「2017年12月」の記事一覧

来年のリフォーム業界は

おはようございます。

河北です。

今日で今年も終わりですね。

なんだかんだ言って、あっという間の1年
だった気がします。

今期始まって、まだ2か月なのですが
どうにか、昨年を上回って今年を
終えることができました。

本当にありがたいことです。

今年最後のブログになりますので
私なりに来年のリフォーム業界について
今後どうなっていくのか?

ということについて書いて
みようと思います。

来年も競争激しくなるのだろうなぁっとは
正直思っております。

このリフォームという市場は、凄く大きな
市場でもありますので色々な会社が参入して
くる業界であります。

その中には資金的にも豊富で一気に市場を
かっさらっていく会社も多々あります。

実際にリフォーム新聞でも見てますと
売り上げ規模とか掲載されてますが

上位の会社って伸びているのですが
その変わり、それ以下の会社って売上が
下がっている会社も多いのですよね。

見ていて感じるのが、売上上位の会社が
仕事を奪っているように見えるんですよね。

2025年からドンドン人口減少が始まると
いうことがデータとしてでているので
限られている市場が、さらに小さくなるという
ことは、もう確実なんですよね。

そうすると、それまでに、会社として
組織を作りあげておかないと、その後は
何をどうやっても間に合わなくなるのだろうな
と私は危機感をもって、いつも考えてます。

実際に今までは目の当たりにしなかったですが
私の知り合いの中でも倒産や廃業というのが
すごく目につくようになってきました。

ですから、何か自分たちで新しい何かを
行動していかないとダメだと感じます。

しかも情報社会の中で、価格競争が止まりません。

ですから価格競争というのからも逃れられない
という事実もあります。

これは市場としては、かなり私的には
面白い市場だと考えてます。

もう変化をしないといけない業界だと
考えております。

ですから来年も、うちとしては、新しい企画を
考えてスタートをしていこうと思ってます。

それも他社ではマネができにくい仕組みを
使い変えていこうと考えてます。

そうすることで、また新しい何かが起きると
思っております。

このブログを読んでくれている方も、来年に
何か新しいことを行動するということを考えて
みてください。

そうすることで必ず何かが変化すると
思います。

価格競争からは逃げれずに競合はドンドン増え
大きなとこはドンドン大きくなり小さなとこは
仕事を奪われる。

競争社会では、当たり前のことで、あるのかも
しれないですが、こんな市場だからこそ
考えるということは重要なのかもしれないですね。

では、来年も私は厳しい1年になるとは思います。

ですから、今から、また何かアイデアがでないか
考えてみたいと思います。

それでは、今年1年ブログ読んで頂き
ありがとうございました。

良い年をお迎えください。

来年早々にでも新しい企画をスタートさせて
いきますが基本的に公には公開しないです。

メルマガのみで公開しておりますので
いち早く新しい情報が欲しい、新しいことを
やっていきたい、などと思われていれば、
メルマガに登録しておいてください。

 

 

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

 

コチラです。



何か一緒にビジネスができれば嬉しいですね。

リフォーム会社の社長は何をしているの?

おはようございます。

河北です。

もう今年も終わりですね。

すでに正月休みに入っている方も
いらっしゃるとは思いますが、
私は、まだ、、、、、、、

という感じです(笑)

結局今年も、どれだけ休んだのか・・・

今は仕方ないと自分に言い聞かせてます。

少しだけ書くと、社長業やっていると
やはり、先は不安なんですよね。

競合が、どのような広告を行ってくるか?

また、どのように出店してくるのか?

また、どのように考えて活動しているのか?

ということは、全く解からないわけなんです。

でも、私が一番大事に思っていることは
他社も頑張って仕事をしているのであれば

それ以上、やらないと勝てないわけですし
他社も頑張っている以上は、今と変わらない
という結果になると考えてます。

例えば他社が週5日、朝9時から18時まで
働いているのであれば最低でも週5日

朝9時から18時までは働かないと
いけないと思っております。

でも今より勝ちたいと思っているのであれば
週6日働いて朝9時から夜20時までと
働かないとダメだと思ってます。

要は仕事に集中している量を増やさないと
私は勝てないと考えてます。

なぜなら、うちなど後発組ということも
ありますし、競合と比較しても全然小さな
存在であります。

それが週休2日で9時~18時であれば
もう絶対に勝てないと感じます。

ですから私は年間365日のうち、どのくらい
休むのかな・・・・・

月1回で12日間とかなんで、たまに
連休と考えても20日間くらい休むか
休まないか?というくらい働いております。

時間も結構長いです(笑)

そのくらい働くので、やはり色々な気づきも
ありますし、アイデアも出てきます。

それを実践しようとテストも積極的に
繰り返すようにしております。

こういった生活が、良いか悪いかは
解かりませんが、とりあえず最初の数年は
こういった生活で仕方ないのかな?

っとも思っております。

昔は、よく飲みに行ったりしたのですが
今では、年に数回ほどお付き合いで飲むくらいで
あとは、ほとんど帰って寝るだけの生活です(笑)

では具体的に、何をやっているのか?と言いますと
これからどのようにしていこうか?

来期は、どのような売り上げをあげようか?

そのためには、どれだけ人材が必要か?

そのための予算は?

そのためには、何が足りなくて何をするのか?

それは他社のマネではないのか?

などですね。

このようなことを、ずっと考えたり、必要な
ものを手に入れたり、打ち合わせをしたりと
なんだかんだと結構忙しいんですよね。

私規模の社長であれば、こんな感じなんでは
ないのかなぁ?っと思っております。

あくまで私の経験と実体験ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

それ以外にも、私が経験したことをメルマガで
書いておりますので、よければ登録しておいて下さい。

メルマガでで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



住宅リフォーム集客について

おはようございます。

河北です。

今日はクリスマスイヴですね。

と言っても、この時期は繁忙期であるので
全く私には関係ありません。

もうクリスマスイヴとか言っている
年齢でもないですが、夜になると
皆、楽しそうに歩いているので
羨ましいのは、羨ましいです(笑)

まぁいつかクリスマスイヴに休めるような
会社にしたいと思ってます(笑)

でもこの事業やっている限りは
無理かなとも思います・・・

では今日は住宅リフォーム集客について
書いてみようと思います。

住宅リフォームの集客って本当に難しく
ないんですよね。

私、自分で感じていることが1つあって
ある程度のとこで集客に悩まなくなる時期が
あるのではないのかな?

っと感じているのです。

元々は私も集客にもがき苦しんでいた時が
あるのですけどね。

それを思い返して考えると、集客に困る時期は
創業当時です。

その際は、資金もないし、信用もないし、
なによりも実績も何もないから仕事を
誰も頼んでくれないんですよね。

今、考えれば当たり前のことなんですけどね。

でも当時は、どうにかして集客したいと
思っておりました。

そこで私は考え方を変えたんですよね。

集客を行って、すぐに利益を出すという
感じではなく、トントンになるくらいで
良いのかな?

っと考えたわけです。

うちの場合だと事務所の家賃や社員さん
その他の運転資金が、トントンになれば
とりあえずいいやと考えたんです。

そうすると相見積もりでも、そんなに簡単に
負けなかったですし、電話がなり見積提出まで
いけば、面白いように契約が取れたのを
今でも覚えております。

集客方法は、ネット集客で行ったのです。

今でも、そうだと思いますが、ネット広告は
高騰してきていると言われて実際に上がってますが
それでも、チラシなどの媒体から考えると
全然安いと思います。

ですからネット集客が今でも最強なんでは
ないかなと考えております。

その後、起きたことというと1度目に工事を
した、お客様から仕事の依頼が来るように
なりました。

この間、約1年かかるか、かからないかと
記憶しております。

ですから、ほんの1年だけ利益を考えずに
ただひたすら仕事を取ることを考えて活動すると
リピーターとして仕事が増えるということです。

そして集客する方法は完全にターゲットを
絞ることです。

世の中では水回りリフォーム専門店などが
流行ってますが、そうやってお客様を絞って
いくと、本当に支持されます。

しかし、競合も沢山あるので競争からは
逃げれないということです。

では、どうするのか?

ということですが、これは以前ブログにも
書きましたがサービスなどを考えていくのが
大事だと考えてます。

そして集客だけに特化するのであれば
とにかくターゲットを絞りに絞ることで
圧倒的に集客はできてきます。

そこを考えて下さい。

うちも集客の入口は専門的な工事です。

その後に、工事が広がることは多々ありますが
まず入口は狭くして、そこから圧倒的に
集客できるような仕掛けをしていくという
方法で本当に集客ができております。

その後は、ブランディング戦略だと
私は思っております。

これは、次の段階になるので書きませんが
まず私は専門的な分野で集客をすることを
おススメします。

実際に私も、その方法で30億まで伸ばしましたので
参考にして頂ければ嬉しく思います。

さらに詳しく集客する方法はメルマガで
具体的な方法を書いております。

もしよろしれれば登録しておいて下さい。

集客以外にもメルマガでで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ