2万部のチラシでの反響 リフォーム

おはようございます。

河北です。

あっという間の週末ですね。

来月も予定一杯ですので
その準備で大忙しの毎日です。

では今日はチラシのでの反響について
書いてみたいと思います。

チラシの反響については人それぞれの
色々な考え方があるのですが
あくまで私の考え方ということで
読んで下さいね。

よく言われているのが1万部、2万部で
テストを行ない反響があれば
ドンと増やす。という方法です。

実は私は、この方法は否定派なのです。

なぜなら仮に自社のエリアの近隣に
チラシ配布エリアを決めるとします。

その際に

Aエリア

Bエリア

Cエリア

Dエリア

と各2万部配布できるとします。

その中にはAエリアにはリフォームを
考えている人が仮に10人とします。

しかしB~Dエリアには3人しかいない
と過程します。

そしてBエリアに2万部テストを行ったら
何人電話がなるか?

またAエリアにはエリアに
配布したら何人電話がなるか?

というように配布するエリアによって
結果が異なると感じるからです。

そして勘違いをよくされているのが
リフォームを考えていない人に

どれだけ魅力的なリフォームチラシを
配布しても電話は鳴らんということです。

よくチラシを作りこめばお客様を反応させる
ことができる。などとコンサルが言います。

私は無理だと思っております。

リフォームを全く考えてない方に
キッチンが95%オフです!!!

っと吠えた所で、お客様はいらんのですよね。

ですからチラシで反響取るには、この部分を
理解していないと、大失敗するわけです。

それともう一つ大事なのは最低限の反響率です。

2万部を配布したら反響は、よくあっても6~7件だと
私は思います。

これは電話が鳴る件数です。

その件数を聞いて少ねぇ~なんて思う方は
チラシは辞めたほうがいいと思います。

そんなもんなんですよ。

ただこれが、もっと小さな修繕のような
網戸の張り替えとか襖の張り替えとかなら
変わってきます。

15~20件くらいは電話鳴るのです。

よければもっと鳴ります。

という反響率を知ってからチラシは
考えていかないといけないと感じます。

もし2万部で反響リフォームを行っていくので
あれば、5~6件の反響があり、6割くらいの
確率で契約に持ち込むということをして
いかないといけないと思います。

そのエリアだけに集中的に配布していくいという
ことをしていけば、超地域密着型にはなると
思いますが、やってやれなくはないのかな?

っと感じます。

そう考えるとネット集客は全く違います。

多少のデメリットはありますが、チラシよりも
反響率は良いですからね。

もしよろしければ参考にしてみてください。

それよりもネット集客を勉強したいよ。っと
思いであれば現在私が使っている集客方法を今だけ
無料で公開しておりますので
よろしければご覧ください。コチラです。




リフォーム経営者1000人以上が購読している
リフォーム集客・経営メルマガはコチラ
登録した方だけに特別なご案内もありますので
よろしければ登録下さい。




それでは、また更新します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->