテストを繰り返し行うことで
色々なデータがとれるので私は重要かと思って
色々なテストを繰り返しております。

でも、反響を第一に考えるのであれば
月に1回で十分かと私は思っております。

それを継続的に行うことで地元に、この会社が
あり、そして常に活動しているということが
解かってもらえるようにするのが良いと思います。

あくまで私の経験ではありますが、少しでも
お役にたってくれたら嬉しく思います。

今でもチラシは行っておりますので、
必ずチラシが鳴る時期とか具体的な方法は
メルマガで書いておりますので、よければ
登録しておいてください。

使い古されたノウハウではなく現在進行形で
行っている情報なので、お役に立つかと思います。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

他社にマネできない集客方法の作り方とは

明日からできるネット集客法とは

リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

経営者として大事な考え方とは

年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とは

私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォーム集客する方法とは?

TV取材を無料で受ける方法とは?

景気不景気が関係ないビジネスとは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社が使う広告費

おはようございます。

河北です。

むむむむぅ~時間が凄く早く過ぎ去って
いきますね。

忙しく過ごすのも本当にありがたいですが
ちっとも遊びにも、ここ数年行ってないので
どこかに逃げ出したくなります・・・

まぁ自分で選んだ道なのですけどね(笑)

では本日はリフォーム会社が使う広告費に
ついて書いてみます。

売上に対しての広告費は結構気にしておりますが
大体私が知ってる感じですと売上の5%~8%
なのかなぁ~っと感じます。

これも利益を上げるために比率は変わるのですが
例えば来期売り上げを伸ばしたいと思えば
今期はトントンでもいいので広告費に投資して
行く場合ですと10%の会社もあるみたいです。

その代わり利益でないですけどね(笑)

リフォームだと粗利で25~35%という
感じで決まっているので仕方ないですよね。

これが粗利50%とかのビジネスであれば
さらに広告費を上げても関係なく利益が
でるという感じです。

うちもそうですが、投資する時は、やはり
7~9%くらいの広告費につぎ込んでいきます。

というか、単月で見ると、凄い赤字になるくらい
つぎ込む時もあります。

でもそれは理由があり来期に売り上げをあげたい
という理由があるので、仕方ないんですけどね。

そして利益を出しにかかる時は広告費を3%~4%に
設定していくということをしていきます。

すると、それだけで経常4%上がるわけなんで
そうやって調整していくということをしてます。
(書いちゃっていいんかな・・・)

ただその翌年は伸び率は凄く悪いです。

当り前ですが広告ケチっているので
そうなるよね・・・

ということです。

でも、面白い調査があり、ある会社にお願いすると
自分の会社の浸透率などを調査してくれるのです。

すると、もうこれ以上広告を掲載しても
皆知っているという場合があるんです。

こういったことも調査しながら広告へは
投資しているということがあるんです。

でも一般的にリフォーム会社で言うと
私の実体験で書くと、伸ばすなら7~10%

利益を出すなら3~5%で抑えるということを
すると良いのではないのかなと感じます。

あくまで私が経験した実体験でありますので
少しでも参考になってくれればうれしく思います。

さらに広告費に対する考え方や投資の仕方は
メルマガで書いてますので、よければ登録して
みて下さいね。

ブログでは、買きずらいような本音の部分を
書いています。

広告費のこと以外にも、メルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームのチラシ作りの本ってあるのか

おはようございます。

河北です。

11月も終わりですね。

本日は、これからバタバタと打ち合わせ
あるので、ちょっと早速更新したいと思います。

今日はリフォームのチラシ作りの本に
ついて書きたいと思います。

20年くらい前に私、チラシの作り方という
本を買ったことあるんですよね。

でも内容を覚えてないということは
あまり役に立たなかったんだろうなと
思います(笑)

チラシって、あんまり難しく考えずに
自分は何を伝えたいのか?

それはお客様にとって得なのか?

他社と比較してどうなのか?

なんてことを素直に書くだけのこと
だと私は思っております。

それを行うことで自分の伝えたいことに
共感したお客様からお電話が頂けると
いうように考えていくと良いと思います。

ですから他社のパクりを行うのは私は
あんまり良いことではないと感じるのです。

他社のチラシをパクり電話が鳴ったとしても
取りこぼす理由というのは、コンセプトが
違うからだと私は思っております。

ですから、うちが行っている集客方法は
基本はオリジナルです。

それをパクっている業者さんは多いのですが
うちを抜くことはできないと考えてます。

それはコンセプトの差です。

そこまでパクれればいいですが、まぁそれは
無理だと私は考えております。

ですから電話さえなれば売り上げが上がると
いうのは、少し間違いだということは
そこなんですよね。

本を参考にするのは良いと思います。

でもパクったりするのではなく、なるべく
自分の言葉で自分で考えるように作ると
非常に良いと思います。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

今日は、この後大事な会議があるので
この辺で、

チラシのことやHPのことなど、さらに
詳しくはメルマガで書いてますので
よろしければ登録しておいてください。

メルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームのチラシ作りの本ってある?

おはようございます。

河北です。

今日で7月も終わりですね。

いやぁ早い!早い!早い!っと
感じます。

リフォームのチラシ作りの本について
書いてみます。

最近本屋に行かないので解りませんが
昔よく、そういった本が打ってましたよね。

そういった本を読んでチラシを作るのは
ハッキリ言って辞めたほうが良いと思います(笑)

なぜならチラシが上手くいく理由って
チラシで書いてあることだけが全てでは
ないんですよね。

その証拠に、他社のチラシをマネて配布すれば
答えはでてくると思います。

全く同じチラシを配布しても反響が悪いと
思います。

これはHPでも同じです。

他社のを真似しても意味は無いんです。

ではどうしたら良いのか?

ということですが、チラシでは、自分が何が得意で
他社と何が違うのか?

そしてお客様に、どのような行動をとってほしいのか?

ということを書いていくだけです。

電話がほしいのか?メールなのか?
来店してほしいのか?

ということです。

これを書くだけでよいのです。

あんまり考えずシンプルに作った方が
良いと思います。

競合他社を見るのは大事ですが、マネは
ダメです。

マネするのではなく競合とのコンセプトの違いを
表面に打ち出すのが大事かと思います。

そうすることで他社とは違うコンセプトの
チラシが出来上がり、そうやって作るほうが
私は良いと思います。

うちはいつもそうやって作ってます。

もちろん外れる時もあれば大当たりすることも
ありますが、ハズレても落ち込まずコツコツ
考えて行うのが私は良いと思います。

なんでもそうですが百発百中というのは
無理ですからね。

あくまで私の考えではありますが少しでも
このブログがお役にたてば嬉しく思います。

今日書いたこと以外にも気がついたことや、少し
ブログでは書けないような内容はメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォームの集客企画の作り方

おはようございます。

河北です。

とにかくやることだらけで、ちっとも
休めない日々を過ごしてます・・・

このブログを書いていると色々と集客の
ご質問を頂きます。

そこで本日はリフォームの集客企画を
どうやって考えているのか?

ということを書いてみたいと思います。

私がリフォームの集客を考える時に一番大事な
ことは、本質を見るということです。

少し余談というか他業種の事例になるんですが
私のとこに色々な方からご相談がきます。

最近は名古屋にあまりいないので戻ってくると
特に多いんですよね。

その際に、殆どの方が本質を見ないというか
見ようとしないようにしているのか

理由は解らないのですが、今の状態で
集客がしたいということを言われます。

ほとんどの方が共通しているのですが、
競合他社でうまくいっていると言われている
会社を参考にしていきます。

ただ、あくまでうまく言っていると言われている
という会社です。

本当のことは調べないです。

そして、そこでの料金やサービスをマネしようと
して、若干だけ安くしていこうとします。

しかし、これがズレているというか
料金だけが問題ではないのです。

例えば場所であったり見栄えであったり
サービス内容であったり、そういったことですね。

そういったことからは目をそむけていくのです。

ですから、その会社がうまくいっている理由は
場所がそこにあり、料金やサービス内容

そして社長さんの考え色々なものが重なり合って
うまくいっているという事実を見ないとダメだと
お話します。

そして、では一体、どのくらいお客さんが
必要なんですか?

っと聞くと、必ず共通する答えが返って
くるのが、

「最低食っていくのに○○円必要だから
このくらいの人数のお客さんは絶対にほしい」

という希望をおっしゃいます。

いや、冷静に考えてくださいよ。

あなたが1人でやっているのに、お客さん
そんなにきたらパンクしちゃいますよ。

っと言っても、なんとします。

とにかく、そのくらいお客さんがほしいのです。

という答えが返ってきます。

っとキリがないので、この辺りにしますが
これを読んで頂きどう感じますか?

ということです。

これはお客様目線ではないのです。

完全に自分目線での考え方なのですよね。

こういう視点で物事を考えてはダメだという
ことです。

あくまで自分がお客様なら、どんな会社に依頼するのか?

という目線で考えないといけないです。

集客を企画する際に大事なことは大前提として
自分がお客様の立場であれば、どう考えて
どう行動するのか?

またなぜ、その会社に決めたのか?

ということを紙に書いてみるとよいですよ。

すると

「おっ、、こっ、、これは、、、」

っと感じることがあります。

そうしたら、あとは実践していくだけです。

これの繰り返しで集客というのは私は上手くいくと
考えてます。

あくまで私の考え方ではありますが少しでも参考に
なってくれれば嬉しく思います。

今日書いたこと以外にも気がついたことや、少し
ブログでは書けないような内容はメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ