リフォーム会社の景気は良いのか?

おはようございます。

河北です。

さて7月も終わりが見えてきましたね。

このペースでいくとお盆は休めそうに
ないような気がしないでもないです、、、

まぁいいんですけどね(笑)

皆が休んでいる時に1人で仕事すると
結構はかどりますからね。

さて今日はリフォーム会社の景気は良いのか?

ということについて書いてみます。

私が見ている限りですと完全に二極化されて
おりますね。

来年以降は、さらにこの二極化が進んでいくかと
私は予想しております。

その理由は、お客様への情報浸透率が急速に
進んだからだと感じております。

もう10年以上前だと思いますが施主支給や
DIYなどがリフォーム業界でも推進されて
きたと思います。

しかし完全に浸透してきたのは、ここ最近なのでは
ないのかな?

っと私は感じております。

それはお問い合わせの時に、商品は自分で買いたい
けど、施工賃だけでやってくれますか?

とか、自分でDIYするのが好きだというお客様が
増えたりして施工に関して知ったようなことを
いうお客様が増えたのを体感するからです。

別に悪いことではないですし、それはそれで時代の
流れだと私は感じておりますので、良いと思います。

ただ間違った情報でも信じてしまうような
お客様も増えてきているのは事実です。

そういったお客様を相手にしていかないと
いけないわけでありますので昔のリフォーム会社の
ように、お客様の顔色みて価格を決めたり

市場の価格を全く気にせずに業者都合の価格で
見積もりを出したりということをしている
会社がドンドン仕事が取れなくなってきて
いるということです。

そして共通するのが集客も、時代に合ってない
ということです。

全てが昔と変わらずの状態でやっている会社は
やはり、ドンドンダメになる傾向です。

しかし時代に合ったやり方をしている方は
ドンドン伸びていると言う感じです。

では時代に合うというのは、実際のとこ
どんな風なのか?

と言いますと、一言で言うと会社をブランディング
して集客をして市場の価格で提案するという
たったこれだけのことです。

ブログをご覧の方はご存知かもですが私が
現在やっているガスショップ正直屋があります。

こちらでテストをしていったのですが約3年近く
自分の仮想で考えていたことを全てテストが
終わったのですが、ほぼ私の予想通りの感じに
集客~契約ができるという確信が取れました。

もちろん、このやり方以外にも、あるとは
思いますし、それ以外にも方法はいくらでも
あるとは思います。

それに私とは真逆のことを言っている方も
いるとは思いますので、あくまで事例の1つと
して参考にして頂ければと思っております。

時代に合った本質的な集客方法やビジネスモデルに
ついてはメルマガで公開しておりますので
よければ登録しておいて下さいね。

また正直屋については、ブログで初めて書きますが
実は、定期的に、ごく少人数でビジネス説明会を
行っております。

こんな感じです。

 

こちらは、メルマガの読者さんのみに案内して
おりますので、もし正直屋にも興味がありましたら
登録しておいてくださいね。

もちろん無料です。

それ以外にもメルマガで書いている
内容はコチラです。

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ