「リフォーム業界の今後」の記事一覧

リフォーム業界の来年について

おはようございます。

河北です。

今日で今年も終わりですね。

私も大晦日くらいは、ちゃっちゃと
家に帰りたいですが、なんだろうなぁ~
という感じで結局事務所にいます(笑)

さて今日は今年最後ということでリフォーム
業界の来年について書きたいと思います。

私が感じるのに凄く時代の流れが早いの
ですよね。

流れが早いというか、お客様がリフォームの
情報について色々と調べているということですね。

まぁ何百万も出してリフォームするから
当然と言えば当然ですけどね(笑)

でも業者側は、相変わらず自分たちは変わらず・・・

というように根本で思っている会社が多い
気がします。

間違いなく時代に取り残されていくと
私は思っております。

そしてリフォーム業界は来年からは
仕事の取り合いは、さらにキツくなると
私は感じております。

なぜなら、今年に自分で行ったことが
あったので前年比を割らずに成長できましたが
もし何もしなければ前年を軽く割ってたと
感じるからです。

そう、解っていても行動することをしない
人が多いのが現実としてあります。

ですから私は来年は今年に動いて色々と
準備していた会社が仕事を奪っていくと
思っております。

何もしなくて前年割らないという
ゆる~い時代は完全に終わったのだと
自分で感じているというのが本音です。

ですから、とにかく何か1つでも良いので
行動するということが大事ですね。

このブログを読んでいるということは何か
集客でも行おうかな?

何かしないと、まずいなっと思っているので
読んでくれていると思います。

ですから何か1つ、何か1つでも行動する
きっかけになってくれればと思っております。

あくまで私の考えですが少しでもお役にたてば
嬉しく思います。

ブログの内容以外にも集客などのテクニックも
知りたいなど、お考えであれば集客の具体的な
方法や、ちょっとブログでは書けないような
裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

・私が行っている集客方法とは

・私が予想する2017年の最新集客法とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が
5年前から購読しているメルマガです。

よろしければご覧ください。




それでは良い年をお迎え下さい。

今後のリフォーム会社はどうすればよいか?

おはようございます。

河北です。

もう11月も下旬になってきて今年も
あと1ヶ月ちょいという時期がきました。

この時期になると、なぜか焦るというか
来年はどうなるのか?など、色々と考えないと
いけないなぁっと思っております。

ということで私が感じる今後のリフォーム
業界について書いていきたいと思います。

最近感じるのはブランディング(認知度)を
今後上げていかないと生き残るのが
凄く難しくなるんだろうなっとは感じます。

うちも今年からTVCMというのをスタートした
のですが、やはりそれなりにTVCMって高額では
ありますが、認知度をあげるには非常に良いと
感じております。

そして、やってみて感じたのが、認知度を上げ
社名を有名にしていかないと今後は認知度が
ある他社に仕事を取られていくのだろうなっと
凄く感じます。

どういうことかと言いますと、人間って面白いの
ですが、知っているもの、知っている会社から
商品を買うという習性があるということです。

例えば我々はメーカーという立ち位置ではない
ので、どこでも同じ商品が手に入るわけです。

ですから当然勝負は価格・会社の信用度というのが
関わってくるのだと思います。

メーカー自体に信用度は、すでにあるわけ
ですからね。

すると聞いたことがなく、どこに事務所があるかも
わからないような会社では難しいのかなっと
感じるわけです。

これが商品だけを販売するということであれば
聞いたことない会社でも安ければOKです。

しかし我々の場合は工事がついてきますので
聞いたことある会社と聞いたことない会社とで
比較した際に、価格が同じであれば
やはり聞いたことがある会社にお客様は
依頼するのではないのかな?っと思うわけです。

なぜそう思うか?っと言いますと、人間は
知っているモノしか買わない。

海の物とも山の物とも分からんものは
買う確率ってかなり少ないですからね。

これからリフォーム会社が生き残るには
ブランディング力(認知度)を上げていく
活動に力をいれていかないとダメのような
気がします。

それにインフラが整っている現代では
少額で認知度を上げる方法も多々ありますからね。

あくまで私の考えではありますが少しでも
参考になれば嬉しいです。

本当はもう少し突っ込んだことまで
書きたいですが、ちょっとブログでは
書けないような裏話などメルマガで書いてます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・経営者として大事な考え方とは

・年商10億の壁の破り方とは

・ブランディングの仕方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。



リフォーム会社の今後のあり方

おはようございます。

河北です。

今日で10月も終わりですね。

明日の報告が非常に楽しみです。

どこまで伸びたのかなぁっと
一人で楽しみにしております。

さて本日はリフォーム会社の今後の
あり方ということについて書いて
みようと思います。

私が思うにですが、この業界って市場
規模が大きいんですよね。

ですから下請けやっていても食っていける
といえば食っていけるんです。

目的の違いになりますが利益だけが目的で
あれば下請けでもいいのではないのかな?

っと私は思っております。

だって仕事を受注する面倒なことしなくていいし
元請けから言われたことにハイハイ言って
仕事して、あとは入金を待つだけですからね。

気楽だなと思います。

ただ元請けの都合で予算削られたり、仕事切られたり
するので、たまらんですけどね。

ですから下請けは私は進めません。

その変わり面倒というか下請けやっていた時は
考えなくてもよかったようなことを考えないと
いけないということがあります。

そして、これからのリフォーム会社は契約だけ
して下請けに仕事を依頼していくという流れは
私の予想ですと、なくなっていくのではないかなっと
思っております。

なぜなら、クレームです。

下請けの職人に仕事を依頼するとクレームが
沢山くるのです。

ですから、うちも自社職人に切り替えは行うとこは
行っております。

そしてコストですね。

下請けに払うより自社で行ったほうがコストも
安くなりますからね。

ですから私は今後は、そういった流れになるのでは
ないのかな?

っと感じております。

実際に自社職人で工事させて頂いた、お客様からは
やはりリピート注文も頂きますし、紹介なども
頂きます。もちろん、お叱りの声も頂きますが
すぐに手直しにいけますので逆にお客様に安心して
頂くことも多々あります。

これ、凄く重要なことだと思います。

そして、こうすることでマナーの悪い職人や
いい加減な仕事をする職人や法外な金額を請求する
業者が減っていき私は良くなるのではないのかなっとも
思っております。

ですから今後は、契約だけ取り外注へというスタイルの
会社が変わっていくのかなぁと思っております。

あくまで私の考えではありますが少しでも参考に
なれば嬉しく思います。

もっと深く突っ込んだ話など集客のリアルタイムの
話や、ブログでは、ちょっと公開できないような
内容はコチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・競合他社の戦略を丸裸にする方法とは

・売上を伸ばす考え方とは

・私しか知らない、お客様の選び方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



これからのリフォーム会社のあり方

おはようございます。

河北です。

10月も、あっという間に過ぎていきますね。

ちょっと疲れがたまってきた感じが
します。

さすがに休みなしで働いてますからね

でも昨年の、ちょうど今頃からですが
色々と行ってきたことがあり、これの成果が
出てきたので、少しだけホッとしたのか
疲れが出てきた感じです。(笑)

とはいえ、すでに来年の目標が決まっているので
それに向けて、これから準備をしないといけません。

商売って本当に終わりがないですが、毎年成長
できるというのが楽しいなっと思います。

では今日は、これからのリフォーム会社の
あり方について私の考えを書いてみます。

もう何でもネットで探せる時代なので、以前であれば
名古屋にいて、関東の会社が商品を安価で仕入れが
できるからといって、購入できるわけではなかった
のですが、今ではネットのおかげで購入できるように
なってしまったので、価格競争からは逃げることが
絶対にできない時代だというのは感じます。

ですから本当に安くて良い仕事をしていく。
ということが重要なのではないのかなっと思います。

これが、うちでは採算が合わない単価だから
契約できない。。。。。

なんて言っているとドンドン縮小していくはめに
なるかと思います。

これはリフォーム業界だけではないですけどね。

どの業界でもそうだと思います。

私が思うには、この安くて良い仕事という意味を
間違えてしまうと、いけないと思います。

自分が安くやっている、ということではなく

お客様が、

「安くて良い仕事をするわ」

ということを、おっしゃって頂けるような
仕事を提供するリフォーム会社しか生き残れなくなり
そして、それが当たり前の時代になると私は思います。

あくまで私の考えではありますが、よろしれけば
参考にして下さい。

それならば安価で集客する方法がないと上手く経営
できないと思いますので、限定企画ですが
私が行っているネット集客方法を今だけ無料で公開
しておりますので、よろしければご覧下さい。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・競合他社の戦略を丸裸にする方法とは

・売上を伸ばす考え方とは

・私しか知らない、お客様の選び方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



リフォーム業界の今後

おはようございます。

河北です。

とにかく毎日やることがあるというのは
こんなに時間が経過するのが早いんだなっと
感じます。

あっという間に6月も中盤が過ぎ
また下旬に入っていきます。

ああでもない、こうでもないとドンドン
時間が過ぎていきますので

何か行う時に悩んでいる時間など
ないなっと本当に思います。

やってみてダメなら、その後また何かを
考えるというように動いていかないと
いけないと思います。

では今日は今年も半分終わりという
ことで、リフォーム業界の今後について
書いてみます。

リフォーム業界は、これからドンドン右肩上がり
とは考えにくいなっと思います。

というか、どの業界もそうなのではないのかな
っと思います。

なぜなら市場自体が成熟しきっているので
仕方のないことなのかなっと思います。

さらに今年は増税後ということがあり
さらに消費が下がっているのかな?

確か少し前のニュースにヤマダ電機も
40店舗くらい店舗閉鎖とか新聞に
でていましたね。

大手でもそうですから小さいとこなど
さらにキッツい状態になるでしょうね。

大手が本気出したら勝てないですからね。

そう考えていくと小さい会社は小さい会社なりの
サービスや価格設定をしていかないと
いけないと思います。

そして、そのサービスを受け入れてくれる
お客様を、いかに沢山集めて自社の顧客に
できるのか?

それをここ数年で、できるだけリフォームなら
自社のエリアに浸透させることができた
会社が残るような気がします。

そしてリフォーム会社の社員さんも
営業マンから職人さんへ変わっていくのかも
しれないですね。

職人さんが営業を兼ねて行うような時代に
入っていくのだと思います。

要はお客様から末端の職人さんへの発注という
距離がドンドン近くなっていくということに
なっていくのだと感じます。

今までは大手があり、その下の下請けがあり
また下請けがあり材料屋があり職人さんへ
という時代でしたが、それが変わりつつ
あるなぁっと感じます。

であれば、自分はどこの立ち位置に行けば
いいのか?っと考えて、変化をしていかないと
今後のリフォーム業界では残っていけない
のだと私は感じます。

あくまで私の考えですが多少でも参考に
なれば嬉しいです。

そんなことよりも、まずは集客しないと
いけないんだよね。

ということであれば、現在私が使っている
集客方法を今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧になりやってみてください。

コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->