「リフォーム インターネット 集客」の記事一覧

リフォームをネットで探す理由

おはようございます。

河北です。

さて昨日から2月がスタートしております。

こうやってドンドン日が過ぎていきますので
スピードを上げて頑張っていかねばなりません。

さてブログの読者さんから、1つご質問が
きたので書いてみたいと思います。

なぜリフォームをネットで探すのか?という
理由です。

これはリフォーム業関わらず、今のお客様は皆
ネットで検索して色々と探すものだと思います。

その理由は、比較したいということです。

例えば価格は一体いくらくらいなのか?

会社はどんな会社なんだろうか?

実績はあるのだろうか?

評判はどうなのだろうか?

などです。

これは例えば自分が何かを購入する際でも
そうだと思いますが、先日会社のプリンターが
壊れたのでネットで購入したのですが、

同じ商品がいくらで販売されているのか?

ということをやはり探しましたからね。

その後、やはり一番安い店で購入させて
頂きました。

これと同じことなのではないのかと私は
思います。

であればお客さんが知りたい情報をいかに
HPで魅力的に書くかということが大事です。

ここで私が1つだけ気にしていることは自分が
何かを探す時の行動とお客さんがリフォーム業者を
探す時の行動は同じだということです。

そう思って私はいつも行動しております。

よろしければ参考にして下さい。

また私が現在行っているネット集客法を
今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧ください。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



リフォーム インターネット 集客

おはようございます。

河北です。

3月も、あと10日ほどで終わりですね。

本当に早いなぁっと感じます。

さて本日はインターネット集客について
書いてみます。

インターネット集客といっても色々と
変わってきているのですが、昨年辺りから
色々な広告媒体があるのはあるのです。

例えば最近流行っているのはサーチ検索と
いって、例えば「リフォーム」という言葉を
検索したユーザーを割り出して

そのユーザーだけにリフォームの広告を
掲載するという広告です。

これ少し前に流行ったリマーケティングという
広告と似ており、ユーザーを捕まえてくるのに
最適な広告です。

リフォームで書くよりも、もっと解りやすく
言うと「ベンツSクラス 中古」というものを
検索したことのあるユーザーを捕まえます。

そして、そのユーザーにSクラスのベンツの
在庫が豊富なHPの広告を掲載するということです。

要はターゲットを絞って、その方だけに
広告を掲載するというものです。

こうやってターゲットを絞ることによって
ピンポイントで興味のあるユーザーを
捕まえることができます。

これからは、このような広告が主流に
なっていくのかな?っというように感じます。

それ以外にもTVCM的な要素を含む広告も
ありまして、例えば地域を絞って、その地域だけに
広告を掲載するというイメージ広告というものも
存在します。

こうやってネット広告といえども色々な
広告があるので、リフォームで使うのであれば
一体どのような広告を使えばいいのか?

ネットって少し怖いのが設定間違えると
1日で50万とか100万とか広告使っちゃうので
ちょっとは勉強してからじゃないと
失敗するかもしれないので気を付けて行って
下さいね。

でもチラシ、広告、ネットとありますが
今でもネット広告は凄く反響が良いと
私は思います。

現在私が行っている集客方法を今だけ
無料で公開してますので勉強するので
あれば参考にしてみてください。

コチラからです。



リフォーム経営者1000人以上が購読している
儲かるリフォーム会社の経営メルマガはコチラから




このブログが少しでも、お役に立てば嬉しく
思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->