リフォームで売上1億円

おはようございます。

河北です。

さて今日も張り切ってブログを
書きたいと思いますが11月は繁忙期
真っ盛りなので、このブログ・・・・

本当に書き続けることできるかな・・・

なんか今期に入り、急に予定が
沢山埋まってきて・・・・・

という感じです。

でも書き続けれるだけ書き続けようと
思います。

では本日はリフォームで売上1億円にするには
どうしたら良いのか?

ということについて書いてみたいと思います。

もう何度も年商1億円については書いてますが
1億円というのは楽勝なんですよね。

でも80%くらいのリフォーム会社というのは
実際は1億円未満だということらしいですね。

それってなぜなのか?

ということなのですが、単純に誰も教えて
くれないからなんですよね。

やり方さえ知れば誰だって1億円など簡単に
達成できるのです。

単純に、まずは集客を行うということです。

これを行う時にブレーキが、かかってしまう
のですが、その理由は、お金を使うからです。

自分のお金を使って集客するので10万とか
5万とかで集客をしようとするからです。

はっきりいって月10万円の広告費では
年間1億円を上げるのは至難の業だと思います。

また0円で集客するのは、できるのですが
かなり時間と労力が必要になります。

時間と労力を使うくらいであれば広告費を
使って集客したほうが早いです。

そして時間と労力を使い実践するので
結果が思うように出ずに嫌になり辞めて
しまうというのが、ほとんどだと感じます。

これは知っておいてほしいのですが、どこの
会社もそうですが、広告費は必ず必要です。

お金がない・・・

お金を使わずに集客したい・・・

という気持ちはわかるのですが、どこかで
踏ん切りをつけていかないと一生1億円を
上げるのはキツクなってくると思います。

というより、少し厳しい意見ですが、
すでに5年とか10年ほど経営されていて
1億円を売り上げることができてない場合は
今のままでは来年もできないと思います。

何かやり方を変えていかないと、上がるものでは
ないということ知っておいてほしいです。

これが理由で80%方は売上が上がらないと
いうことなんですよね。

本当にこれだけなんです。

最初はお金を失うのが怖いのは解かります。

でもテストで10万でも使ってみてもらい
電話が鳴るということを知って、そこから
判断するということが大事です。

あとは、とらえ方、次第なんですが
電話がなるのであれば、ここからは契約率を
あげていくということを大事にする。

もしくは電話が鳴っても契約が取れないから
もう集客を辞める。

という2パターンに分かれます。

後者の方は、結局、良い方法を永遠に
探すという道に進んでいきます。

前者の方は1億だけではなく3億行く方も
いらっしゃるというのが私が今まで見てきた
経験であります。

一度参考にしてみて頂ければと思います。

あくまで私の経験ではありますが、少しでも
参考にして頂ければ嬉しく思います。

さらに詳しくはメルマガで書いておりますので
よろしければ登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は

リフォームで年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

リフォーム集客で反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での集客の成功例・失敗例の公開

他社にマネできないリフォーム集客方法の作り方とは

明日からできるリフォームのネット集客法とは

リフォーム業で上手く行く集客の思考とは

・私が行っている隙間リフォーム集客のビジネス法とは

経営者として反響を生み出す大事な考え方とは

反響営業でリフォーム年商10億の壁の破り方とは

ブランディングの仕方とリフォーム集客の関係とは

私が行っているリフォーム集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

失敗しない広告宣伝とは?

価格以外で比較させる方法とは?

リフォームの利益率を上げる社内システムとは?

専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

地域密着でリフォームに興味のあるお客様を集客する方法とは?

 

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



このページの先頭へ