「リフォーム業 廃業率」の記事一覧

リフォーム業者が廃業する理由

おはようございます。

河北です。

さて10月がスタートしましたね。

昨日の晩に売上報告が来たのですが
ふむふむ、予定通りの売上が上がり
良いことです。

やはりコツコツ行っていくのが一番
早道だと感じています。

必ず何かしろの結果でるから楽しいな
っと思います。

これが何も変わらないと、ちょっとキツイ
ですが、しっかりと変わっていくので
嬉しい限りです。

さて今日はリフォーム業者が廃業する
理由について書いていきます。

リフォーム業者に関わらずの話になりますが
廃業する理由って1つなんですが、利益出せない
からなんですよね。

借金まみれになったり、嫌になったりして

「もう、、辞めよ、、、、」っとなるのです。

何人も業種関わらず廃業や倒産する人に
お会いましてお話を聞くとですが、
いつも一発逆転を狙ってます。

例えば、

ありえないような集客方法を探したり・・・・

楽して儲かる仕事を探して聞きに言ったり・・・

何よりも共通しているのがコツコツやるのを
凄く嫌がる方が多いです。

実はコツコツやるのが一番近道なのに、
わざわざ遠回りするのです。

これ本当なんですよね。

業界紙などやTVなどで見かける会社もそうですが
創業当時は、どこも小さな会社です。

しかしコツコツ続けて積み上げた結果として
今では大きな会社になっているという事実を
理解すると良いと思います。

決して一発逆転などということを狙って
動いて大当たりしたなどという会社は
ほぼないと私は感じてます。

ですから、廃業していく会社は、とにかく
コツコツやらない会社が多いです。

あくまで私が知っている範囲ではありますが
多少でも参考になれば嬉しく思います。

であれば、とりあえずコツコツ集客を1つでも
実践していこうとお考えなら今だけの限定
企画ではありますが現在私が行っている
ネット集客法を無料で公開しておりますので
よろしればご覧下さい。こちらです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・競合他社の戦略を丸裸にする方法とは

・売上を伸ばす考え方とは

・私しか知らない、お客様の選び方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



リフォーム業の廃業率は

おはようございます。

河北です。

来週は、もうお盆ですね。

お盆が終われば毎年年末まで
ノンストップで働きますので
必ず休みを取らないといかんなっと
考えております。

休めるかどうかは微妙な状態ですけどね

では今日はリフォーム業の廃業率に
ついて書いてみようと思います。

廃業の率が何%ということはわからんですが
一般に会社が10年や15年持続する率は
5%あるか、ないかと言われておりますからね。

リフォームで考えると私が感じるのは
今年から廃業を考える会社が増えるのかなっと
凄く感じております。

なぜなら今までは地域密着戦略として
かなり出店を行ってきた会社も
相当キツくなってきたのが表面化して
かなり店舗閉鎖を行ってますからね。

ということは、採算合わない店舗は閉めて
採算が合う店舗だけを残していくということも
ありますが、当然ですがリストラも多少行うでしょうから

できない社員が放り出されるということになるので
今までは相見積もりで、できない社員と当たっていたのが
今後は、そういった社員ではない方と相見積もりに
なるので今まで勝っていたのが勝てなくなる
可能性がでてくるということですからね。

そこは真剣に考えていかねばならんなっと
思います。

話がそれましたが廃業率の%は解りませんが
これからは確実に二極化は進むと思います。

そして時代と共にリフォーム会社の、あり方も
変わる気がしております。

今までは

リフォーム会社=営業会社

というスタイルでありましたが、ここが
変わってくるのではないかな?っと思います。

ここを間違えると会社を継続してくのが
難しくなると私は思います。

そして今年はかなり廃業も進むと思いますので
非常にワクワクしますね。

あくまで私の意見ですが少しでもお役にたてば
嬉しく思います。

では本日はこの辺で、

それよりも集客でつまづいているよ・・
っということであれば現在私が行っている集客法を
今だけ無料で公開しておりますので
一度実践してみてください。

本当に集客できますよ。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

リフォーム業 廃業率

おはようございます。

河北です。

さて今日も張り切ってブログ更新
したいと思います。

では本日はリフォーム業って一体どのくらいの
割合で廃業したり倒産したりするのか?
ということについて書いてみます。

まぁ実際には割合と言ってもハッキリ
したことは解りませんけどね。

ただ私が今まで20年近くこういった
リフォーム建設業界にいますが
かなりの確率で廃業や倒産していく会社ありますね。

実は私が働いていた建設会社もないですし
当時に取引していた問屋さんなどもないです。

私が見てきた中では、ほとんどが不渡りに
よる倒産か廃業か夜逃げです。

結構、目の当たりに見てきたので
今の私のセコイとこがそういうとこなの
かもしれないです。

まぁそれはさておき話を戻してますが
私が思うにですが、リフォーム業者で
下請けさえ行わななければ倒産は
まずないと言えます。

リフォーム業って借金する必要ないですし
仕事がなければ、ないだけであり

特に出て行くお金もないですからね。

さらにリフォームなら作業を自分で
行うことをコツコツ行えば
絶対に利益の出る業種だからです。

ですからリフォーム業って廃業って
ほぼないんじゃないのかな?って思います。

そりゃ大きな会社で借金して過剰な
投資行っているような会社はダメに
なったという例があります。

そういったことさえ行わなければ
普通に年商1億や2億などいく商売ですから
リスクはほぼないと考えてます。

ただダメになる時は小さくするだけの
ことであり、無理に維持さえ行わない
ようにしていけば問題は全くないと思います。

そう考えると誰でも参入できる商売ですし
最近ではネットだけで仕事を取り
業者に仕事を振って儲けるという
新たなスタイルのリフォーム屋?
みたいな会社もありますからね。

まだまだ穴場や隙間だらけの業界だと
私は自分が業界にいて感じますよ。

それよりも先に集客を知っておきたいな
っと思っているのであれば現在私が行っている
集客方法を今だけ無料で公開していますので
よろしければご覧ください。こちらです。



リフォーム経営者1000人以上が購読している
儲かるリフォーム会社の経営メルマガはコチラから




このブログが少しでも、お役に立てば嬉しく
思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->