リフォーム 地域密着

おはようございます。

河北です。

毎日ブログ書くのが日課になって
きましたので頑張って続けて書きたいと
思います。

では本日はリフォーム地域密着について
書いてみます。

リフォーム業となると地域密着が
結構当たり前だと言われます。

うちもそうですが基本は地域密着で
行いますが、たまに遠方の方からも
仕事を依頼されます。

地域密着にする理由は、経費削減という理由も
ありますが、お客様から近いから安心など
という理由もあります。

でもチラシが近所しか鳴らないんです。

当たり前のことかも知れないですが、
チラシって配布すると解りますが

遠方からの電話って鳴らないんですよね。

やっぱり遠いという理由で電話の鳴りが
悪いのです。

ただ、チラシ以外の集客方法も増えた現在は
少し遠方でも、へっちゃらで問い合わせが
きます。

さらに呼ぶだけ無料ならドンドン呼べばいいや
みたいなノリでも来る方もいらっしゃいます。

少しお客様の考えも変わってきているな
っと感じます。

これは訪問販売やテレアポやハウスメーカーの
顧客は別ですよ。

それ以外の地域密着で行っているリフォーム
業者に限っての話です。

地域密着を浸透させていくと、お客様同士の
コミュニティができあがったりしていきます。

あの人も、おたくでリフォームしたので
あれば、、、

という感じですね。

ただ、近所付き合いがなくなりつつあるので
これからは、どうなるのかは不明です。

もしかしたら、逆に近所の人がやったから
同じとこでリフォームすると共通の話題が
できてしまい、煩わしいから辞めておこう。

とか、そういったことになるかもです。

ただ業者の立場からすると地域密着が
一番良いです。

現在ではネット広告も地域が、かなり細かく
絞ることができつつありますので

ネットでもチラシでも地域密着で行うのが
基本だということです。

ただ地域密着で行うと、苦情も地域密着で
一気に広まりますので、そこだけは
気をつけないといけないですね。

地域密着の基本はチラシです。

それも新聞折込ではなく、ポスティングが
一番反響がいいです。

でも現実はできないのが難点ですね。

では、本日はこの辺で

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ