「リフォーム会社 利益率」の記事一覧

リフォーム利益率の変化?

おはようございます。

河北です。

お盆真っ最中ですが、やはり仕事に
なりました・・・

身体がボロボロになってきた感が
凄いです・・・

でも気持ちを切り替えて本日も
ブログ更新します。

今日はリフォームの利益率の変化に
ついて書いてみたいと思います。

リフォーム会社のあり方というのに
差が開いてきますが実際にですが
従来のスタイルの反響営業での
外注への工事ですと、利益率は軒並み
下がっているという感じです。

以前は30%~35%と言われていた業界では
ありますが、今では25%~20%というのが
限界ということをよく言われます。

これなぜこんなことが起きているのか?
っと言いますと、職人さんが元請け化する
という現象が起きているからです。

そりゃ自社施工の職人さんの会社が
30%くらいで見積を出せば、
通常のリフォーム会社の利益で30%で
提出すれば同じ工事でも勝てないという
わけなんですよね。

これが全国各地で起きている状況です。

であれば従来のスタイルのリフォーム会社は
どうやって利益率を確保するのか?

という問題が起きてきます。

それは、もう工事を絞るしかないという
ことだと私は感じております。

職人さんでは対応できなくてリフォーム会社に
頼む価値のある工事に絞っていくしか無いと
私は感じております。

事実、そう考えて、うちはある工事の受注を
止めたんですよね。

それを行うことで当然ですが売り上げは
下がりますけどね。

でも利益を重視するという考えに少し変えて
いくと、これが面白いように利益率が
あがるんですよね。

こうやってリフォーム会社も仕事を
取る項目を減らしたり増やしたり

また表面では見えない何かで利益を取るような
感じで経営していくようにしないと
利益は確保できなくなると感じます。

こうやって時代がドンドン変わっていくというのに
私は凄くチャンスがあると感じます。

なぜなら時代の変化に必ずついてこれない
会社がでてきますからね。

凄く楽しみだなっと思います。

あくまで私の考えですが多少でも参考に
なれば嬉しく思います。

そうはいっても、集客できないと
利益も何もないよ・・・・

ということであれば現在私が行っている
集客法を今だけ無料で公開しておりますので
一度実践してみてください。

7億5000万まで売り上げた実績がある方法です。

コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

リフォーム会社 利益率 どのくらい

おはようございます。

河北です。

早いもので、もう6月も終わりです。

ふっと気がついたら、あっという間に
お爺になっているかも知れないです。

とにかく毎年なんだかんだやって
いかないといけないなぁっと感じます。

さて今日はリフォーム会社の利益率について
書いてみたいと思います。

まぁ利益率と一言で言っても
常に変わるんですけどね。

常に変わるというのは、今年に入ってから
各社仕事が取れないのか、かなり相見積もりで
価格が下がってきてると感じます。

まぁ安く出して皆、即決取ろうと
必死なんだなっと感じます。

まぁ仕方ないことではあるんですけどね。

他社さんの見積を拝見する限りですが
粗利30%ではなく、20~25%くらいかな
っと見ていて感じます。

ヒドイ時になると15%~10%なんて
見積書もみかけます。(笑)

さすがのうちも10%とかになると
もうお手上げ状態で、やらないこと
多いです。

てか10%の利益率じゃ、たぶん会社が
潰れると思います。(笑)

広告費も必要ですし固定経費など
ありますからね。

それで粗利10%ではキツイと感じます。

ただ単純に利益率と言いますが、これも
その会社によってやり方が違うので
何とも言えないですが、

例えば

1 営業会社で契約だけ取って
丸投げで利益率30%

2 営業して自社で材料発注して
職人さんだけ手配して利益率30%

3 営業して材料も自社で発注して
工事も自社の職人で作業して利益率30%

では売価違いますからね。

ただ1のスタイルは、リフォーム業界では
今後キツイんだろうなっとは
私は感じます。

よくて2です。

でも最高は3ですが、そこまでの
仕事量を1年間通して確保が必要ですから
そこが、各会社難しいとこだなっとは
凄く感じます。

単純にお客様からしたら、一番お値打ちなのは
3の会社の見積です。

そういった会社が、ちらほらと出現している
今のリフォーム業界では、2か3にならないと
これからは勝てないだろうなっとは感じます。

どんな形にしろ契約金額にもよりますが
10~15%程度の粗利では会社維持できない
と私は考えております。

もしその粗利率で会社が運営できるのであれば
それは最強でしょうね。

絶対にできないですけどね。

利益を取るために1番大事なのは
何はともあれ集客です。

現在私が使っている集客方法を
今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧になりやってみてください。

コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->