リフォームで効果的な集客方法は何があるのか?

おはようございます。

河北です。

7月に入って、何やら本当にバタバタして
きております。

この事務所も昨年移転してきたばかりですが
なんか、また人で、いっぱいになってきて
移転しないといけないかもです・・・・

でも縛りあるから移転できないんですけどね、、、

次移転する時は、また移転とならない
ように、もっと広いとこを借りようかなと
ボォ~っと考えておりました。

では今日はリフォームで効果的な集客方法に
ついて書いてみます。

私、思うのですが集客って、本当に難しくは
ないんですよね。

やることは、たった1つで、どうやって
お客様に自分の会社を知っていただくか?

ただそれだけのことなのです。

お客様と言うのは全く知らないとこから物を
買うと言うことってしないと私は思ってます。

ですから会社を有名にしていくことをすれば
集客に困ることなど私はないと思ってます。

実際に私の経験ではありますが、昨年凄く
売上が伸びたので今年は伸びないかなぁ~

っと不安に思っていたのですが会社を有名に
するような投資をしたのですよね。

すると、今年も売上って昨年を超えて
いくのですよね。

もちろん市場規模が決まってますので
永遠とは行かないと思います。

しかしリフォーム市場って凄く大きい市場でも
ありますので年商1~3億円規模であれば私は
楽勝だと思っております。

しかし10億~30億とかになると、リフォームでは
私は、やってやれないことはないと思いますが
採算の問題だけですね、、、、

その規模のリフォーム会社って、あんまり
利益出てないですからね、、

そこに何かの理由があり、それを回避する方法が
見つかれば着手するかもですが、現時点では
利益率がちょうど良い売上規模の1~3億くらいで
安定させると言う方法に特化しております。

少し話がそれてきましたので元に戻しますが
集客するのに効果的な方法は、一番は会社を
有名にするということだけです。

それには、有料で行う方法もあれば無料で
行う方法もあります。

違いは、有料で行うものは効果に即効性がある
ということです。

無料で行う方法は、即効性はないです。

徐々に徐々に浸透していくという方法で
ありますので、どちらを選ぶかは、ご自身で
決めるということですね。

私は、即効性があるものを選ぶタイプです。

その理由としては、時代の流れが速いから
ということが、あるからです。

市場にいち早く浸透させていき仕事を受注
していかないといけないと私は感じてます。

これがリフォームの市場が、まだこれから
開拓されていくという時期であれば私は
何年もかけて地元で浸透させていくという
方法を取る方法を選んだかもしれないです。

しかし今では業者は、いくらでもいますので
今日から5年後に浸透させるということを
やっていては、どうなのだろうか、、、、

という不安感があるので、有料で一気に
浸透させる方法をとっております。

あくまで私の考えですけどね。

もしよろしければ参考にしてください。

もちろん無料で浸透させる方法も、全くやらない
わけではないです。

そちらの方法はメルマガで書いていきますので
よければ登録しておいてください。

もちろん無料です。

メルマガで書いている他の内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2018年の最新集客法とは

・HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと
爆発する?

・失敗しない広告宣伝とは?

・価格以外で比較させる方法とは?

・利益率を上げる社内システムとは?

・専門特化型で圧倒的に集客する方法とは?

・地域密着でリフォーム集客する方法とは?

・リフォームの集客に大事なチラシの作り方とは?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している7年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ