リフォーム業の廃業率は

おはようございます。

河北です。

来週は、もうお盆ですね。

お盆が終われば毎年年末まで
ノンストップで働きますので
必ず休みを取らないといかんなっと
考えております。

休めるかどうかは微妙な状態ですけどね

では今日はリフォーム業の廃業率に
ついて書いてみようと思います。

廃業の率が何%ということはわからんですが
一般に会社が10年や15年持続する率は
5%あるか、ないかと言われておりますからね。

リフォームで考えると私が感じるのは
今年から廃業を考える会社が増えるのかなっと
凄く感じております。

なぜなら今までは地域密着戦略として
かなり出店を行ってきた会社も
相当キツくなってきたのが表面化して
かなり店舗閉鎖を行ってますからね。

ということは、採算合わない店舗は閉めて
採算が合う店舗だけを残していくということも
ありますが、当然ですがリストラも多少行うでしょうから

できない社員が放り出されるということになるので
今までは相見積もりで、できない社員と当たっていたのが
今後は、そういった社員ではない方と相見積もりに
なるので今まで勝っていたのが勝てなくなる
可能性がでてくるということですからね。

そこは真剣に考えていかねばならんなっと
思います。

話がそれましたが廃業率の%は解りませんが
これからは確実に二極化は進むと思います。

そして時代と共にリフォーム会社の、あり方も
変わる気がしております。

今までは

リフォーム会社=営業会社

というスタイルでありましたが、ここが
変わってくるのではないかな?っと思います。

ここを間違えると会社を継続してくのが
難しくなると私は思います。

そして今年はかなり廃業も進むと思いますので
非常にワクワクしますね。

あくまで私の意見ですが少しでもお役にたてば
嬉しく思います。

では本日はこの辺で、

それよりも集客でつまづいているよ・・
っということであれば現在私が行っている集客法を
今だけ無料で公開しておりますので
一度実践してみてください。

本当に集客できますよ。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->