ネット広告でリフォーム受注できるか?

おはようございます。

河北です。

5月も中盤過ぎて下旬にはいりましたね。

今年はやることが山積みで
やってもやっても仕事が終わらない
状態です。

あと2つだけ今年中に仕込みを行わないと
いけないので間に合うかどうか心配です。

でも今年中に仕込みをやっておけば
来年がさらに楽ちんになりますので
これの繰り返しを行ない色々と積み上げを
行っていこうと思います。

さて話が変わりますが本日はネット広告で
本当にリフォーム受注ができるのか?

ということに付いて書いてみます。

まぁ地域密着となると当然ではありますが
ネットで行うよりチラシで行ったり
ミニコミ誌のようなものへの広告で
地域に浸透させていきたいという気持ちも
わかります。

しかし私が思うにですがネット広告以外に
費用対効果高いものは、今はないと感じます。

特にネット広告でも当然ですが地域は絞って
広告を掲載することはできますからね。

地域を絞ることでTVCM的な感じで
浸透させる広告もありますので、
使い方によっては地域に浸透させることも
可能だということです。

さらにはネット広告って毎年進化しているんですよ。

私も勉強して付いて行くのが必死なくらい
広告って進化しており年齢から住んでいる
大体の地域まで特定できるということです。

そりゃ国が情報提供求めるわけですね。
恐ろしいと思います。

というように毎年進化しているのが
ネット広告の世界なのです。

例えばオモシロイ広告と言うと
中古車 ポルシェっと検索した
ユーザーだけに広告を掲載することも
可能なのです。

こうやってピンポイントでユーザーに
広告を掲載することで反響が取れるという
わけなのですよね。

それをチラシで比較すると不特定多数の
ユーザーに無造作に配布するので
そりゃネットの方が費用対効果が高いのが
当たり前だということなんです。

ですから今後はネット集客なしで商売を
という考えは捨てた方がいいです。

ネット集客は必ず勉強していかないと
いけないですからね。

そうは言ってもネット集客って難しそう・・

と思われるのであれば現在でも私が使っている
集客方法を今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧になりやってみてください。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。




リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ