「リフォーム会社 営業 給料」の記事一覧

リフォーム会社 営業 給料

おはよございます。

河北です。

1月がドンドン終わります。

ふっと思えば私、30代最後の年です。

先日39歳になったので、今年は思いっきり
前向きに活動していこうと考えてます。

では本日はリフォーム会社の営業の給料に
ついて書いてみます。

昔はリフォーム会社といえば歩合給というのが
当然の業界でした。

利益率が40%とか50%とかいう時代が
ありましたからね。

まぁ今でも訪問販売のスタイルを取っている
会社は歩合給だと思いますけどね。

でも、これって難しいと思います。

1つは歩合給を払うほどの利益率が取れない
ということが、まずあります。

もう1つ入金と支払いバランスです。

契約金額が仮に100万利益が30万とします。

でも工事が終わったら3万円追加で費用が
かかったとか、そういったことが起きるからです。

これが業者に丸投げで追加費用一切なしで
70万で丸投げできるのであれば
いいですけどね。

それが最後まで解らないので、どうにも
できないという問題もあります。

それと行くアポイントの問題です。

例えば、700万以上契約取って25%の利益であれば
と設定します。

すると誰でもそうですがクロスの張り替えや
ガスコンロを交換のアポイントに行きたいでしょうか?

もし私が歩合給の営業マンであれば、行きたいと
思いません。

誰だってそう思うのではないでしょうか?

しかも今の時代は価格競争が激しい時代です。

そこに歩合給を入れて仮に24.5%の利益率で
あれば社員は歩合が付かないのに
契約を上げてくるでしょうか?

そう考えると最近のリフォーム会社のお給料って
営業としては稼ぐことに特化すれば
中々難しいのかなっと感じます。

だいたい今では月給で安定してボーナスで
還元するという形が多いのかなっと感じます。

ちなみにうちもそうですが月給+ボーナスで
他に支給するものは支給してという感じです。

給料的には、世間で言うと、そんなにめちゃくちゃ
安いという訳ではないと思いますけどね。

でも昔みたいにガツガツに稼ぐ系の営業マンと
考えればリフォーム業は、もう無理なのでは
ないかなっと感じます。

会社側も歩合の営業マンを雇用して
契約を取って売り上げを上げるスタイルって
難しいのではないのかな?っと感じます。

であれば集客を行い仕組み化を作った方が
会社にも営業マンにとっても
楽だと感じます。

もしよろしければですが現在私が行っている
集客方法を無料で公開してますので
よろしければ参考にしてください。コチラです。




リフォーム経営者1000人以上が購読している
リフォーム集客・経営メルマガはコチラ



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->