「リフォーム 広告 反響」の記事一覧

リホーム会社のネット広告

おはようございます。

河北です。

本日から6月スタートですが、この時期は
毎年売り上げが落ちる月でありますので
ほんの少しだけ、ゆっくりできる月でもあります。

1年中忙しいのは、どうもならんので
こういった月もないとワーカーホリックの私でも
キッツいのは、キッツいです(笑)

では本日はリホーム会社のネット広告について
書いてみようと思います。

リホーム会社のネット広告って反響が
本当にあるのか?

またネット広告って有効なのか?ということを
良く聞かれるのですが、絶対に必要なのでは
ないのかな?っと私は思っております。

もちろんネット広告なしでも上手くいっている
会社様はあるのですが、ネット広告は費用対効果が
凄く良い広告であります。

ネットの特性というのを理解すると、ご理解いただけますが
ネットで比較検討する際に、検索したりするのですよね。

ですから、このブログを見ている、あなた様も
リフォーム業の集客か何かで悩んで検索をして
このブログに、たどり着いたのでは?

ということです。

ですから、ご自分の行動を客観的に見ると解るのですが
必ず何か比較検討する際はネットを使い探していること
だと思います。

そう考えるとリフォームをお考えのお客様も
そうやって考えていることだと私は思いますので
ネット広告は、これからの時代は必要かと思います。

あくまで私の考えではありますが、よろしければ
参考にしてください。

また私がネット広告を使って現在集客している方法を
今だけ無料で公開しておりますので、よろしければ
ご覧くださいませ。コチラです。



またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。


リフォーム 広告 反響

では、本日はリフォーム広告の反響について本日は
書いていきます。

リフォーム広告、今回はチラシについての反響ですが
リフォーム新聞社など記事をよく見ていると
だいたい、どこの会社も見ていると

3000~5000分の1という率で
問い合わせの電話や来店があるというデータが
でておりますね。

うちも大体同じような感じです。

良い時ですと3000切る場合がありますが
まぁ3000~5000の間です。

この反響率を知らないとチラシって
結構キツイのですが、

よく1000分の1とか500分の1とかで
問い合わせの電話があります。

などと記事になったりしていたり
リフォームコンサルタントがセミナーなどで
話しております。

でもあれって少額のものなのですよね。

網戸の張り替えとか襖の張り替えとか
そういったチラシのこと言っているんです。

もしくは無料○○というものです。

これ知っている人からすれば当たり前のことですが
少額なら、どんなチラシ配布しようが
1000分の1くらいで鳴るんです。

これをリフォームなどで水回りなどで
この反響率を取ろうと思うと至難の技です。

というより無理だと思います。

世の中で一番反響がいいのは無料です。

次に少額、という感じで少額のものであれば
電話って鳴るんです。

極稀にですが、リフォームチラシでも
2000分の1とかで鳴る地域もありますが

これはかなり田舎の方であれば鳴るという
報告も受けてます。

ただ条件がありますけどね。

こういった最低限の反響率を知らずに
チラシを配布すると商売に失敗します。

よくあるのがチラシを配布しても電話が鳴らない・・・

という話です。

でも良く話を聞くと1000枚ポスティングしたら
2件しか電話がならない・・・

っと言うのです。

えっ?って1000枚で2件も電話なるのであれば
そりゃ凄いことですよ。

って話になります。

それ以外にも1万部チラシ配布して5件しか
電話ならなかったからチラシは辞める。

という話です。

1万部で5件も電話なれば素晴らしい成果です。

と私は感じるのです。

こういった、ある程度最低限の反響率を知ってから
チラシを行うと受け取り方が変わってくるので
上手くいくのだと感じます。

でも、ある地域でリフォームチラシを配布したら
なんと1500分の1で反響があったケースも
あるのです。

全ての条件が揃えば、凄く電話鳴らすことって
今でも十分可能なんですよ。

少額のリフォームではなく、全てが
水回り工事や増改築の工事ばかりですよ。

この地域に私も出店したいです。(笑)

それでは、また更新します。

リフォーム広告の反響

では、本日はリフォーム広告の反響について本日は
書いていきます。

リフォーム広告、今回はチラシについての反響ですが
リフォーム新聞社など記事をよく見ていると
だいたい、どこの会社も見ていると

3000~5000分の1という率で
問い合わせの電話や来店があるというデータが
でておりますね。

うちも大体同じような感じです。

良い時ですと3000切る場合がありますが
まぁ3000~5000の間です。

この反響率を知らないとチラシって
結構キツイのですが、

よく1000分の1とか500分の1とかで
問い合わせの電話があります。

などと記事になったりしていたり
リフォームコンサルタントがセミナーなどで
話しております。

でもあれって少額のものなのですよね。

網戸の張り替えとか襖の張り替えとか
そういったチラシのこと言っているんです。

もしくは無料○○というものです。

これ知っている人からすれば当たり前のことですが
少額なら、どんなチラシ配布しようが
1000分の1くらいで鳴るんです。

これをリフォームなどで水回りなどで
この反響率を取ろうと思うと至難の技です。

というより無理だと思います。

世の中で一番反響がいいのは無料です。

次に少額、という感じで少額のものであれば
電話って鳴るんです。

極稀にですが、リフォームチラシでも
2000分の1とかで鳴る地域もありますが

これはかなり田舎の方であれば鳴るという
報告も受けてます。

ただ条件がありますけどね。

こういった最低限の反響率を知らずに
チラシを配布すると商売に失敗します。

よくあるのがチラシを配布しても電話が鳴らない・・・

という話です。

でも良く話を聞くと1000枚ポスティングしたら
2件しか電話がならない・・・

っと言うのです。

えっ?って1000枚で2件も電話なるのであれば
そりゃ凄いことですよ。

って話になります。

それ以外にも1万部チラシ配布して5件しか
電話ならなかったからチラシは辞める。

という話です。

1万部で5件も電話なれば素晴らしい成果です。

と私は感じるのです。

こういった、ある程度最低限の反響率を知ってから
チラシを行うと受け取り方が変わってくるので
上手くいくのだと感じます。

でも、ある地域でリフォームチラシを配布したら
なんと1500分の1で反響があったケースも
あるのです。

全ての条件が揃えば、凄く電話鳴らすことって
今でも十分可能なんですよ。

少額のリフォームではなく、全てが
水回り工事や増改築の工事ばかりですよ。

この地域に私も出店したいです。(笑)

それでは、また更新します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->