リフォーム市場 10年後はどうなるか?

おはようございます。

河北です。

本日で11月も終了です。

さて今年も残り1ヶ月頑張って
いきたいと思います。

ではでは本日はリフォーム市場の10年後に
ついて書いてみたいと思います。

これはもう分かりきっていることでありますが
人口減少が深刻な問題となっておりますので
リフォーム市場は確実に少なくなっていきます。

これは各メーカーさんの決算見れば一目瞭然であり
国内市場は軒並み売上ダウンしており
海外市場で売上を上げているのが現状です。

そうするとリフォーム会社と同じでメーカーも
限られた市場のシェア争いをするわけです。

すると当然メーカーが販売代理店を買収して
メーカーの子会社としてエンドユーザーに
商品を販売していくということになり
販売代理店という位置づけの我々は必要なくなると
私は予想しております。

というか実際に社名を変えてエンドユーザーに
販売しているメーカーありますしね。(笑)

もうそんな時代がすでに来たんだなっと
思います。

もう10年位前でしょうか?

メーカーが取り付けする家の住所などを
必ず記載したりして名簿を取るようになって
からですね。

確かそれ以前は、いちいち言わなかったのですが
凄く敏感に個人情報を取るようになったのが
確か10年くらい前だったような気がします。

あの時から、いつかはメーカーは直売すると
言われておりましたが、今の時期になり
国内市場が各社軒並み下がるので
こうなってきたんだなっと思います。

であれば今後はどう対策していくのか?っと
言うことでありますが、会社のゴールを
どこに設定するかで変わってくると思います。

永続して会社を続けていくのであれば
リフォーム業と平行して関連した何かの
会社が必要なのではないのかなっと
私は思います。

今は何が良いのか解りませんが、ただ1つだけ
言えるのは、このメーカーが直売していくという
流れは確実だと私は思います。

それを踏まえて考えないといけないと
思います。

あくまで私の考えですが少しでも参考に
なれば嬉しく思います。

こんな時代の流れだから急いで集客を
しないといけないよ。っと感じているので
あれば、現在私が行っている
ネットの集客法を今だけ無料で公開して
おりますので、よろしければご覧ください。

コチラからです。




またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->