「利益率を上げるために大事なこと リフォーム」の記事一覧

利益率を上げるために大事なこと リフォーム

おはようございます。

河北です。

繁忙期がきたという感じで
大忙しですね。

うちも大忙しでドンドン契約が
上がってきております。

本当にありがたいですね。

ただ売上だけが上がっても、それでは
意味がないので、少し利益を上げるために
大事なことを書いてみます。

利益を上げるにはオリジナルのものを
販売するという方法があります。

リフォームで言うと自社商品か、もしくは
人間というものを全面に出して、

「この人にお願いしたい!」っと
思って頂くという方法ですね。

これが、できるのであれば私は全然構わないと
感じます。

しかし、これは人を育成するにも難しいですし
オリジナル商品を考えて創るというのは
かなり難易度が高いので私は諦めました。(笑)

そこではなく、仕入れに凄く力を入れるように
考えていきました。

リフォームでも商品の仕入れ、そしてもう一つは
職人さんの単価です。

ここを一工夫しているのが、うちは強みかなっと
思います。

仕入れは、かなり安価で仕入れることが可能に
なってきておりますし、まぁこちらも、いたちごっこでは
ありますが、常に力を入れておかないといけないです。

ただ現時点では、中々良い仕入れができているのかな?

っと感じます。

その次には職人さんの単価です。

これが外注さんにお願いしていると限界というのが
ありまして利益がでにくくなります。

そういった現状があったので自社で職人さんを
抱えるような方向性にしてから、やはり利益率が
上がってきているという現状があります。

とはいえ市場での価格よりは上がらないように
しておりますので競合と重なっても問題はありません。

実は、コレ以外にも利益を出すためには
あれやこれやと考えて行っております。

何が言いたいかというと今の現状で利益率が上がらないと
感じたのであれば、何かを変えていかないと
いけないということです。

例えば長年付き合っている業者さんだから・・・

これを否定するわけじゃないんですが、外注さんと
元請けとして活動しており考え方が同じであれば
問題はないのです。

しかし多くの場合は、そうではないです。

ですから、常に変化していかないといけないという
ことです。

そりゃ長く付き合った方と同じ思いで進めていければ
それはそれでいいですが、まず難しいという現実が
あります。

それは仕入れでも外注さんでもということですね。

そこを常に変化して行っているのと外注さんに
ご理解を得るまで話合うことで、なんとか
利益が出せる体制でやってこれているという気が
します。

もちろん、これが正しいやり方かどうかは私は
解りませんが、ただそれを行うことで
売上と利益を上げていることは事実としてあるので
私はそれでいいんかなっと考えております。

他にも色々な考えがあると思いますので
あくまで私の意見ということでご理解頂ければ
っと思います。

そうは言っても、そこよりも集客が知りたいよっと
いう場合は、私が現在進行形で行っている集客方法を
公開しておりますので、よろしければご覧下さい。




リフォーム会社の経営者1000人以上が購読している
リフォーム会社経営メルマガはコチラから




それでは、また明日

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->