リフォーム集客の今後について

いやぁ1年ぶりの更新を先日したのですが
久しぶりに文章を書くので、少し時間が
かかりました。

少しブログでは書けないのですが、とある事情が
ありブログを頻繁に書いたりメルマガを頻繁に
書いたりするのを禁止されていたのですよね。

まぁこれは、ブログには書けないので、どこかで
お会いすることがあれば、お話しますね。

さて今日は、少し書いてなかったですが集客に
ついて書いてみます。

まぁテクニック系のものであると、今は、
もう旬なのがYouTubeですよね。

動画の時代がきているのは間違いないです。

まぁこれは、5年前くらいのメルマガにも書いてましたが
動画のインフラと市場が整ったという感じですね。

当社も、もう5年以上前に機材など購入して動画制作を
しておりましたが、集客に使うのではなく、お客様に
商品案内するための動画に使っていました。

今年に入りコロナもあり、お客様宅に訪問を
控えることができて好評を得てます。

これから、こういった形で商品説明動画というもので
お客様に会わずに、ご依頼を頂くと言う形になると
実感しております。

つい先日、その動画を活用する企業ということで
とあるTVに出演させて頂いたのですが、
恥ずかしいので、ここではUPしないです(笑)

メルマガでは公開してますので、もし興味あれば
登録下さい。

まぁ誰も興味ないと思いますけど、、、

さて、ここからが重要だと思うのですが、動画でも
チラシでもTVCMでもLPでも、ですが、どのような
企画というかコンセプトを考えていけばいいのか?

ということです。

ここが、ほとんどの方が解からないというか、躓くこと
なので、私の考えを書きますね。

もう、本当に簡単ですが、お客様のメリットとか、
自分の会社に依頼したメリットとか、そう考えると
ドンドンわからなくなりますので、簡単なことを1つ

それは

「同業他社が嫌がることです。」

これだけなんですよ。

これ、もう集客やビジネスの本質的なことなのですが
紳士服など、もう凄く分かりやすいですが、ある1店舗が
出して繁盛していれば、必ず近所に出店しますよね。

これ最初に出店していたら、嫌ですよね?

市場調査して、多額の費用かけて出店して、
地域に、ここに紳士服屋ができたと認知させ

そのタイミングで出店。

という感じで行うと、先に出された方は嫌ですよね。

こういうことです。

飲食店でも、美容院でも、同じですよね。

必ずと言って、同じような感じになってます。

私が飲食やるのであれば、仮に焼肉屋だとしたら
繁盛店の目の前に出店すると思います。

そこが豪華な焼肉屋であれば、それよりも豪華にして
サービスを、そこより良くする。

この程度のことで、集客など、全然難しくないのです。

では、それをリフォームに当てはめてみてください。

そうると、もうわかりますよね。

例えば、価格のカラクリを書いたチラシを、同業者が
チラシを配布する同じ日に入れる。

とかですよ。

こんなことです。

こんなことで、一斉に振り向かせることができるのです。

うちもネット・チラシ・TVCMからメディア取材を
受けるということしているのですが、必ず
ある基準があってやるようにしているのです。

これも、さすがにブログに書けないのでメルマガのみで
公開しますが、同業者が嫌がることと考えてくれれば
解かると思います。

こう考えてチラシでもネットでも広告を考えるように
してみてください。

今はもう、売却してしまったリフォーム会社が名古屋に
あるのですが、そこを軌道に乗せた時は、凄く簡単でした。

競合他社と変わらないくらいの見栄えにして、
比較するだけ比較してよ~

比較するだけなら無料ですし、気に入らなきゃ当社に
依頼など、しなくていいですよ。

とネットとチラシで大々的に宣伝したけです。

これやられると、同業者は嫌だろうなぁ~っと思ったので
やったのです。

単純にそれだけです。

ネットを検索すると、リフォームコンサルがいっぱい
HP作ってます。

やれああでもない、こうでもないとね(笑)

別に私を信用しなさい、ということでもないですが
知ってほしいのは、実績です。

本当に、実績をあげた人なのかどうなのか?

必ず、あなた自身の目で確認してみてください。

そうすれば学ぶべき場所の選択を間違えることは
ないかと思いますよ。

そんな難しく考えずにシンプルに考えてみてください。

キーワードは同業者が嫌がることです(笑)

私が、売り上げを伸ばすために、どんな嫌がることを
して、短期間で50億円以上売り上げた方法の全ては
メルマガで公開してますので、よければ登録下さいね。

読んで頂ければ解かりますが誰でも真似できる方法です。

詳しくはコチラから



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ