「リフォーム 競合」の記事一覧

リフォーム競合の対策は

おはようございます。

河北です。

さて6月も本日で終わりですね。

まだ閑散期が続くので7月8月と
早く終わってほしいです(笑)

とはいえ、なんとかかんとか今年の
初めに目標とした社員数に近づいて
きておりますので、よかったです。

うちにとって来年と再来年は勝負の年でも
ありますので頑張らないといけないです。

では本日はリフォームの競合の対策について
書いてみます。

そういえば東電が、そろそろリフォームに
参入するとか言っていた時期ですね。

大きな会社がドンドン参入してくるのですが
こういった競合対策についてですが、

私が考えているのが大手ではできない
お客様の層に特化していけば全く問題ないと
考えております。

自分たちを選んでくれるお客様の層は?

自分たちに合うお客様の層は?

自分たちができるサービスとは?

ということですね。

これを突き詰めていくと小さな会社は
お客様が、あまりかぶらないということや

競合となるのは大手ではないということが
ご理解頂けると思います。

逆に大手でも家電量販店は、ターゲットは
似ていると感じております。

でも、相見積もりになりますが特別問題はないかな
っと感じております。

とにかくお客様を絞りに絞って特化していくことで
問題は、そこまで起きないと考えております。

ただ、面白いのですが自分の会社が成長して
大きくしていくと、当然お客様はかぶります。

その時には、どうするのか?

ということも考えていく必要がありますけどね。

あくまで私が経営していて感じることや考え方を
書いておりますので色々なご意見あるかと思いますが
少しでもお役に立って頂ければ嬉しく思います。

さらに集客や会社を伸ばしたりする方法などは
メルマガで詳しく書いております。

よろしれけば登録しておいて下さい。

ちょっとブログでは書けないようなことも
書いております。

詳しい内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が実践している2017年の最新集客法とは

・認知度を上げるために必要なことは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容や集客セミナーのご案内を
メルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
購読している5年前から発刊しているメルマガです。

よろしければ今すぐ登録してください。

いつでも解除できますし、もちろん無料です。



住宅リフォームの競合との差別化

おはようございます。

河北です。

今日はちょっと忙しいので、さっさと
ブログを更新して出かけます。

今日はリフォームの競合について
書いてみます。

競合がいると嫌がる方って結構多いのですが
実は競合が多ければ多いほどチャンス
あるんですよね。

私はいつも参入する時に必ず競合を見ます。

なぜなら競合よりサービスが良くて競合が
やっていない広告ができ、そして競合より
安価で提供しても利益が出れば絶対に負けないです。

そういった感じで競合を調べてます。

リフォーム業界ってドンドン参入が増えて
おりますが、これって業界自体がレベル低いんだと
思われていると感じます。

例えば、私が見て感じるのが引っ越し業界って
大手のレベル高いですし、価格も安いですよね。

この業界に入っていこうとは、やはり思わない
わけなんですよね。

だって競争激しすぎ勝てる気がしないです。

それとは逆にですが市場は小さいですが
まだまだ参入できる業界って実は沢山あるんですよ。

リフォームという大きな市場にいると
市場が小さすぎて魅力ないですけどね(笑)

では話しを戻しますと相見積もりになったり
必ず、この競合とぶつかるな・・っという
競合他社があるわけです。

その競合になくて自分にあるというものを
表に出して集客したり営業したりすると
私は上手くいくと思います。

簡単な差別化だとマネされちゃいますが
別にいいんですよ。マネされてもね。

そうすることで業界のレベルが上がっていくので
あれば本当に良いサービスをお客さんが
得ることができますからね。

私はそれでいいのかなっと思っております。

とにかく自分の立ち位置で物事を考えない
ことだと私は思います。

お客さんの立場になって考えると、あれ?
もしかして?これは?えぇ~?って
思うことが凄くありますよ。

一度競合と自社の違いを書き出してみると
負けているとこや勝っているとこ
凄く明確になってから自社を打ち出すと
良いと思います。

それでは本日はちょっと忙しいので
この辺で、

どんなことでもそうですが、答えはお客さんが
持っておりますので集客してお客様に
聞くことをオススメします。

現在私が行っているネット集客法を今だけ
無料で公開しておりますので、よろしければ
ご覧ください。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

リフォーム 競合

おはようございます。

河北です。

昨日は少し新しいことが前進したので
テンションが上りワクワクしました。

こうやってワクワクすることがあると
仕事って本当に面白いなっと思います。

さて本日はリフォームの競合について
書いてみたいと思います。

競合がいるのって凄く嫌だなっという
意見も聞きますが、私、競合っていたほうが
嬉しいんですよね。

これも考え方ですが、お客様って
競合の前にいるんですよね。

いや、もっと突っ込んで言いますと
競合他社のチラシや広告を見ていると
思ってもらったほうがいいです。

そうすると、お客さんがいる場所が
解りますので、そのお客さんを
自社に呼ぶための広告を作るだけなんです。

ですから競合がいればいるほど集客って
簡単なんですよ。

これが競合が全くいないと考えて下さい。

するとお客様がどこにいるか、さっぱり
わからんちん、ということになります。

ですから、予想や予測して、お客様を
見つけにいき集客を行うということを
しないといけないのです。

どっちが大変か?ということなのです。

私は頭悪いので、競合が沢山いて市場が
大きな商売しかできないです。

という考え方をしているのです。

全くの競合いなくて集客を考えて
ということは絶対にしないです。

だって失敗しますからね。

こういった考え方で行うと凄く楽になると
思いますよ。

あくまで私の考えですが多少でも参考に
なれば嬉しいです。

具体的にどうやって競合からお客様を
横取りしているか?という方法は
現在でも私が使っている集客方法を
今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧になりやってみてください。

コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。




リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->