「2014年12月」の記事一覧

大晦日に感じること。

おはようございます。

河北です。

今年も、なんとか無事に1年過ごすことが
できました。

うちの会社にリフォームを依頼してくれた
お客様に非常に感謝感謝です。

今年1年を振り返り増税前の受注ラッシュがあり
また増税後の落ち込みがあったりして

非常に面白い1年でありました。

また、新しい出会いも沢山あり来年も
一緒に頑張っていく仲間が多くいることを
幸せに思います。

さて来年ですが私の予想というか、うちは
どのような形で進んでいくのか?

ということを書いてみます。

増税が先送りになったということで来年度は
さらに増員を行い、次回増税予定までは
アクセルを踏み続けて行きます。

現在で3社合わせて11億程度の会社を
ここ2年で過剰な投資になるかもですが
20億規模にしたいなっと思ってます。

できるかどうかは解りませんけどね。(笑)

その後の増税後は、リーマンショックの時と
同じく、かなり回復の時間がかかると
予想します。

ですから、その後は少しずつ落ちていくと
予想しますが、なるべく落ちても大丈夫な
体制を整えながら、うまく外注化を進めて
伸ばそうと考えております。

今後、人口が減るという根本的な問題が
ある中で、国内マーケットの市場で

経営していくには、またどこかで考え方を
変えていかないといけないと感じます。

そう考えると、私より下の世代の子を
育てていかないといけないし、

もっと接して考え方を学ばないといけないな
っと感じております。

リフォーム会社に特化した話をすると
確実に小さな会社が残れなくなると感じます。

それはこのブログにも再三書いてますので
よければ読み返して頂けると嬉しいです。

小さな会社に依頼するメリットが無くなっております。

以前は小さい会社だと地元密着で価格、サービス、対応が
凄く良いと思われて仕事を依頼するという
パターンが多かったかもしれないです。

しかし世代が変わり、そういった会社に頼むより
大手のほうが安くて良いサービス、さらには
対応までキチンとしているというように
変わりつつあります。

そして地域での人と人との繋がりも
薄くなってきておりますので

そういった人のつながりで仕事が取れるという
時代に終止符が打たれることと予想します。

そうなると、やはり自社の会社も最低限の規模までは
大きくしていかないと今後はキツイかなっと
感じますので、それが正しいかどうかは
解りませんが、自分を信じて進んでいきたいと感じます。

またこの考え方に共感頂いているリフォーム会社の仲間と
うちの社員さんと共に、来年も頑張っていきます。

では、本日は、こんなところで私も、少し休みを
頂き、のんびりしたいと思います。

では、良いお年を~

リフォーム 市場調査

おはようございます。
河北です。

休みに入ってますが本日も日課となった
ブログを更新してみます。

今日はリフォームの市場調査について
少し書いてみます。

市場調査と言ってもリフォームの場合は
単純明確ですが、

何かのニュースでリンナイさんやノーリツさんの
決算がニュースになってましたね。

それ以外の住設メーカーの業績を見ていれば
簡単に市場を見分けることができます。

例えば今年2014年のメーカーの決算を
見れば一目瞭然です。

表面上は前年比UPをしておりますが
国内では前年比割れをしており、全てが
海外での売り上げだということです。

ということは、国内で商品の流通が起きてない
ということです。

これを見てどう判断するか?

ということです。

メーカーの売り上げが毎年右肩上がりであれば
確実にリフォームだけとは言いませんが

建設という部分で市場は拡大されていると
見れます。

しかし国内市場が伸びず海外が伸びているという
ことは、国内での市場というのは
確実に小さくなっているということですね。

そして小さくなるということは、競争が
激しくなるということです。

当然ですが業者の売り上げも業界紙などに
掲載されております。

まぁ全部が本当かどうかは怪しいですが
大手のリフォーム会社の業績を見る限りですが

確実に伸びていると掲載されております。

ということは、業界全体での市場は小さくなっている
けれども、大手の会社は伸びているという
情報が正しければです。

各地域で確実に競争が激しくなり
時代に乗り遅れた会社というのは
確実に潰れていくと私は予想します。

時代を見ていれば感じるのがリフォームとは
絶対に必要なリフォームと必要ではなく欲求型の
リフォームがあります。

税金が上がれば、どこを抑えるのか?

っとなれば欲求を我慢していきますので
さらに今後リフォーム市場は厳しくなる気がします。

税金が上がり、たばこを辞めた人が多いのが
答えです。

確実に減っていくと私は感じてます。

まぁあくまで私の予想ですけどね。

もし、競争が激しくなると感じているので
新しい試みをしないとなっと感じる。

そんな方には私が行っているネット集客を
無料で公開しております。
よければ御覧ください。



リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから




リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

リフォーム会社 クレーム

おはようございます。

河北です。

本日はリフォーム会社で起きるクレームに
ついて書いてみます。

私が感じるにリフォーム会社に起きる
クレームというのはリフォーム会社やっている
私が言うのも何ですが、ほとんどが
リフォーム会社にあると思います。

お客様が悪いというのは、ほぼないだろうな
っと感じます。

まぁ中には、この人は、、、、

というお客様もいらっしゃいますが
ほとんどはリフォーム会社側に問題があるように
感じます。

もちろん、うちの会社もクレームはあります。

きちんと対応は致しますし、放ったらかしに
したりはしないですが少し対応が遅れたり
して大きな揉め事になることもあります。

まぁ流石に裁判とか、そういったのはないですけどね。

しかしお金を払わないとか値引きしろとか
そういった問題は起きたことがあります。

色々と事情を聞いたりしていると、まぁ
会社側の問題であったり職人さんの問題というのが
ほとんどだと感じます。

内容的には、言ったことが伝わってないとか
そんな程度のことで始まります。

それからは、ほんの些細のことで言い合いに
なったりしたり、意地になって、やり直せ。

などと大事になっていくことが多いです。

ですからリフォーム会社って、気遣いができない
人って、たぶん運営できない仕事だと感じます。

人に無関心であったりする人だと
まずクレームをもらうと思います。

どんな商売でも一緒かな?

リフォーム会社や新築工務店って
クレーム産業と言われているくらい
クレーム率高いですからね。

気遣いして行なわないといけないです。

クレームを気にしていても仕方ないよ。

まず先に、てっとり早く集客がしたい。

そんな方には私が行っているネット集客を
無料で公開しております。
よければ御覧ください。




リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから



リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

リフォーム会社 社員教育

こんにちは、河北です。

では本日はリフォーム会社の社員教育に
ついて書いてみます。

社員教育って大変だなっと思います。

私も大の苦手分野です。(笑)

社員教育って本当に難しいなっと
感じます。

とはいえ、どうにかしないと会社が
大きくならないので、四苦八苦して
毎日を過ごしておりますけどね。

よく人材育成のコンサルなどからメールや
DMが届くのですが、朝礼を元気よくやると
社員がやる気になる。

とかね。

まぁあれやこれやきます。

私は、ああいうの苦手ですので
嫌ですし、入社した社員にやらせるのも
嫌なので、そういった社風じゃないから
私は絶対にやりません。

元気な朝礼を否定するわけじゃないですが
大手の会社が全部やっているわけじゃないからね。

一部の会社がやっているだけのこと
なので、うちは導入はしないです。

さて教育に話を戻しますと、合理化やシステム化を
進めすぎたこともあり社員さんが答えを求める
ようになってしまったという失敗例は実はあります。

うちの会社は、かなり合理的に考えすぎた
おかげで思考停止状態になってしまったという
苦い経験があります。

ですから、今は、考えるという作業があるという
ことを教えています。

こっこんなことから教えるのか、、、っと
思うところから教えていかないと中々難しいな
っと感じます。

まだうちも人数が少ないからやっていることは
向き合うということですね。

とにかく1人1人と向き合うことで
彼らのことを、よく知り、適材適所で
仕事をしてもらうしかないなぁ~っと感じてます。

業務をシステム化してロボットのように
できる仕事であればいいんだけど

リフォームだけはお客様、問屋さん、職人さんと
とにかく人が大勢絡むから四苦八苦しているのが現状です。

ただ、1つだけコツというか本質なんでしょうが
育つ子は簡単に育つんですよね。

それを見ていて感じたのが、ひっきりなしに
雇用して育つ人材が来るまで
募集をし続けるしかないのかな?

っという本質を考えてます。

大手企業はガサっと入れてガサっと辞めていきますが
それを見ていてそのように感じてます。

まだ会社が小さいうちから人材教育と募集に
投資していかないと、いけないことに
やっと気がついて実践中です。

気がつくことがあればブログで公開しますね。

そうは言っても、先にてっとり早く集客がしたい。

そんな方には私が行っているネット集客を
無料で公開しております。
よければ御覧ください。



リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから




リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

不動産業者 リフォーム 紹介料

こんにちわ、河北です。

本日は不動産業者がリフォームを業者に
紹介したらいくらの紹介料を貰っているか?

ということについて書いてみます。

これ、私も経験あります。

不動産業者から紹介して頂くと大体売り上げの
10%とか15%ほど紹介料を払って仕事を
もらうことになります。

たしかホームプロとか比較サイトも、そうですよね。

売り上げの10%だったか、たしか結構な
額を払わないといけないと登録している
方がおっしゃっておりました。

まぁ色々な意見もありますが、まずは不動産業者からの
紹介というと紹介料というのは、そのくらいの
%になりますので、紹介を受けるリフォーム業者も
単純に、その紹介料を払っても25%~30%ほど

利益が残るようにしていくのが普通です。

お客様の立場からすると、少し割高かもしれないです
けどね。

お客様がよければ、それで構いませんけどね。

私が行った時は、少しだけ心苦しかったです。

とてもお客様が良い人だったので、う~ん、、、
って心苦しくなり、結構サービス工事行って
あんまり儲からなかった覚えがあります。

大体10%とか払って紹介をもらうのであれば
私は自分で広告掲載して、お客様に選んで
もらうという方が良いと思いますけどね。

不動産業界というのは基本そんなバックマージンや
紹介料というのが普通の業界だと感じます。

最近の話ですと、うちの会員様に賃貸の退去リフォームを
紹介してもらうと1件15%とか紹介料払っていて

紹介料払うと仕事として成り立たないので
もう無理だって思い、不動産屋に伝えたら

なら他の業者に紹介するわぁ~っと
普通に言われて切られてしまったという
話があります。

その方は、二度とやりたくないと地元で私どもが使っている
ノウハウ使って、元請けに変身され、

不動産屋の下請け時代だった時より売り上げを上げ
利益も出されております。

そりゃそうですよね。

自分たちが元請けになるからと言って、その分高く受注
するわけではなく、不動産屋に提出する見積より

少しだけ安く見積もりするだけで仕事がバンバン取れる
と言っておりました。

もう二度と不動産屋の下請けは、やらないと誓って
今も活動してますが、

これ考え方なのですが、不動産屋の紹介で
10%払って仕事もらうなら、

5%を広告費に使って仕事を受注したほうが
お客様も喜ぶし、自分たちも嬉しいです。

いまでも紹介料を払って仕事をもらう
リフォーム会社さんがあるみたいですが

お客様の立場が、もし自分なら嫌ですよね。

私なら嫌だなぁっと思います。

紹介料を気にするくらいなら、自分でお客さんを
集客したほうが、よっぽどいいです。

そんな風に思って頂ける方には私が行っている
ネット集客を無料で公開しております。

よければ御覧ください。




リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから




リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->