「リフォーム 市場」の記事一覧

リフォーム業界今後

おはようございます。

河北です。

今日で今年も終わりです。

でもなぜか仕事しているのが笑えます。

もう完全にワーカーホリックです(笑)

でも私は仕事が面白くて仕方ないので
全然気になりません。

ですからいいんですけどね。

では今年最後のブログを書きたいと思います。

今日はリフォーム業界の今後について
書いてみます。

これからのリフォーム業界は相当キツくなると
私は思っております。

それはブログで何度も書いてますが人口減少と
共に市場が拡大されていかないからです。

地方などに行く機会があるので商店街など
を見て回ったりしますがシャッター街など
と呼ばれる街も結構あります。

その理由は人口減少と高齢化だという
深刻な問題です。

そして業者の数は今は変わらないという
状況です。

これがドンドン淘汰されて減っていくことで
また平均化されるのではないかと思います。

最近、凄く流行っている商売はM&A仲介という
会社が流行ってます。

実は、うちにもM&Aの会社が出入りしているの
ですが大手の仲介会社もあれば中小や零細を扱う
ような会社も出てきております。

そして情報によると大手の会社は、どんな小さな
会社でもいいので積極的にバンバン買います。
というように動いております。

これが市場の取り合いが始まったということだと
私は理解しております。

また我々のような、いわゆる販売代理店のような
立ち位置でエンドユーザー相手に商売している会社が
商品を仕入れをしている問屋さんがエンドーユーザー
向けに商品を卸したりするということもでてきております。

なぜなら販売代理店に気を使っていても商品が
売れないのであれば別会社作って販売しちゃわないと
販売店もろとも市場の競争で勝てないからです。

というようにドンドンこの業界が変わっていって
いるという事実です。

これをどう自分がとらえるか?

ということが非常に大事だと私は思いますが
私は凄く危機感を感じておりますので
まずは仕入れの部分で一次問屋という位置まで
いくようにしていかないといけないと
考えております。

そのためには分母が必要になりますし
会社規模も大きくしないといけないです。

しかしスピードの早い現代社会で、そこまで
直営で行っていけるのか?

道半ばで失敗するのではないのかな?っと
考えております。

ですからリフォーム会社の社長が集まる会を
作ってみたり、ある業種でも仕掛けを行って
おりブログには少し書けないですが、
着々と準備はしていっております。

これが正しいかどうかは解りませんが
何かを行うことで必ずチャンスや協力者という
方が出てきます。

うちみたいな会社でも協力者がでてきて
うちのような規模では到底不可能と言われた
提携まで成立したりしておりますからね。

こうやってなんとか生き残りをかけて
頑張っている会社が残ると私は思っております。

まぁここまでやってダメなら仕方ないですしね。

それともう一つ生き残るには、たった1人で
やっていくことです。

1人で月50万も稼げれれば生きていけますからね。

ずっと1人で動ける間だけ動いて何の保証もなく
過ごしていくという方法もあります。

こちらを選んだ際は気は楽です。

自分の食いぶちだけ稼げばいいので仕事の量も
月の売上で200~300もあれば自分も現場で動き
利益率を高めていけば構いませんからね。

ただ動けなくなったら終わりです。

その間に老後の資金まで集めておかないと
ダメですから、どちらが自分に向いているかは
解りませんし、人それぞれの考え方ですから
否定するつもりもありません。

ただ現実的に考えてかなり厳しいとは
思います。

ですから苦しくなってから動くということではなく
今のうちから準備して10年先とは言いません。

でも3年先を予測しながら今、何をするべきなのか?

ということを考えて行動しないといけないと
感じております。

このブログを見ているということは何かで
検索してブログを見つけたはずです。

そうしないと、このブログは見つけれない
ですからね。

もし何かをしないといけない。

また何か良い情報を入手しないと心配だ。

なんて思っているのであれば、この勘は
当たりだと思います。

もし私が主催している協議会で色々な
情報を入手したい。

集客をやってみたい、また色々な成功事例、
失敗事例を見たい。

そして何よりも頑張っているリフォーム会社の
社長と出会い話をしてモチベーションを上げて
お互いに良いライバルそして同業者の仲間と
出会いたいと思っているのであれば
是非参加ください。

こちらで年に1~2回だけ募集するだけの集まりで
大々的に活動している集まりではありません。

当然ですが業界紙の取材も一切受けないですし
この集まりを派手なものにするつもりもありません。

私が目指すのは本物の情報とやる気ある社長の
集まりです。

この集まりで私がお金儲けする集まりではないので
いつでも募集してますよ、という感じではありません。

今日書いたブログの内容に、俺もそう思うよ。っと
感じてくれたのであればコチラから登録しておいて下さい。




それでは今年1年も無事過ごすことができて
うちの社員さんや取引先や会員様に感謝感謝です。

また元気な姿で来年お会いできるのを
楽しみにしております。

またブログを読んでくれている方にも
どこかでお会いできればと思います。

このブログも、いつまで書き続けることが
できるかは解りません。

詳しい理由は書けないのですが、本当のことです。

私は目的なしでブログを書いたりはしないです。

ある日突然ですが前触れもなく、このブログの
更新が止まった時が終わりです。

終わるときはいちいち言いません。

メルマガも全て完全にストップして
あることに集中する時期が来年か再来年かは
解りませんが必ずきます。

ですから、もし私の考えに共感を得てくれたので
あれば必ず登録だけしておいて下さい。



あなたと来年どこかでお会いできることを
楽しみにして今年最後のブログとさせて
頂きます。

それでは、良いお年をお過ごし下さい。

ブログ最後まで読んで頂きありがとございました。

来年お会いしましょう。

 

リフォーム業界の現状を見て感じること・・・

おはようございます。

河北です。

5月始まって最初の日曜ということで
これからお盆まで、またぶっ続けで
仕事しないといけないほど
予定が一杯です・・・

次から次へとやらないといけないことがあり
いつになったら積み上げることできるのかな
っと、たまに心配になります。

そうは言ってもGW前にギリギリ完成したことが
あるので、その結果を今日から数ヶ月楽しみに
待ちたいと思います。

今年は、あと1つやらないといけないことが
あるので、そちらの準備に、これから
とりかからねばいけないという感じです。

さて各地のリフォーム会社の社長様と
色々と話しをしているのですが、
どうにも店舗閉鎖など集客減という
暗い話しばかりを耳にします。

まぁこの業界って完全に成熟している
業界であるので、どこもかしこも
同じチラシと同じHPでとという状況ですからね。

おまけに店作りも、どこも同じでというのが
本音です。

まぁうちも人のこと、とやかく言うほど
偉くはないですが、やはり今後はかなりの
差別化というものが必要と考えます。

先日何かのTVで見たのですが
定規なのですが、ゴム製の定規が
100円均一で販売されており

凄く人気があるとのことでした。

紙コップに線を引く祭とか、本に線を引く祭とか
ゴム製ですので、うまくフィットして線が
引けるとのことでした。

まぁ私は、そんな機会はほぼないので
欲しいとは思いませんでしたが、
アイデアってこういうことなんだよなっと
いうことです。

リフォーム業界など特にアイデアを出して
真っ先に行った者勝ちみたいなとこ
あるので、そういったアイデアを出していかない
といけないなぁっと感じました。

すると差別化の1つとして、よく言われるのが
人が違うという差別化です。

人が違うというのは、私は新規でお客様を
獲得する際には正直あんまり関係ないかなっと
思う方なんです。

実は先日、車でフラッと通りかかった際に
リフォーム屋だと思うのですが
人の写真が飾ってあって、

「うちは人柄いいのが自慢!」と

書いてあったのです。

それみて思ったのが、そんなもんは
自分が自分のこと良い人だと思っているだけで
あり赤の他人から見て良い人もクソもない気が
したからです。

だって他の人には良い人と言われても私から見たら
イラっとする人かもしれないですからね。

だから人柄の差別化って新規の場合は
意味ないだろうなっと思ったのです。

しかも、こんな人に無関心な時代なのにね。

ということも感じました。

これがその地域で有名な人であれば問題ないです。

しかしどこの誰ともわからんような人が
いくら人柄が自慢と言ったところであんまり
意味ないだろうなっと感じました。

となるとアイデアというのは、今ある商品の
何かをもう少しだけ変化させるというのが
重要なんだろうなっと感じてました。

ほんの一捻りでいいので、他社と変えるだけ
ということを行っていけば、これまた面白いように
伸びていくのかな?っと思いました。

昔、新築そっくりさんが営業し始めた時の
ように、メーミングだけでもいいんですよね。

そういった何かを出さないといけないと
思いました。

ある意味、成熟しきっている今のリフォーム業界
というのは、そういったアイデアがなかったり、
継続して積み上げたものがないとキッツい業界だなっと
改めて感じました。

だから面白いんですけどね。

では本日はちょいと忙しいので、この辺で

まず早く集客を知りたいと思いであれば
現在私が使っている集客方法を

今だけ無料で公開しておりますので
よろしければご覧ください。コチラです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。




リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

インターネットのリフォーム市場は?

おはようございます。

河北です。

今日はちょいとイベントあるので
朝早くからブログだけ更新して

ちゃっちゃと準備します。

今日はインターネットのリフォーム市場に
ついて書いてみたいと思います。

インターネット、インターネットっと
言いますが、実はネットの市場よりも
人から人への市場の方がまだまだ多いと
私は感じてます。

特にこの業界はね。

本当にそう思います。

おまけに私がいるのは名古屋です。

これが関東であれば、まだ全然違うかも
ですが、名古屋では、本当にたかだか
しれているなぁっと最近感じます。

もちろん商売にはなりますが、ネットだけで
年商50億とかリフォーム受注するのは

全国規模であれば別ですが、地域密着で
行う仕事ですので、まずできないと
私は確信してます。

ただインターネットを使うメリットがあるのは
即効性と費用の安さです。

ですから最初はインターネットだけでも
私は仕事になると思っております。

でもずっとネットだけでは中々売り上げは
伸び悩むと思います。

実際にうちが最高記録でネットだけで年商4億
売り上げたことありますが
最高で7億5000万で売り上げましたが
ネットだけでということは無理でしたからね。

ですから、まず年商1億円を狙っていこうと
いうことであればネット集客だけで私は
十分だと思います。

しかしそれ以上っとなると、ネットだけでは
限界が来る時もあるとは感じますよ。

なんだかんだ言って、特にこの業界は
人と人との、つながりを大事にする業界
ですからね。

もし、とりあえず集客を知りたいっと思いで
あれば、現在私が行っている集客方法を
今だけ無料で公開しておりますので、
よろしければご覧ください。コチラです。



リフォーム経営者1000人以上が購読している
リフォーム集客・経営メルマガはコチラ
登録した方だけに特別なご案内もありますので
よろしければ登録下さい。



それでは、また更新します。

リフォーム 市場

おはようございます。

河北です。

本日はリフォーム市場について
書いてみます。

リフォームって、20年位前に隙間産業として
できたイメージです。

当時はリフォームの仕事というは、
近所の大工さんが行うみたいなイメージ
でしたからね。

一般の建築会社やハウスメーカーも、
積極的にリフォームを行わなかったという印象があります。

その後リフォーム専門店ができ始めて
チラシや訪問販売が流行りだし
リフォーム市場が表面化してきたという
感じに思えます。

現在では、リフォーム市場は6兆などと言われて
おり、大企業が次々と参入してきています。

大企業になれば、当然ですが商品の仕入れ価格から
認知度が違いますので、あっという間に
市場を取られてしまうという感じです。

人、物、金の3つが揃っている会社と
戦っても勝てるわけがないですからね。

現実に家電量販店のリフォーム部門など
利益が出ているかどうかは定かではないですが

もの凄い伸び率ですからね。

ニトリ、エディオンなどは、本当に凄いと
感じます。

あれだけでも地域のリフォーム会社は
痛手になるなぁっと感じます。

現実にうちの直営店でも家電量販店と相見積もりに
なると、価格では勝てない時があります。

我々でもかなり安価で商品を仕入れることが
可能になってきておりますが、

それでも負けちゃう時あります。

リフォーム市場って、現在かなり値崩れして
きていますので、今後どうなるのかの
予想をすると、大手企業が参入してくる以上

近い将来、商店街の家電屋さんみたいに
ドンドン小さい店は潰れるのかもしれないです。

ある程度の分母数があり、顧客数を獲得している
会社じゃないと今後は残らない気がします。

しかし、面白いのはネット企業まで
リフォームに参入してきているということです。

ゲームのグリーだったかな。

ああいった会社までリフォーム業に参入して
くるということは、もの凄いニーズが
ある市場なんでしょう。

リフォームとは人が手作業で行うものですから
限界値という価格があります。

ですから、底値まで一旦は落ちるかもですが
そうなった時に、最後に残るのは職人さんと
感じるわけです。

それを見据えて今後のリフォーム市場で
どうリフォーム会社を経営していくか

考えていかないといけないでしょうね。

まぁこれは私がターゲットとしている
リフォーム層のお話ですけどね。

ただ、ある程度予想がつく以上
どうやってやっていくかは対処ができるので
それに向かってコツコツやるだけです。

では本日は、この辺で

リフォーム 市場

おはようございます。

河北です。

本日はリフォーム市場について
書いてみます。

リフォームって、20年位前に隙間産業として
できたイメージです。

当時はリフォームの仕事というは、
近所の大工さんが行うみたいなイメージ
でしたからね。

一般の建築会社やハウスメーカーも、
積極的にリフォームを行わなかったという印象があります。

その後リフォーム専門店ができ始めて
チラシや訪問販売が流行りだし
リフォーム市場が表面化してきたという
感じに思えます。

現在では、リフォーム市場は6兆などと言われて
おり、大企業が次々と参入してきています。

大企業になれば、当然ですが商品の仕入れ価格から
認知度が違いますので、あっという間に
市場を取られてしまうという感じです。

人、物、金の3つが揃っている会社と
戦っても勝てるわけがないですからね。

現実に家電量販店のリフォーム部門など
利益が出ているかどうかは定かではないですが

もの凄い伸び率ですからね。

ニトリ、エディオンなどは、本当に凄いと
感じます。

あれだけでも地域のリフォーム会社は
痛手になるなぁっと感じます。

現実にうちの直営店でも家電量販店と相見積もりに
なると、価格では勝てない時があります。

我々でもかなり安価で商品を仕入れることが
可能になってきておりますが、

それでも負けちゃう時あります。

リフォーム市場って、現在かなり値崩れして
きていますので、今後どうなるのかの
予想をすると、大手企業が参入してくる以上

近い将来、商店街の家電屋さんみたいに
ドンドン小さい店は潰れるのかもしれないです。

ある程度の分母数があり、顧客数を獲得している
会社じゃないと今後は残らない気がします。

しかし、面白いのはネット企業まで
リフォームに参入してきているということです。

ゲームのグリーだったかな。

ああいった会社までリフォーム業に参入して
くるということは、もの凄いニーズが
ある市場なんでしょう。

リフォームとは人が手作業で行うものですから
限界値という価格があります。

ですから、底値まで一旦は落ちるかもですが
そうなった時に、最後に残るのは職人さんと
感じるわけです。

それを見据えて今後のリフォーム市場で
どうリフォーム会社を経営していくか

考えていかないといけないでしょうね。

まぁこれは私がターゲットとしている
リフォーム層のお話ですけどね。

ただ、ある程度予想がつく以上
どうやってやっていくかは対処ができるので
それに向かってコツコツやるだけです。

では本日は、この辺で

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->