リフォーム 経営 資格

本日二度目の更新です。

リフォーム経営するのに
必要な資格について書いてみます。

リフォーム会社を経営するのに特別な
資格などというものは必要ないです。

そりゃ、一級建築士などの資格を持っているに
こしたことありませんが別に特別に必要な
資格が必要というわけではないです。

だから誰でもできるって言えば誰でも
できるんですが、ただ1つだけ資格というか

必要なのは建設業の許可くらいないと
まずいですよね。

あとは、ある程度、リフォームという仕事を
やったことがないとできないです。

いくら一級建築士を持っている、施工管理を持っている
というくらいでは、難しいです。

なぜなら、現場は全く違う問題が起きますし
なによりも難しいのが人の問題です。

関わる人間が多いのです。

お客様、職人さん、問屋さん、自分という
最低でも、このくらいの人間が絡んでくるので
人を動かす能力もないと上手くはいきません。

そりゃ予算が有り余るような仕事であれば
良いですが、そういった現場などは

今の御時世ではないですからね。

リフォームを経営していくには資格とか
そういったものではなく、

かなり人間性が関わってくるのではないかと
私は考えております。

ですからハウスメーカーや家電などの
大きな会社は別として

叩き上げの社長がやっているような
会社で、数十億とか数百億とか
やっている会社って、やっぱり社長自身が

元々リフォームや建築経験者ですからね。

もちろん私も建設会社にいた経験もある
リフォーム経験者です。

資格は何ももってないけど、実務経験だけは
凄く長いので建設業の許可が取れてます。

とまぁ、特別な資格なくても実務経験がないと
できない仕事だとは思います。

そして経営となると、自分だけのことではなく
社員さんや業者さんなど関わる方の生活も
かかってきますので、簡単にはできない仕事かなっと
思います。

資格より実務経験が私は必要だと感じます。

それでは、また更新します。

このページの先頭へ