塗装会社競争は、なぜ激しい

おはようございます。

河北です。

さてさて、もう8月も下旬になって
きましたね。

そろそろ忙しい時期に入ってきますので
今のうちに休めるのであれば休みたい
なぁっと思っております。

塗装工事も時期的に忙しくなる時期では
ありますので、本日は塗装会社の競争が
なぜ激しいのか?ということに
ついて書いてみます。

塗装会社って、あまり元請けで仕事を
取るというよりは、どこかの工務店や
リフォーム店の下請けを行っていたのが
凄く多かった仕事です。

塗装に限らず、それ以外にも職人さんが
リフォーム屋のマネごとしている会社も
結構ありますけどね。

でもその中で塗装だけは職人さんが
直接営業行ったりして仕事を受注する
ということを行っているのが、ここ数年で
凄く増えてきたという実感があります。

そして増えた理由として私が感じるのが
外壁の塗装ってリフォーム屋や工務店に
頼まなくても職人さんに直接頼んでも
問題ないという判断をするお客様が多いのだと
私は感じております。

例えば増改築などの仕事になると私が
お客様の立場だとしても大工さんに
依頼するというのは少し嫌かなぁっと
思います。

なぜなら提案やアフターフォローに
心配が残るので、やはりリフォーム屋に
依頼するというように考えます。

しかし外壁塗装であれば職人さんと会って
話ししてみて、嫌だなっと思えば断りますが

足場と塗装職人だけが現場に入り仕事を
していくので特に問題ないのかなっと
判断するかもしれないです。

わざわざ中間マージン払ってリフォーム屋や
工務店に依頼する意味がないですからね。

そういった理由もあり塗装職人が直接工事を
受注することが可能になったかな?っと
予測します。

そう考えると感じるのが、これからドンドン
塗装職人が元請け化をしていくのではないの
かなっと予想していきます。

ただアフターフォローやお客様の要望など
下請けの時とは違い、結構色々と問題が
あるので、元請け化に成功する塗装職人は
少ないと感じますけどね。

ただその中でも元請け化に成功される方も
必ずいらっしゃいますから外壁塗装が
一番競争激しいのではないのかな?っと
感じております。

そのいい例が、外壁塗装で大きくなった
会社もありますからね。

そこの会社のTOPも元々塗装職人だと
いうことらしいですからね。

こういった理由から私は今後、かなり
競争は激しくなると感じております。

でもその中でも勝ち抜かないと
仕事取れないですので、やはりキモとなるのは
独自の集客力だと私は思います。

もしよろしければ最高で年間120本以上
外壁塗装を契約した際に使っていた
集客した方法を今だけ無料で公開してますので
よろしければご覧ください。

コチラです。


またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ