「2014年12月」の記事一覧

大晦日に感じること。

おはようございます。

河北です。

今年も、なんとか無事に1年過ごすことが
できました。

うちの会社にリフォームを依頼してくれた
お客様に非常に感謝感謝です。

今年1年を振り返り増税前の受注ラッシュがあり
また増税後の落ち込みがあったりして

非常に面白い1年でありました。

また、新しい出会いも沢山あり来年も
一緒に頑張っていく仲間が多くいることを
幸せに思います。

さて来年ですが私の予想というか、うちは
どのような形で進んでいくのか?

ということを書いてみます。

増税が先送りになったということで来年度は
さらに増員を行い、次回増税予定までは
アクセルを踏み続けて行きます。

現在で3社合わせて11億程度の会社を
ここ2年で過剰な投資になるかもですが
20億規模にしたいなっと思ってます。

できるかどうかは解りませんけどね。(笑)

その後の増税後は、リーマンショックの時と
同じく、かなり回復の時間がかかると
予想します。

ですから、その後は少しずつ落ちていくと
予想しますが、なるべく落ちても大丈夫な
体制を整えながら、うまく外注化を進めて
伸ばそうと考えております。

今後、人口が減るという根本的な問題が
ある中で、国内マーケットの市場で

経営していくには、またどこかで考え方を
変えていかないといけないと感じます。

そう考えると、私より下の世代の子を
育てていかないといけないし、

もっと接して考え方を学ばないといけないな
っと感じております。

リフォーム会社に特化した話をすると
確実に小さな会社が残れなくなると感じます。

それはこのブログにも再三書いてますので
よければ読み返して頂けると嬉しいです。

小さな会社に依頼するメリットが無くなっております。

以前は小さい会社だと地元密着で価格、サービス、対応が
凄く良いと思われて仕事を依頼するという
パターンが多かったかもしれないです。

しかし世代が変わり、そういった会社に頼むより
大手のほうが安くて良いサービス、さらには
対応までキチンとしているというように
変わりつつあります。

そして地域での人と人との繋がりも
薄くなってきておりますので

そういった人のつながりで仕事が取れるという
時代に終止符が打たれることと予想します。

そうなると、やはり自社の会社も最低限の規模までは
大きくしていかないと今後はキツイかなっと
感じますので、それが正しいかどうかは
解りませんが、自分を信じて進んでいきたいと感じます。

またこの考え方に共感頂いているリフォーム会社の仲間と
うちの社員さんと共に、来年も頑張っていきます。

では、本日は、こんなところで私も、少し休みを
頂き、のんびりしたいと思います。

では、良いお年を~

リフォーム 市場調査

おはようございます。
河北です。

休みに入ってますが本日も日課となった
ブログを更新してみます。

今日はリフォームの市場調査について
少し書いてみます。

市場調査と言ってもリフォームの場合は
単純明確ですが、

何かのニュースでリンナイさんやノーリツさんの
決算がニュースになってましたね。

それ以外の住設メーカーの業績を見ていれば
簡単に市場を見分けることができます。

例えば今年2014年のメーカーの決算を
見れば一目瞭然です。

表面上は前年比UPをしておりますが
国内では前年比割れをしており、全てが
海外での売り上げだということです。

ということは、国内で商品の流通が起きてない
ということです。

これを見てどう判断するか?

ということです。

メーカーの売り上げが毎年右肩上がりであれば
確実にリフォームだけとは言いませんが

建設という部分で市場は拡大されていると
見れます。

しかし国内市場が伸びず海外が伸びているという
ことは、国内での市場というのは
確実に小さくなっているということですね。

そして小さくなるということは、競争が
激しくなるということです。

当然ですが業者の売り上げも業界紙などに
掲載されております。

まぁ全部が本当かどうかは怪しいですが
大手のリフォーム会社の業績を見る限りですが

確実に伸びていると掲載されております。

ということは、業界全体での市場は小さくなっている
けれども、大手の会社は伸びているという
情報が正しければです。

各地域で確実に競争が激しくなり
時代に乗り遅れた会社というのは
確実に潰れていくと私は予想します。

時代を見ていれば感じるのがリフォームとは
絶対に必要なリフォームと必要ではなく欲求型の
リフォームがあります。

税金が上がれば、どこを抑えるのか?

っとなれば欲求を我慢していきますので
さらに今後リフォーム市場は厳しくなる気がします。

税金が上がり、たばこを辞めた人が多いのが
答えです。

確実に減っていくと私は感じてます。

まぁあくまで私の予想ですけどね。

もし、競争が激しくなると感じているので
新しい試みをしないとなっと感じる。

そんな方には私が行っているネット集客を
無料で公開しております。
よければ御覧ください。



リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから




リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

リフォーム会社 クレーム

おはようございます。

河北です。

本日はリフォーム会社で起きるクレームに
ついて書いてみます。

私が感じるにリフォーム会社に起きる
クレームというのはリフォーム会社やっている
私が言うのも何ですが、ほとんどが
リフォーム会社にあると思います。

お客様が悪いというのは、ほぼないだろうな
っと感じます。

まぁ中には、この人は、、、、

というお客様もいらっしゃいますが
ほとんどはリフォーム会社側に問題があるように
感じます。

もちろん、うちの会社もクレームはあります。

きちんと対応は致しますし、放ったらかしに
したりはしないですが少し対応が遅れたり
して大きな揉め事になることもあります。

まぁ流石に裁判とか、そういったのはないですけどね。

しかしお金を払わないとか値引きしろとか
そういった問題は起きたことがあります。

色々と事情を聞いたりしていると、まぁ
会社側の問題であったり職人さんの問題というのが
ほとんどだと感じます。

内容的には、言ったことが伝わってないとか
そんな程度のことで始まります。

それからは、ほんの些細のことで言い合いに
なったりしたり、意地になって、やり直せ。

などと大事になっていくことが多いです。

ですからリフォーム会社って、気遣いができない
人って、たぶん運営できない仕事だと感じます。

人に無関心であったりする人だと
まずクレームをもらうと思います。

どんな商売でも一緒かな?

リフォーム会社や新築工務店って
クレーム産業と言われているくらい
クレーム率高いですからね。

気遣いして行なわないといけないです。

クレームを気にしていても仕方ないよ。

まず先に、てっとり早く集客がしたい。

そんな方には私が行っているネット集客を
無料で公開しております。
よければ御覧ください。




リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから



リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

このページの先頭へ