「リフォーム市場 今後」の記事一覧

2016年のリフォーム市場どうなるか?

おはようございます。

河北です。

このブログを書くのが日課になってきて
おりますが、このブログから今年も凄く面白い
出会いが沢山増えてます。

こういったブログを1つ書くだけでも、出会いが
増えていくというのが私は凄い世の中だなっと
感じております。

さて2016年の今年はリフォーム市場はどうなるのか?
ということについて書いてみます。

これも私の考えですが、どの業界でもそうですが
シェアの取り合いという市場になっております。

これはリフォーム業界でも、当たり前のことですし
その他の業界でもそうだと思います。

では自分はどうすれば良いのか?ということですが
市場というのは考え方は2つあるのですが

1つは市場に参入して仕事を奪いに行く。

もう1つは市場を自分で作る。

ということができるのです。

市場を作るというのは、どういうことか?と
言いますと、例えばリフォーム市場には通常いない
お客様を自分が行うサービスで集客してリフォームを
受注していくということです。

ただ、こんなことは難易度高いですので大手しか
できないです。(笑)

となると市場の中で、いかに仕事を奪うか?という
ことになると思います。

そうなると、市場は私は特化したほうがいいと
思います。

水回り・外壁・外構・内装・増改築というように
市場の中でも、さらに特化して仕事を奪いに
いくというのが私は良いと思います。

それも競合となる相手が自分より弱いとこです。

なぜなら、どの市場であっても私は伸びていくとは
思えません。

例えば今が焼け野原状態で、これから家が沢山建ち
人口が増えていくという地域は日本では難しいと
感じるからです。

であれば、私なら増改築という市場には行きません。

住友不動産などの競合がいるので、勝てるとは
思わないからです。

では外壁は?外構は?というように考えていって
みると解るのですが、あれ?ここなら勝てるんじゃない?

なんて業種が必ずあるのですよね。

そこの特化して行うと市場が悪くても、仕事を
横取りできることができるので私は良いと思います。

冷静に考えていくと伸びている会社って、どこも
日本市場だけではなく海外市場など必ず行って
おりますからね。

そういった現実を見ることが私は大事だと思いますので
是非色々と調べて頂きたいなぁっと思います。

市場のことは、よく解ったけど、それよりも
先に集客したいと考えるのであれば
現在私が行っている集客方法を今だけ無料で
公開しておりますので、ご覧ください。



またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・売上を伸ばす考え方とか
などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



これからのリフォームビジネス

おはようございます。

河北です。

う~ん時間が経過するのが
本当に早いです。

ここのとこ実は出張が多かったので
少し疲れ気味です。

本当は今日も休みたいとこであったの
ですが、そうも行かず働きづくめで頑張ります。

では今日は、これからのリフォームビジネスに
ついて書いてみようと思います。

実は、私がまだ20代の頃のリフォーム業界って
営業できないと話にならんという時代でした。

リフォームのことなど何も知らない
営業マンこそが必要とされておりました。

当時のB-ingとかDODAなどの紙媒体の求人など
ほとんどがリフォーム業界でも営業マンの募集

歩合が高くて稼ぎたいギラギラした方が多かった
という記憶があります。

当時はそれが時流でしたからね。

作業着の営業もいればスーツきて営業している
方もいらしゃいました。

あれから20年近くが経過している現在では
求人に当時掲載していた会社など

ほとんど見かけないです。

もうほとんどは廃業か縮小しているのだと
感じます。

私の知っているとこでも廃業した会社が
何社かあります。

当時は成功者って感じでしたけどね。

当時は、なぜ営業マンがいないと売れなかったのか?

それは必要だということがお客様に伝わらない
ということもありましたし

リフォームに関しての情報が全くなかった
からです。

どこに頼んでいいのかわからない。という言葉は
本当に当時を思い出せばそう思います。

あれから20年経過した今は、ネットのおかげで
リフォーム業者など、いくらでも見つかります。

しかも見積無料というのが当たり前で
お客様が無料だからと気軽に呼ぶような
時代ですからね。

こんな時代になればお客様がコチラを
選ばざる得ないような会社を作っていかないと
いけないと感じます。

価格でも対応でも、全てに対して
お客様がコチラを選ぶという会社ですね。

これを見つけていった会社が今後は残るのかな
っと私は思います。

ここ数年で今のリフォーム会社のあり方が
変わると思います。

あくまで私の考えですけど多少でも
参考になってくれれば嬉しく思います。

そう言っても、まずは集客を・・・ということで
あれば、私が現在行っている集客方法を今だけ
公開してます。

このままやっても1億円であれば行きますよ

もしよろしければご覧ください。
コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

リフォーム業の今後

おはようございます。

河北です。

う~ん1週間が早いなぁ

もう週末が近づいてきておりますね。

さてさて、ではリフォーム業の今後に
ついて少し書いてみたいと思います。

リフォーム業の今後は、本物しか生き残れないと
いうように感じます。

まぁリフォーム業界だけの話ではないです
けどね。

それ以外の業界でも本物しか残らないと
思います。

しかし今までは違いました。

何かの集客テクニックだけで上手く行って
いた会社があったり、営業トークが上手いという
ことだけで仕事が取れたり

ちょっと特殊なテクニックで上手くいっている
という会社は私はダメになると思います。

あくまで私の考えですけどね。

ではなく本当に、どこと比較しても、あの会社に
お願いしようかなぁ~っと思われるように
していく必要があると凄く感じます。

なぜなら、まずは情報化社会というのも
1つあります。

お客様が選ぶ時代ですからね。

それと、もう一つは人口の減少です。

これって本当に深刻な問題だと思いますけどね。
私が言うのもなんですけどね。(笑)

情報化ということで、価格の相場から全て
お客様も大体ご存知です。

ですから世の相場で利益を出すスタイルに
しないといけないです。

これは当たり前なのですが、意外と、自分は安く
やっているんだ!なんて勝手に思い込んでいる
方も多いので、実際に世の中の相場を見るように
していかないといけないという点です。

それだけではないんですが、言いだすとキリ
ないので1つだけにしますが、

こうやって突き詰めて考えていくと最後に
残る条件としては本物の会社しか

残らんということになります。

であれば、自分の会社も本物度を高めて
いかないといけないですし

そこをいい加減にしていく会社はドンドン
顧客が離れていくと私は感じております。

あくまで私の考えですけどね。

よろしければ参考にしてくださいませ。

そんなことよりも、今すぐ集客をという場合は
現在私が行っている集客方法を今だけ
無料で公開しておりますので、よろしければご覧ください。
こちらからです。




リフォーム経営者1000人以上が購読している
儲かるリフォーム会社の経営メルマガはコチラから




このブログが少しでも、お役に立てば嬉しく
思います。

リフォーム市場 今後

おはようございます。

河北です。

今日はリフォーム市場の今後について
またまた書いてみたいと思います。

リフォーム市場の今後は本物しか
残らないというように感じます。

本物とは何か?ということですが

仕事だけ受注して業者に丸投げするような
営業手法の会社は、なくなっていくのかな
っと私は感じております。

もちろん完全になくなるとは思いませんが
世の中の本質を見ていくと感じることが
あります。

例えば20年前と今と単価を比べると
ありえないくらい価格が下がってます。

ちょうど20年前に私は新築を行っている
会社で勤務していたのですが当時はリフォームなんて
取ってくるな!って感じでした。

リフォームやるなら手間かかるから最低でも
35~40%くらいは利益がでないと
取ってくるなよ!って感じでした。

おまけに職人さんの単価も1日30000円とか35000円
という日当だった気がします。

今で考えればありえないことです。

という業界事情で新築やっているような会社は
リフォームの市場に降りなかったわけです。

そこに目を付けたのが、営業出身の方達ですね。

リフォームって売る側も素人であれば、お客様も
素人だから大丈夫。

なんて考えだったかどうかは知らないですが
今の3倍近くの単価で契約して業者に丸投げ
して儲けれるということで、とにかく
あちこちの業者の方が参入してきました。

そして参入する業者が増えてこれば当然ですが
単価が下がります。

競争になりますからね。

そして詐欺などの事件も起きて市場が悪化
してきて、などあり濡れ手に粟で儲けて
いた業者さん達が、ほぼ撤退していきました。

それから、チラシや訪問販売などの会社間でも
価格競争が起きるようになってきました。

これが今ですね。

チラシ、訪問販売と最初に資金がかかるような
活動方法しかなかったのですが、

これがネットが普及して情報化社会となった
現在では、職人さんが直接営業して
仕事を受注するという時代に入っている気がします。

もちろん、これはターゲット層の問題でも
ありますけどね。

全てが全ての話ではないです。

職人さんが直接営業することでコストは安くなる。
ということが起きてきてますので
リフォーム市場での一般ユーザーのチラシなどを
見てリフォームを依頼するという層のお客様は
かなりそちらに流れていくのではないのかな?

っと私は予想しております。

もちろん大手はなくなりませんけどね。
大手には大手の顧客層というのがありますので
その顧客層が職人さんに直接ということは
まず考えられないです。

一番きつくなるのはチラシなどを使った
営業系の会社です。

そこが一番今後きつくなるような気がします。

となると業界自体が利益だけのことを考えると
昔のように参入してくる小さな会社は
なくなると予想します。

最後に地域密着型で残るのは職人系の会社かな?

とも予想しております。

そうなると業界的には美味しい業界では
なくなると感じます。

でもこれって、どの業界でも同じなんですよね。

最初に参入して儲ると、真似して次から
次へと参入してきます。

その後、もう誰も参入しなくなりという感じで
段々店が撤退していく、、、

その後、その利益でも十分だと感じる業者が
ずっとコツコツ行って残っているという
感じがしております。

リフォーム業も、その段階に来たのかなっと
いうように私は予想します。

となれば、うちの会社も変化していかないと
いけないなっというように感じます。

まぁあくまで私の予想ですので当たるかどうかは
不明ですけどね。(笑)

今後の予想もいいけど、まずは集客したいなっと
思われている方は、私が行っている集客方法を
無料で公開してますので
よろしければ御覧ください。コチラです。




リアルタイムでリフォーム業界で起きていることを見て
感じた言を書いているリフォーム経営者1000人以上が
購読しているリフォーム集客・経営メルマガはコチラです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->