リフォーム会社を大きくする方法

おはようございます。

河北です。

あっという間に1月も終わりが近づいて
きておりますね。

あと2か月もすれば繁忙期が一旦終わり
ますので、ほんの少しだけ休みが取れないかな?

っと甘いことを考えております。

今期始まって3か月目ですが、非常に
良い結果が出始めております。

なんとか目標数値を超えていけそうな
気がしております。

今期の目標は、ちょっとブログでは
書きにくいので書かないですが、昨年よりも
伸ばす方向で考えております。

では今日はリフォーム会社を大きくする
方法について書いてみます。

大きくするといっても、私も、さほど大きく
することは、やったことないのですが、
ただ、少し前に、ある大きなリフォーム会社の社長と
会って聞いたので、その時の話を書いてみたいと思います。

単純に言っていたのは、真面目に行うということと
本質は変わらないということです。

例えば、あるテクニックを使って行ったり
他社の真似事やっていても、早い話無理だと
いうことです。

そして経営陣の器以上に会社は多くならんよ。っと
教えてもらいました。

うちもそうですが、私だけが経営やっているわけではく
実は4人と外部に2人経営陣がいるんですよね。

ですから昔と違って少しスピードは鈍って
きておりますが経営陣の意見を聞いたり検証や
データを見たりして進めております。

この器が大きくなるかは、わかりません(笑)

でも、印象的であったのは、本物しか残らないよ。

という言葉でした。

これは私も共感しておりまして偽物というと
また誤解が生じるかもしれないですが本当に
ユーザーに支持を受けるような会社にしていかないと
残らないだろうなというのは考えております。

では本物ではないというのは、どういうことなのか?
それは、単純に自分本位の考えの会社です。

価格のことを言いますと、世間では100円で
売っているものを、どうしても仕入れが安くならないから
110円で販売したりするということです。

利益を下げてでも100円で販売するという
お客様目線で行かないと無理だということです。

それ以外にも、社員さんを増やすにはどうしたら?
ということも、自分が社員さんになって、この会社で
働いてみよう!と

思ってもらえるような会社作りが必要ということに
なるのだと私は思います。

社員を増やすには社員の気持ちになる。

またお客様から支持をうけたいのであれば
お客様の気持ちになる。

これだけのことを突き詰めて例えば5年後に
年商で10億まで持っていきたい。

っと考えたら、では今何をすべきか?

今年中に終わらせるにはどうしたら?

ということを考えていくことだと私は
思っております。

これをやることで、今やるべきことが
明確になるかと思います。

これは私も実際に行っております。

一度考えてみてください。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでもこのブログが参考になってくれれば
嬉しく思います。

もっと詳しくはメルマガで書いていきます。

よければ登録して下さいね。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ