「住宅塗装 儲かる」の記事一覧

住宅塗装が儲かる為に必要なことは?

おはようございます。

河北です。

早いもので8月になりました。

いやぁもうすぐお盆ですので
ほんの少しでいいから、お休みほしいなっと
思います。

段々しんどくなってきて体の疲れが
全然取れないですね。(笑)

では本日は住宅塗装が儲かる為には
どうしたらいいのか?

ということについて書いてみたいと
思います。

塗装が凄く儲かったという時代は確かに
10年以上前にありました。

今は以前とは随分市場が変わったなっと
感じることが多々あります。

塗装ってリフォームの中でも本当に
価格が不透明なものであり、特に価格が
わかりずらくするためにOEMで塗料作ったり
している会社も今もありますね。

そうすることでオリジナル塗料ということに
なり高値で販売している業者も未だに
あるみたいです。

塗料を開発したりしている会社もありますし
色々と差別化を行っているのを
目にします。

まぁこれは私の考え方ではありますが
儲かるから塗装を行うという考え方自体が
今の時代に合ってない気もします。

特に住宅塗装に限っては塗装職人さんが
直接営業しているという時代に入ってます。

そうすると価格では絶対に勝てないので
他の付加価値をつけるしかないからです。

ではリフォーム屋として付加価値って何かな?

ってとこを突き詰めると特にないんですよね。

うちも外壁塗装を行ってますが、やはり完全に
うちだけの仕事を行っている職人さんに
仕事を行ってもらいますので低価格では
施工可能ですが、やはり他社と比べると
うちって安いんですよね。

安いというか時代に合った適正な価格の
ような気もしますけどね。

でも、もし塗装で儲けようとすれば2つ
方法があるのですが、1つは昔ながらの
訪問販売のように、自分から外壁塗装を
行ないたいという、お客様を狙うのではなく
こちらから営業を行い受注するという方法。

もしくは塗装職人さんを雇用して自社で
回していくという方法以外には難しいかなっと
考えてます。

もちろん営業トークや付加価値を付けるようなこと
などをするのは、考えに考えればやってやれんことは
ないと思います。

しかし長くは続かんと思います。

なぜなら時代の流れで、お客様が職人さんに直接
工事を依頼するという時代の流れになっている
からだと思います。

まぁ情報浸透率の問題です。

特に今年は、相当厳しい時代だと感じておりますので
本質的に考えて行動していかないと私は
難しいと思います。

あくまで私の考えですが多少でも参考にして
頂ければ嬉しく思います。

それよりも先に集客を行っていきたいよ。

お客様から電話さえかかってこれば自分は契約
する自信があるよ。ということであれば

現在、私が行っている集客方法を今だけ無料で
公開しておりますので、よろしければご覧ください。

コチラからです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->